田辺城(たなべじょう)

田辺城の基本情報

通称・別名

舞鶴城、丹後田辺城

所在地

京都府舞鶴市字南田辺15-22

旧国名

丹後国

分類・構造

輪郭式平城

天守構造

不明

築城主

細川藤孝

築城年

天正7年(1579)

主な改修者

主な城主

細川氏、京極氏、牧野氏

廃城年

明治7年(1874)

遺構

石垣、堀、庭園

指定文化財

市史跡(田辺(舞鶴)城趾)

再建造物

櫓、門、塀、模擬櫓

周辺の城

建部山城(京都府舞鶴市)[3.2km]
中山城(京都府舞鶴市)[4.8km]
行永城(京都府舞鶴市)[6.4km]
泉源寺城(京都府舞鶴市)[8.6km]
八田城(京都府綾部市)[9.4km]

田辺城の解説文

田辺城(たなべじょう)は京都府舞鶴市にある戦国時代から江戸時代にかけての城。別名は舞鶴城(ぶがくじょう)。

沿革
戦国時代
1578年(天正6年)織田信長の命によって守護大名の一色義道を滅ぼし、丹後を制圧した細川藤孝(幽斎)がこの地を与えられ、はじめは宮津城を居城としたが、畿内に近く交通の要所であった加佐郡田辺の地に、田辺城を築き、丹後経営の中心とした。隠居後は、子の細川忠興を入城させた。

田辺城攻防戦

1600年(慶長5年)関ヶ原の戦いが勃発すると、当主になっていた細川忠興は石田三成率いる西軍の誘いを退け、徳川家康率いる東軍に加勢した。
隠居していた藤孝は自分の居城である宮津城では西軍の攻勢を防げないと考え、宮津城を焼き払い、田辺城に入城、雲霞のごとく取り囲む西軍を迎え撃った。田辺城はすぐさま、石田三成の家老島清興の親族にあたる小野木重勝や豊臣家の重臣前田玄以の子前田茂勝が率いる西軍・1万5千人もの大軍で包囲されると、50日にも及ぶ長期戦となった。激闘の末、弾薬が尽きた藤孝は自身のもつ「古今伝授の書」が戦火で忘却されるのを恐れ、それを後陽成天皇に献上した。藤孝の戦死を憂いた後陽成天皇の仲介で西軍は攻撃をするのをやめ、命を助けられた。田辺城を開城した藤孝は敵将前田茂勝の丹波亀山城に入った。

江戸時代
こののち細川忠興は九州小倉に転封され、京極高知が丹後一国12万3千石を与えられ仮に田辺城に入城したが、宮津城を再築し宮津城へ本拠地を移した。このとき田辺城の建造物は、ことごとく破壊されたと伝えられている(一国一城令)。京極高知の遺言によって京極家は嫡男・高広が宮津藩7万5千石、次男・高三が田辺藩(舞鶴藩)3万5千石、養子・高信が峰山藩1万3千石を相続した。

初代舞鶴藩主となった京極高三により石垣の修復や櫓の再建が図られ、荒廃していた田辺城は再興された。

京極氏は3代続いた後、豊岡藩へ転封となり、代わって牧野氏が1668年(寛文8年)3万5千石で入封すると、田辺城の大手門その他の城門・石垣などが改築され、それを代々世襲し明治の時代まで繁栄した。

1869年(明治2年)には版籍奉還が行われ、その後、紀伊田辺藩との同一藩名を解消するため太政官より田辺藩の名称変更を命じられ、同年6月に田辺城の雅号・舞鶴城に因んで舞鶴藩に改称した。

現在の田辺城...

田辺城の口コミ情報

織田左兵衛督晃司1202晴天様[2017年04月15日]
田辺城跡(舞鶴公園)のすぐ北にある有料駐車場に停めて城門に向かう。

城跡としては広くなく、平城のため現代的なものが映り込み、撮影ポイントは少ない。

道を挟んだ向かいの警察署前の前で復興城門を撮影。

まるき〜淡路守様[2016年05月16日]
田辺城の北側1分の所にコインパーキングあり。
1時間100円
30分毎に+50円

今年5月21日と22日は田辺城まつりです。

まるき〜淡路守様[2015年02月08日]
お城の横に無料の駐車スペースがあります(^ω^)
現存の穴太積みの石垣が一部残っています。
城門の中は資料館(無料)になっていてボランティアの案内人さんがいらっしゃいます、
田辺城を詳しく説明していただけます。

野呂利駿河守休三様[2015年01月01日]
裁判所の前を流れる川は外堀の跡です。

【?】あぶり大納言様[2011年10月19日]
城門の南側に狭いですが無料で停められる駐車スペース有。城門二階の資料館は無料で在中されている方の説明も丁寧で是非とも寄るべき。

戎〆左京大夫鷲津Fund様[2010年09月24日]
田辺城公園でよく遊んだなあ

徳川内大臣源朝臣康武様[2010年07月25日]
[武将像]細川幽斎像
櫓門内の田辺城資料館内に鎮座。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore