山崎城(やまさきじょう)

山崎城の基本情報

通称・別名

所在地

鳥取県鳥取市国府町山崎

旧国名

因幡国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

因幡毛利氏

築城年

天文年間(1532〜1555)

主な改修者

不明

主な城主

山崎毛利氏、私都毛利氏

廃城年

不明

遺構

曲輪、石垣、土塁、堀切、竪堀

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

市場城(鳥取県八頭郡)[4.2km]
妙見山城(鳥取県鳥取市)[8.1km]
太閤ヶ平陣(鳥取県鳥取市)[10.5km]
二上山城(鳥取県岩美郡)[10.7km]
鳥取城(鳥取県鳥取市)[11.5km]

山崎城の解説文

山崎城(やまさきじょう)は鳥取県鳥取市国府町山崎に存在した日本の城。

歴史
室町時代頃に因幡毛利氏が築城したと言われ、一族の山崎毛利氏が居城した。天文年間に城の立地する大萱(おおかや)郷が但馬と通じる要所であることに目をつけた本家に攻撃され(山崎城の戦い)落城、山崎毛利氏滅亡後は私部本家のものとなった。

遺構
扇ノ山系末端の標高242m(比高110m)の山頂部に位置する。周囲の山が城山より高いため見晴らしはあまり良くなく、城から南西方面にある「吉野村城」をその望楼としていたと考えられている。
主郭は縦35m、横10mで周囲に帯曲輪を配し、一部に簡単な石垣が見られる。
主郭南西部の尾根には4つの小さい曲輪が見られるほか、南東部尾根には縦53m、横6~8m程の細長い曲輪とそれを区切る堀切、主郭部側には三角形状の縦17m、横15mの曲輪等が存在している。
城の東方には通称・家老屋敷と言われる地域があり、長さ60m、高さ3m程の大土塁や平坦地が存在するが文献等には記載されていないため詳細は不明である。

参考文献
鳥取県教育委員会 『鳥取県中世城館分布調査報告書 第1集(因幡編)』2002年
財団法人国府町教育文化事業団 編集・発行『山崎城史料調査報告書』2003年

山崎城の口コミ情報

北川幸人様[2013年07月23日]
県道154号を山崎集落をすぎ、しばらくして左折。殿ダム直前のカーブのたもとに「山崎城址まで465m ←登り口」の看板と雑草に隠れた石碑があります。足元は白くコンクリート舗装されているが、周りの雑草が伸び放題なので、いずれ見えなくなるのでは? 山頂部に石碑と大きな看板があります。県道31号からは城山全体が見えます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore