宮津城(みやづじょう)

宮津城の基本情報

通称・別名

鶴賀城

所在地

京都府宮津市鶴賀

旧国名

丹後国

分類・構造

輪郭式平城

天守構造

築城主

細川藤孝

築城年

天正8年(1580)

主な改修者

京極高広

主な城主

細川氏、京極氏、永井氏、青山氏、本庄松平氏

廃城年

遺構

移築太鼓門、石垣

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

弓木城(京都府与謝郡)[5.7km]
谷垣城(京都府与謝郡)[8.5km]
中山城(京都府舞鶴市)[10.9km]
建部山城(京都府舞鶴市)[12.6km]
田辺城(京都府舞鶴市)[15.6km]

宮津城の解説文

宮津城(みやづじょう)は京都府宮津市にある城。

歴史
国府のあった宮津の地は、古代より丹後の中心地であった。この付近には一色氏の本拠地があり、いたる所に支城や砦が築かれていた。1579年(天正6年)、細川藤孝と明智光秀は信長の命により、丹後国を侵略し、旧国主であった一色氏を滅亡させた。その功により細川藤孝には丹後国が与えられ、明智光秀には丹波国が与えられた。藤孝は宮津城を築き、ここを丹後経営の中心地とした。 しかし藤孝は、1582年(天正10年)の本能寺の変に際して明智家との非協力を内外に伝えるため出家し、幽斎と称して田辺城(現舞鶴市)に隠居した。

その後の宮津城は細川家当主細川忠興の居城となるが、1600年の関ヶ原前夜、忠興が会津征伐へ赴いている最中に石田三成が、豊臣秀吉の遺命を無視する徳川家康の打倒を宣言した。細川家は徳川方に味方するが、これにより丹後細川領は西軍から攻撃を受けることになった。留守を守る藤孝は隠居所の田辺城に篭城し、後、勅命により開城した(田辺城の戦い)   。

関ヶ原の戦い後、細川家は豊前国に転封し、代わりに京極高知が丹後国12万3千石を拝領し入封した。高知は晩年、丹後の中心地をふたたび舞鶴から宮津城に移し、城もこの時に大規模に改修された。高知は丹後を3分割し、本藩の宮津藩・支藩の田辺藩・支藩の峰山藩を創設した。宮津藩主になった京極高広は、さらに宮津城を大規模に改修し、本丸に七基の二重櫓をあげるなど、近世の城として宮津城を作り直した。なお当初の田辺藩や峰山藩は丹後宮津藩の藩内の分家であり、独立した藩ではないという見方もある。

しかし京極宮津藩も2代目当主・京極高国の時代に領国を召し上げられ、旗本となった。京極家は名家でもあったので、高家になっていた時期もある。その後は永井家・阿部家・奥平家・青山家と目まぐるしく城主は替わったが、1758年(宝暦8年)に松平資昌が7万7千石で入封し、以後7代続いて明治維新を迎えた。

現在の現存建物

観光面からは城郭そのものは完全に姿を消し、当時の面影は全く残していない。
市立宮津小学校に馬場先御門の太鼓門を残している。
平成16年(2004年)の台風23号による大手川の河川改修をきっかけに城壁復元に取り組み、平成22年(2010年)に完成した。併せて宮津城の太鼓門も宮津小学校裏門から正門に移築された。
また、愛宕神社(与謝町)拝殿は城内殿舎の玄関を移築した唐破風の建物である。

宮津城の口コミ情報

大宰少弐播磨の将軍 様[2011年11月13日]
宮津城の太鼓門は、宮津小学校の校門になっています!

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年06月21日]
大手川沿いの三ノ丸、駅前の観光案内地図には「城壁を復元」と書いてあるけど、全然復元じゃない(笑)写真アップしてます。
けど、コンクリートの護岸よりははるかにマシか

宮津城の周辺観光情報

岩見重太郎仇討ちの場

剣豪として名高い岩見重太郎が、父の仇として広瀬軍蔵、鳴尾権三、大川八左衛門の三人の仇討ちをしたと伝えられている場所です。この場所には、仇討ちの試し切りにしたといわれる石が現在も残っています。

天橋立ワイナリー

館内に入ると、ガラス越しにドイツ製の醸造タンク・瓶詰室を見学できるほか、地下セラーの見学もできます。(団体は要予約)果汁からワインへの変身の瞬間をぜひ味わってください。(数量限定)

元伊勢籠神社

伊勢神宮に奉られる天照大神、豊受大神がこの地から伊勢に移されたという故事から元伊勢と呼ばれる古社で山陰道唯一の大社であり、最高の社格と由緒を誇っています。

傘松公園

成相山中腹にある公園で、天橋立を北側から一望できる展望所です。ここからの眺めは、天橋立が昇り龍のように見えることから「昇龍観」と呼ばれています。天橋立を股の間からのぞくと天地が逆転したように見える「股のぞき」発祥の地としても有名。

情報提供:宮津市観光まちづくり推進室観光推進係
「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore