牛頭山城(うしずやまじょう)

牛頭山城の基本情報

通称・別名

牛地城

所在地

広島県広島市安佐北区安佐町小河内

旧国名

安芸国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

主な城主

小河内弥太郎

廃城年

遺構

曲輪

指定文化財

再建造物

周辺の城

平家城(広島県広島市)[9.8km]
熊谷氏城館(広島県広島市)[10.3km]
桜尾城(広島県山県郡)[11.6km]
八木城(広島県広島市)[12.2km]
恵下山城(広島県広島市)[12.7km]
佐東銀山城(広島県広島市)[12.9km]
今田氏城館(広島県山県郡)[13.0km]
南朝方毛利氏城館(広島県山県郡)[14.7km]
二ヶ城(広島県広島市)[16.3km]
阿賀城(広島県安芸高田市)[16.3km]

牛頭山城の解説文

牛頭山城は、武田刑部の弟・小河内弥太郎が入ったとされる城郭。

大内氏が武田氏の居城・銀山城を落とした際、同時に落城したと考えられる。

牛頭山城の口コミ情報

2022年06月05日 安芸守 あきら
駐車場[牛頭山城  駐車場]



管理事務所で入山手続きをすると、ここに駐車するよう案内されます。駐車マスは10台程度あります。ここから、少し下って牧場の方へ登って行くと貯水槽が見えます。貯水槽の横が登城口となります。

2022年06月05日 安芸守 あきら
登城口[牛頭山城  その他]



登城口です。登城道はロープ坂区間や急勾配の岩登り区間があるので、滑りにくいトレッキングシューズでの登城をオススメします。

杖は欲しいところですが、ロープ坂区間では邪魔になるので伸縮構造のストックでリュック等に収納またはくくり付けて登る方が良いかもしれません。思ったよりハードなコースなので、注意事項にあるよう管理事務所で入山手続きをして登城しましょう。

2014年04月06日 小鉄馬単騎周防守黒煤蕪
牛頭山城

広島市野外活動センターの子供村の奥に貯水槽があり、その横から登山道があります。車は、登山口周辺に駐車可能です。約1時間程度で登頂可能ですが、途中にロープを掴んで登る部分が有りますので、足元には注意して下さい。小学生の遠足にも使われる山なので、ハイキングがてらに城攻略を楽しめます。頂上は、東峯と西峯とありますが、西峯が城跡です。途中に郭跡を表す標柱があります。頂上の牛頭山の標柱に『このあたりは、牛頭山城跡です。』とあるだけで、説明看板は、有りません。天気の良い日には、瀬戸内海が遠くに見えます。

牛頭山城の周辺スポット情報

 駐車場(駐車場)

 登城口(その他)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore