山名氏城館(やまなしじょうかん)

山名氏城館の基本情報

通称・別名

山名氏城館[此隅山城・有子山城]

所在地

兵庫県豊岡市出石町宮内他(地図は此隅山城を示す)

旧国名

但馬国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

山名時義[此隅山城]、山名祐豊[有子山城]

築城年

文中元年(1372)[此隅山城]、天正2年(1574)[有子山城]

主な改修者

主な城主

山名氏[すべて]、前野氏、小出氏[有子山城]

廃城年

永禄12年(1569)[此隅山城]、慶長9年(1604)[有子山城]

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)[すべて]、竪堀、土橋[有子山城]

指定文化財

国史跡(山名氏城跡)

再建造物

碑[すべて]、説明板[すべて]

周辺の城

出石城(兵庫県豊岡市)[3.1km]
豊岡城(兵庫県豊岡市)[7.4km]
亀ヶ城(兵庫県豊岡市)[8.9km]
楽々前城(兵庫県豊岡市)[12.2km]
久美浜陣屋(京都府京丹後市)[13.5km]
糸井陣屋(兵庫県朝来市)[14.1km]
朝倉城(兵庫県養父市)[14.9km]
八木城(兵庫県養父市)[18.1km]
轟城(兵庫県豊岡市)[18.2km]
竹田城(兵庫県朝来市)[21.2km]

山名氏城館の解説文

山名氏城館は山名氏に関わる、此隅山城・有子山城の総称。「山名氏城跡」として国の史跡に指定されている。

此隅山城
此隅山城(このすみやまじょう)は、兵庫県豊岡市の出石にある日本の城(山城)跡。別名は子盗城、此隅城。有子山城跡と合わせて「山名氏城跡」として国の史跡に指定されている。

歴史
室町時代
応安5年(1372年)頃、出石神社の北にある標高140mの此隅山に山名時義が築城。以後山名氏の持城となる。

応仁元年(1467年)、応仁の乱が始まると、此隅山城には山名の各領国から計2万6,000騎の軍勢が集まり、山名持豊(宗全)は当城から京都へ出陣した。

但馬の守護所は平野部の九日市にあったが、守護代の垣屋氏におされた守護の山名氏は直割領で守りの堅い此隅山の城に拠点を移し、山麓に館を設け守護所を移した。

戦国時代
山名祐豊は、垣屋氏・太田垣氏・八木氏らを制し此隅山城を戦国大名山名氏の居城として確立させたが、永禄12年(1569年)、織田信長の家臣羽柴秀吉に攻められ落城。祐豊は、より急峻な有子山城に居城を移し、城は廃城となった。

有子山城
有子山城(ありこやまじょう)は、兵庫県豊岡市出石(但馬国)にある日本の城(山城)跡。此隅山城跡と合わせて「山名氏城跡」として国の史跡に指定されている。

歴史
但馬守護所...

山名氏城館の口コミ情報

2020年10月17日 みずたま
山名氏城館



観光センターに縄張り図にあるパンフレットがもらえますので登城前に立ち寄ってみて下さい。
前半は坂がきつくしんどいかもしれませんが、主郭まで登ると石垣群と山頂からの眺めで疲れが吹っ飛びますよ。

2020年04月08日 リアル城攻め美濃守ヒーロー
宗鏡寺砦[山名氏城館  遺構・復元物]



此隅山城主郭より南東尾根先端部に宗鏡寺砦があります。

登城路上からアクセスできると思ってましたが道は無かった為、参考にして頂ければ幸いです。

麓からは比較的、楽に取り付けます。南東尾根先端部の北側、南側とも墓地があり、墓地から上を仰げば山尾根の頂部が見えます。適当に取り付いてよじ登れば5分ぐらいで到着です。辺りに案内版はないのであらかじめ地形図を予習しとけば迷わず辿りつけます。主郭の曲輪、砦背後の堀切、檜台の土塁など規模は大きく楽しめます^ ^

御屋敷を囲み防御する、西曲輪、千畳敷、宗鏡寺砦、そして、山頂部の此隅山、城の役割が山全体に広く残っていて分かり易く勉強になりました。

2020年02月10日 ともっち♪隠岐守
此隅山城[山名氏城館  周辺城郭]



此隅山城♪主郭にある説明板です♪
勉強不足にて入口わからずでしたので、有子山城、此隅山城、各主要登城口をスポット登録しました。登城の参考になりましたら嬉しいです。

2020年02月10日 ともっち♪隠岐守
此隅山城登城口[山名氏城館  その他]



此隅山城♪先人の方のとおり、いずし古代学習館敷地内、建物との間を入って行くと金網の扉があります。有子山城よりは坂道緩く、標高も低いです。が、土と落ち葉に寄っては滑りやすいかも…。案内板青い点をたどり同じ道を戻るなら大丈夫かと思います。左に下る赤い点は道らしい道がなく遊歩道の看板見つけるクエスト付きとなります。お気をつけください。いずし古代学習館ではパンフレットがいただけます。入り口には靴洗い場もあります。ありがたいです♪

2020年02月09日 ともっち♪隠岐守
有子山城登城口[山名氏城館  その他]



有子山登城口♪杖をお借りすることができます♪ありがたいです♪先人の方々の通り、ここから500メートル地点まではかなり急登です!雨の時は避けたほうが無難かも…。野生動物への注意事項も旗の後ろに書いてあります。気をつけながら頑張ると素敵な石垣と景色が待ってます♪

2019年05月20日 大隅守
山名氏城館



有子山城もう1つの登城口
鯵山峠口整備された林道をひたすら歩きます。距離は長いですが楽に城跡まで行けます。千畳敷に出ます。


2019年05月11日 左衛門督長夜叉ヾ(・ε・。)
山名氏城館



やっぱしこの堀切は外せないですね!「俺堀切だけど、どうだい男前だろう。Vがキレてるだろう、Uじゃないんだぜ。愛車のVベルトもたまには点検してくれよな…」と言わんばかり。…有子山城はとてもよいお城、出石城で止まらずに是非!

2019年05月11日 左衛門督長夜叉ヾ(・ε・。)
山名氏城館



主郭の石垣は小出氏時代に廃城になってから幕府を憚って荒れるに任せていたようですが、今は城下からも確認出来ます。広めの階段付きの親切設計。

2019年05月11日 左衛門督長夜叉ヾ(・ε・。)
山名氏城館



出石城のリア攻めマップに投稿してた有子山城の続きをこちらで再開w以前のは削除しました。勉強不足で混乱を招いて申し訳ないです(´;ω;`)

2019年04月26日 私へ贈貫品禁止陸奥守たろす
山名氏城館



有子山城曲輪群◆登城中間地点に現れる曲輪を皮切りに主郭までの間に曲輪が幾重にもつながる(登城路なりに右に行かず直進)◆有子山城は主郭を中心に三方向に延びる尾根に放射線上に曲輪・曲輪・堅堀・堀切を配置した

2019年04月26日 私へ贈貫品禁止陸奥守たろす
山名氏城館



有子山城土橋・堅堀◆登城路の両端ギリギリまで迫る堅堀◆有子山城は主郭を中心に三方向に延びる尾根に放射線上に曲輪・曲輪・堅堀・堀切を配置した

2019年04月23日 私へ贈貫品禁止陸奥守たろす
有子山城[山名氏城館  周辺城郭]



有子山城主郭石垣◆羽柴秀長の命により築城の名手藤堂高虎が改修、彼が最初に手掛けた石垣の城が有子山城とのこと

2018年06月23日 フー甲斐守
山名氏城館

本丸500メートル地点迄は先人達の言う通り虎ロープもある急峻な直登り(遊歩道とは言いがたい)。その後は遊歩道を選択すれば緩やか登り。写真投稿しましたが、500メートル地点には遊歩道後ろに虎ロープのある更なる直登りの道。私は時間の関係で前半で引き返しましたので何処まで続いているかチェック出来ませんでしたが、登り始めの時点からそこまでの急峻さを上回る状態。韮山城砦群の登りを彷彿とさせます(笑)こちらを行くなら登山靴、軍手、両手が自由になるリュック系の鞄は必須かと思います。遊歩道コースでも軍手とリュックはあった方が良いかと思います。
登り1時間(途中倒木整理のお手伝いと記念撮影15分)、下り30分で往復しました。

2018年06月21日 あざらし肥前守
山名氏城館

有子山城は出石城の向かって左側、鳥居参道を登ると有子山稲荷神社、横に登山口があり竹杖も置いてます。

ここから即座に強烈な急登が500㍍続きます、そこからは案内通り急ではないが、山頂までは登りが続きます。人の能力からすれば、ぶっつけでも可能ですが、経験がなければハイキング的にでも低い山を登っておいた方がよいでしょう。

山城好きなら魅力満載で堪えられません、下りはさらに危険で百名山踏破中の自分も基本に返って三点確保(手足4つの内3つを地面に接触させておく)で、後ろ向きで降りることを検討したくらい急角度です。

「遊歩道」なる標識がありますが、これには苦笑いしそうです(^_^;)
登山装備で行くことを願います!

2018年03月13日 (*¯ ³¯)っ旦
山名氏城館

「いずし古代学習館」内の隣の建物との間を入って行くと扉があります。
野生動物対策の金網ですので開けて内に入るとサイドロックしましょう。

私は片手カメラ状態で、滑りやすいタイプの運動靴で登れました。

切岸、堀切り、曲輪など遺構は楽しめると思います。

降りるときに遊歩道と書かれている切岸右手側から降りるとレンジャラスです。
友達がトラロープを伝って降りているとトラロープが切れてそのまま勢いよく切岸のような所を走りぬけて飛びそうになりました。
辛うじて木の枝に捕まり助かりましたが、もしも木が無ければ飛び出してそのまま落ちていき、死んでいる可能性大です。
枯葉もかなり積もっていますし、
倒木もあります。

山城に慣れていない方は
軽〜いレンジャーか気分を味わえます。

無事に下山できると左手の方が
「いずし古代学習館」です。

2018年02月25日 【御座候】飛騨守小雲雀
山名氏城館

【此隅山城】「いずし古代学習館」の裏側に登城口があります。いずし古代学習館は無料施設で駐車場も利用可。
動物避けの柵を開けて中に入ると、急な階段があります。すぐに階段は途切れて、あとは落ち葉でずるずる滑る斜面を上っていきます。山用の靴で行かれるのがおすすめ。この登城路は竪堀になっているようです。
尾根まで上ると道が左に折れて、尾根伝いに進みます。
尾根上には大小の曲輪が多数あり、所々に堀切もあります。
大堀切を越えると、右手に西の曲輪、左手に主郭へ向かう道があります。主郭手前には急な斜面もありますが、トラロープを伝って登れるようになっています。
「曲輪」や「堀切」「切岸」等の説明板が各所にあって、山城初心者にもわかりやすいと思います。
3歳児の手を引いて30分程度で主郭までたどり着けました。
主郭からの眺望は見事です。

2016年03月13日 ソバッソMG77.9
山名氏城館

出石に来るなら、蕎麦でも黒豆でも出石城跡でも無く、有子山城跡へ登るべし


現登山道は曲輪群を直上するルートで、旧登城口は防砂堤になり、立ち入り禁止です
旧登城口の両側に6段の曲輪群が配備、側方から滅多打ちが可能な防衛になってます

その現登山道を30分程登ると、ようやく崩落した石がゴロゴロしてる平地になります
そこからがスゲーわかりやすい遺構パラダイス
つづら折れの道を登ると、まず孕んだ野面積みの石垣群と曲輪が出現
おー!とそこに心奪われながら更に進むと、より規模の大きい石垣群に出会えました

とりあえず主郭まで登り出石の街を一望、豊岡まで丸見え
山名さんを倒して但馬から毛利さんを睨み、ここから羽柴勢はどんな心境やったんかなぁと妄想
ちなみに主郭部の石垣は織田の遺構だと思います

メインディッシュはその後
そしてその主郭部から奥へ続いてそうなデッカい曲輪があるんですが、近づくとバケモノ級の特大堀切が出現
織田さんの財力の凄まじさを感じる堀切でした

とにかく登るべし、汗をかいて見るべし
僕は、も一度登るっす
そして下山したら蕎麦を食べるっす

2016年03月05日 カーネル
山名氏城館

【有子山城】

山陰本線豊岡駅から全但バスで30分で出石着。出石城を見て神社奥から登る
30分で本丸だけど、最初の登りは直登で山城の中でもキツいレベル(荷物も重かったので・・・)
最初の登りが終わるとなだらかになります
頂上でまったりしたり麓で地元の方と話しをしたら、あっという間に2時間経過
石垣と山頂からの眺めが最高でした

【此隅山城】
麓の出石神社は一宮神社。お参りしてから神社の北東に進んで、舗装路の脇にある木標の登山口から山へ
登山道はロープがあるけど道が明瞭でないので、登りはいいけど下りで適当に歩いたら、道がなくなり戻る羽目に
ここの見どころは数え切れないくらい存在する曲輪でしょうか

こちらは登って降りて50分。

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです


2015年08月14日 コロ助
山名氏城館

豊岡駅から全但バスで30分(\580)。終点の出石で下車、5分程で出石城に到着。

出石城稲荷曲輪の横に、有子山城への登城口があります。登城口から本曲輪までは35分程。

最初から斜度キツめの登りが続きますが、本曲輪までの距離はそんなに長くないので、それほど辛くはないです。
本曲輪西側の石垣や、本曲輪と千畳敷の間の大堀切は見事。

休日に訪れたので、出石城下はかなり賑わっていたのですが、有子山城はまさかの貸切状態。
やたらと蚊にさされる体質なのですが、蚊も1匹も居なくて、物凄く快適でした。

観光センターの売店のお姉さんに声をかけると、出石城・有子山城・此隅山城のパンフレットを頂けます。
パンフレットによると、藤堂高虎が最初に手がけた石垣のお城が有子山城だそうです。

此隅山城は出石城から北2kmにあるそうですが、時間の都合で行けていません。
豊岡駅から10分程の所に良い感じの銭湯があったのですが、こちらも時間の都合で行けず残念。


2013年03月03日 芦屋兵庫頭虎吉
山名氏城館

出石神社近くに登山口があります。15分程度で頂上です。眺めもまあまあですが、下りに気をつけてください。

2012年09月08日 大宰大弐あさよし
山名氏城館

本日、登る予定でしたが、車を止める場所はなく、遊歩道、登山口という看板はあるものの、進行不能な雑草。登るならまず、鎌を持参しないと(~_~;)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore