久美浜陣屋(くみはまじんや)

久美浜陣屋の基本情報

通称・別名

久美浜代官所、久美浜代官陣屋

所在地

京都府京丹後市久美浜町西本町

旧国名

丹後国

分類・構造

代官所

天守構造

なし

築城主

徳川幕府

築城年

享保20年(1735)

主な改修者

主な城主

海上弥兵衛(代官)

廃城年

遺構

移築門(豊岡市立図書館)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

豊岡城(兵庫県豊岡市)[10.0km]
轟城(兵庫県豊岡市)[13.1km]
下岡城(京都府京丹後市)[13.4km]
山名氏城館(兵庫県豊岡市)[13.5km]
亀ヶ城(兵庫県豊岡市)[13.7km]
峰山陣屋(京都府京丹後市)[14.8km]
出石城(兵庫県豊岡市)[16.5km]
楽々前城(兵庫県豊岡市)[21.9km]
谷垣城(京都府与謝郡)[23.2km]
弓木城(京都府与謝郡)[23.5km]

久美浜陣屋の解説文

久美浜代官所(くみはまだいかんしょ)は、現在の京都府京丹後市久美浜町西本町城山の久美浜小学校付近にあった代官所。

久美浜が寛文6年(1666年)に天領となり、当時の代官所は京都府加佐郡にあった。 その後寛文9年(1669年)宮津藩領、延宝8年(1680年)天領、天和元年(1681年)宮津藩領天領とめまぐるしく変わり、従来あった湊宮船見番所を代官の海上弥兵衛が、享保20年(1735年)天領になった際に久美浜に移転し陣屋と改めた。丹後、但馬2ヶ国に亘る7万石余りを管轄した、明治元年(1868年)置県の制が設けられ、久美浜県となり県庁所在地となった。

久美浜陣屋の口コミ情報

2020年08月17日 ko+
久美浜城(松倉城)[久美浜陣屋  周辺城郭]



車は久美浜公園の駐車場か、如意寺前の駐車場に停めるよう、久美浜町観光総合案内所の方に教えて頂きました。
公共交通機関利用の場合、久美浜駅から登山口まで徒歩10分です。

久美浜小学校の西、道路沿いの赤い小さな鳥居を南へ入ると登山口があり、10分ほど登れば主郭に着きます。

久美浜陣屋跡の西、標高57mの丘陵最高所に主郭を、そこから北・東に延びる2方向の尾根上に階段状に郭を展開する。
主郭には礎石と思われる石が残り、建物が存在したと思われる。
主郭西に堀切、北へ展開する郭群の西に土塁、竪堀が置かれ、西側を意識した造りとなる。

国人伊賀殿、一色宮内少輔、清水治左衛門、松井佐渡守康之が城主として記録に残る。
また、松倉周防守が居城した事から松倉城と呼ばれるとも伝わる。
細川家の重臣であり、豊臣秀吉にも重用された松井康之が在城した18年の間に城の増築、城下町の整備がされた。

縄張図は京都府教育庁文化財保護課のホームページより確認出来ます。

写真は
①登山口②東郭群切岸③主郭からの眺望④主郭⑤北郭群土塁⑥北郭群西竪堀⑦主郭に残る礎石 ⑧主郭西堀切
です。

季節によってはマムシに注意が必要ですが、比高が低く登りやすいお城跡です。
登ったり降ったりする度にワクワクする遺構、主郭から望む久美浜湾や小天橋が作り出す美しい景色、城下に残る武者止め、鍵曲等の跡をぜひ楽しんでください。

2017年06月11日 みきを渡島守
久美浜陣屋

・お城について
陣屋跡には小学校が建っており、現地に遺構らしきものは見当たらないと思います。ただ、後ろにある山には松倉城という城跡があり、こちらは曲輪が残っています。
・アクセス
電車の場合、京都丹後鉄道の久美浜駅から徒歩、車の場合は近くにある無料の市営駐車場等に停めることができます。
・周辺スポット
古くからあるお寺や、美濃三人衆の稲葉一鉄の末裔が建てた豪商稲葉本家があります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore