村岡陣屋(むらおかじんや)

村岡陣屋の基本情報

通称・別名

村岡藩陣屋、御殿山

所在地

兵庫県美方郡香美町(御殿山公園)

旧国名

但馬国

分類・構造

陣屋

天守構造

なし

築城主

山名矩豊

築城年

寛永19年(1642)

主な改修者

主な城主

山名氏

廃城年

遺構

石垣、奥方部屋

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

白岩城(兵庫県養父市)[12.2km]
温泉城(兵庫県美方郡)[12.5km]
楽々前城(兵庫県豊岡市)[13.2km]
八木城(兵庫県養父市)[13.8km]
大野城(兵庫県美方郡)[14.4km]

村岡陣屋の解説文

村岡陣屋(むらおかじんや)は兵庫県美方郡香美町(但馬国七美郡)にあった交代寄合旗本の山名氏の陣屋。

概要
慶長6年(1601年)山名豊国(禅高)が但馬国七美郡6千700石を与えられた。
当初は兎束村に陣屋を仮設し、元和元年(1615年)福岡と改称した。その後3代山名矩豊は寛永19年(1642年)陣屋を黒野村に移し村岡と改称した。

8代山名義方は、文化3年(1806年)陣屋を尾白山に移し、中腹に陣屋を築き、大手門、中門、長屋、鎮守社,煙硝蔵、練兵場を設けた。

11代山名義済は慶応4年(1868年)太政官から新田4千300石の加増を認められ、1万1千石で村岡藩を立藩し、12代山名義路の代に廃藩となった。

遺構
陣屋跡は、昭和33年(1958年)から同57年(1982年)までの間兵庫県立村岡高等学校として利用されたが、現在は移転して、御殿山公園として整備されている。

村岡陣屋の口コミ情報

刑部卿駅メモラーみきを様[2017年07月07日]
村岡商店街には山名氏所縁のお宝が所蔵されている山名蔵がある法雲寺があります。
あまり訪問する人がいないからか、蔵は閉まっていましたが、お寺の方に声をかけると開けてもらえます。

ソバッソ店長様[2015年09月12日]
麓の散髪屋手前にどーんと駐車スペースがあり、そこから歩いて登ろうかと思ったんですが、何かの工事中のにーちゃんが「車で上まで行けるよ」と教えてくれました。

上に上がると、ちょっとした石垣と説明板と御神木があり、地域の集い場のような感じで整備された公園になっていました。
木が生い茂っていて、残念ながら麓の景色は楽しめませんが、山と空が近いので、遠近の抜けは良かったです。

そこから歩いて斜面を登って散策すると、グラウンド出現。ゲートボールのコースが作ってありました。
「オイオイこんな所までゲートボールしに登って来るご年配の方って、どんだけ足腰強いねん」と考えてたら、足元にタイヤ痕発見。どーやら車で上がれるみたいです。

そのグラウンドの山側に、登山口と書いた場所を見つけたんですが、柵がしてあり入れませんでした。
城郭の遺構としては、現存かわからんけど石垣と土塁があります。

村岡商店街っていう雰囲気のいい所があって、城下町の名残りかなんかかなーと思っていますが、時間無かったんで探索してません。
情報お持ちの方おられましたら、是非下さい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore