朝倉城(あさくらじょう)

朝倉城の基本情報

通称・別名

所在地

兵庫県養父市八鹿町朝倉大平山

旧国名

但馬国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

朝倉信高

築城年

鎌倉時代

主な改修者

主な城主

朝倉氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、井戸跡、石垣、堀切、竪堀

指定文化財

市史跡

再建造物

碑、説明板

周辺の城

八木城(兵庫県養父市)[4.4km]
楽々前城(兵庫県豊岡市)[7.4km]
糸井陣屋(兵庫県朝来市)[8.1km]
建屋ウスギ城(兵庫県養父市)[10.3km]
白岩城(兵庫県養父市)[11.4km]

朝倉城の解説文

朝倉城(あさくらじょう)は、兵庫県養父市八鹿町にあった日本の城。

概要
但馬国朝倉は後に戦国大名として越前国を治めた朝倉氏の発祥の地である。平安時代末期に地名を苗字として朝倉氏が興り、朝倉高清を初代とした。朝倉城は鎌倉時代、朝倉信高の築城と伝えられている。

堀切や郭が残る。

朝倉城の口コミ情報

宮内卿駅メモラーみきを様[2017年03月13日]
車でアクセスするには、まずはGoogleマップに従い、朝倉集落へ。
橋を渡ったところに「朝倉区史跡マップ」があり、朝倉城やその他史跡の場所の詳しい場所がわかります。
朝倉城登山口には駐車場は無いので、朝倉天満宮を目指して下さい。
(朝倉天満宮の場所はGoogleマップで検索可能)
天満宮入口の前に広場があり、駐車可能です。
そこから朝倉城登山口までは徒歩5分くらいです。
また、天満宮の側の道から朝倉比丘尼城にも行くことができます。
登山口からは整備された道があるので迷わず主郭までたどり着くことができます。
主郭には少し土塁みたいなのが残っており、景色も良いです。
主郭から尾根沿いに歩いて行くと数カ所に堀切がありました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore