若桜鬼ヶ城(わかさおにがじょう)

若桜鬼ヶ城の基本情報

通称・別名

鬼ヶ城、若桜城

所在地

鳥取県八頭郡若桜町若桜

旧国名

因幡国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

複合式天守[階層不明/築年不明/破却?]

築城主

矢部暉種

築城年

正治2年(1200)以降

主な改修者

木下重堅、山崎家盛

主な城主

矢部氏、山中幸盛、八木豊信、木下氏、山崎氏

廃城年

元和3年(1617)

遺構

曲輪、石垣、虎口、竪堀、櫓台、天守台

指定文化財

国史跡(若桜鬼ヶ城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

市場城(鳥取県八頭郡)[11.4km]
山崎城(鳥取県鳥取市)[13.3km]
景石城(鳥取県鳥取市)[16.5km]
妙見山城(鳥取県鳥取市)[19.4km]
丸山城(鳥取県鳥取市)[19.5km]

若桜鬼ヶ城の解説文

若桜鬼ヶ城(わかさおにがじょう)は鳥取県八頭郡若桜町若桜に存在した日本の城。城跡は国の史跡に指定されている。

概要
因幡三名城(この他に鳥取城鹿野城)のひとつに数えられる名城である。標高452メートル(比高252メートル)の鶴尾山山頂部から尾根部分に曲輪群を設けている。主に木下・山崎氏時代の主要部と国人・矢部氏時代の古城部に分けられ、中世城郭と石垣で作られた近世城郭の両方の遺構が残っている。また、主要部の石垣には元和3年(1617年)の破城の形跡が見られ各所で崩れた石垣が確認される。

鳥取県教育委員会が平成10年(1998年)から15年(2003年)にかけて実施した県内の城館分布調査で全国的にも類を見ない遺構が発見され、国の史跡級の城跡であることが確認された。国の史跡への指定は土地の権利などの問題で以前から難航していたが、平成20年(2008年)3月28日に実現した。

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(168番)に選定された。

若桜鬼ヶ城に関する文献
角田誠・谷本進編『因幡若桜鬼ヶ城』城郭談話会、2000年

交通アクセス
若桜鉄道若桜線 若桜駅 徒歩16分

若桜鬼ヶ城の口コミ情報

石工集団穴太衆様[2017年06月25日]
若桜鬼ヶ城は若桜小学校の南に聳える標高452mの山頂に築かれ近世初頭の総石垣による本丸・二の丸・三の丸一帯と尾根先に残る中世城郭が融合された城郭で国指定史跡として整備され今年4月6日に続100城168番に選定しかし戦国期か近世に破城されたのか石垣が孕み崩れたのか石垣の崩落が目立つ城郭内には所々動物除けの電気柵まで設けられています山頂の主郭の南端には天守台を備え二の丸、三の丸と北へ向かって階段状に連なる連郭式の城郭で三の丸の東に大手枡形、本丸の西下辺りに搦手南西背後にも虎口があり石垣は本丸から西へ伸びた尾根の曲輪にもあり二段の曲輪にそれぞれ石垣が積まれています、トイレは六角石垣の所にありますが24時間365日虫が使用中で使えません、お昼は若桜鬼ヶ城城下にあるダイニングカフェ 新がおすすめここは130年前に建てられた古民家を使用したカフェで、おすすめのランチは、豚トロ丼です、オーナーの実家が養豚業を営み一頭の豚ちゃんからわずか300グラムしか取れない貴重な部位で マグロのトロのような霜降りで歯ごたえもあるのが特徴です、メニューが豊富でとにかく吉川豚が美味しいです、ぶひ〜 車は若桜駅に〜

ソバッソ店長様[2017年05月08日]
車で上がる場合、若桜神社を目印に進入すると分かりやすいと思います。
その後ほどなくして城跡あと何キロとの看板が出て来ますので、従って進んで下さい。
よくある後世に掘削して作った、バンクばっかりのイニシャルD的な林道が出て来たら正解です。
城跡の簡単な縄張り看板がある駐車場っぽいスペースに停めて、馬場から散策開始です。
たしか神社から10分くらいやったと思います。参考程度に。

虎口、堀切からスタートして、獣害除けの電気柵(昼間は流れてません、と書いてある)を開けて主郭部へ入り、破城跡が残る石垣群や桝形を楽しんで下さい。

天守からの眺望はデザートです。
ご馳走さまでした。

麓から大手を登って散策ルートは、リトライしたら時間など書いておきます。
もしご存知の方おられましたら情報下さい。遺構はどうなんでしょう?
あと、古城も気になります。

とくちゃん様[2016年11月15日]
徒歩で駅前の観光案内所でパンフもらい、旧若桜小学校(八幡広場)の登山口に行くも電気柵が張り巡らされていて入れず…と思ったら一部柵を外して入れるようになっていた、結構戸惑った。
山頂までは30分程度で三の丸に至る。
全体的に石垣の崩れが激しい、観光案内所の人いわく、昔(昭和63年頃)はもっと山城らしかったとのこと。
大阪ー若桜間の日交高速バスは2017年3月末まで運賃半額になので便利、但し本数少ないので、鳥取城とセットで行くのが良いかな。

カーネル様[2015年11月11日]
若桜鉄道の若桜駅から徒歩です。帰りの電車の時間を気にしつつ、早歩きで駅から30分ほどで山頂へ
しかーし不勉強でした。さらっと帰るつもりが、遺構が凄いので予定の電車を1本遅らせて、ゆっくり見学しました
下山しても時間があるので若桜神社で休憩。雰囲気が最高でした
そして若桜駅へ戻る途中で、鳥取行きのバスに遭遇したので反射的に乗車

鳥取行きのバスでは、鳥取駅の手前の商店街で下車して鳥取城へ。鳥取駅から鳥取城へ行くより、ここで降りたほうが距離が短くなります
バス停から山頂まで往復して鳥取駅に戻るのに2時間半くらい

という訳で、また若桜城と鳥取城をセットで見学に行くなら、最初からバスでの計画にすると思います

歩き計画している方の参考になれば幸いです

常陸入道ねんさい和泉守様[2014年03月30日]
若桜駅前の観光案内所に若桜城のパンフレットが有り 。
旧若桜小学校と体育館に城跡までの登山口入口があり。
城跡までの比高は240M。
車だと本丸の北側まで行ける。駐車場もあり。
若桜駅周辺はタクシーがいない。八頭から呼び寄せるので時間がかかる。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore