久美浜陣屋(くみはまじんや)

久美浜陣屋の基本情報

通称・別名

久美浜代官所、久美浜代官陣屋

所在地

京都府京丹後市久美浜町西本町(久美浜小学校)

旧国名

丹後国

分類・構造

代官所

天守構造

なし

築城主

徳川幕府

築城年

享保20年(1735)

主な改修者

主な城主

海上弥兵衛(代官)

廃城年

遺構

移築門(豊岡市立図書館)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

豊岡城(兵庫県豊岡市)[10.0km]
轟城(兵庫県豊岡市)[13.1km]
下岡城(京都府京丹後市)[13.4km]
山名氏城館(兵庫県豊岡市)[13.5km]
亀ヶ城(兵庫県豊岡市)[13.7km]

久美浜陣屋の解説文

久美浜代官所(くみはまだいかんしょ)は、現在の京都府京丹後市久美浜町西本町城山の久美浜小学校付近にあった代官所。

久美浜が寛文6年(1666年)に天領となり、当時の代官所は京都府加佐郡にあった。 その後寛文9年(1669年)宮津藩領、延宝8年(1680年)天領、天和元年(1681年)宮津藩領天領とめまぐるしく変わり、従来あった湊宮船見番所を代官の海上弥兵衛が、享保20年(1735年)天領になった際に久美浜に移転し陣屋と改めた。丹後、但馬2ヶ国に亘る7万石余りを管轄した、明治元年(1868年)置県の制が設けられ、久美浜県となり県庁所在地となった。

久美浜陣屋の口コミ情報

宮内卿駅メモラーみきを様[2017年06月11日]
・お城について
陣屋跡には小学校が建っており、現地に遺構らしきものは見当たらないと思います。ただ、後ろにある山には松倉城という城跡があり、こちらは曲輪が残っています。
・アクセス
電車の場合、京都丹後鉄道の久美浜駅から徒歩、車の場合は近くにある無料の市営駐車場等に停めることができます。
・周辺スポット
古くからあるお寺や、美濃三人衆の稲葉一鉄の末裔が建てた豪商稲葉本家があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore