景石城(かげいしじょう)

景石城の基本情報

通称・別名

磯部城、磯辺城

所在地

鳥取県鳥取市用瀬町用瀬

旧国名

因幡国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

建造されず

築城主

用瀬氏

築城年

南北朝時代

主な改修者

磯部豊直

主な城主

用瀬氏、磯部氏、山崎氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)、堀切、土橋、石段

指定文化財

市史跡(景石城)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

丸山城(鳥取県鳥取市)[6.8km]
鵯尾城(鳥取県鳥取市)[10.7km]
市場城(鳥取県八頭郡)[11.9km]
余戸城(鳥取県鳥取市)[13.6km]
妙見山城(鳥取県鳥取市)[14.0km]

景石城の解説文

景石城(かげいしじょう)は鳥取県鳥取市用瀬町用瀬にかつて存在した城郭。

歴史
南北朝時代頃、国人領主の用瀬氏が築城したといわれる。『太平記』によれば延文5年(1360年)、赤松世貞らによって落城させられたという。ただ、この時すぐさま山名時氏によって奪還された。戦国時代には用瀬左衛門尉が居城した。天正8年(1580年)、羽柴秀吉の攻撃により用瀬氏が退去すると磯部豊直が入城したが、毛利方の山名豊国に攻撃されて退いた。天正9年(1581年)、羽柴秀吉の因幡平定が完了すると再び磯部豊直が入城し、智頭郡3000石が与えられた。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで磯部氏が改易されると山崎家盛の持ち城になったが、山崎氏の転封により、元和3年(1617年)ごろ廃城された。

構造
用瀬集落の東、頭巾山(標高325m)の山頂部に位置し、用瀬氏の築いた中世の曲輪群と磯部氏の築いた石垣造りの曲輪群が存在し、山麓には磯部氏の居館跡が残っている。

山頂部の曲輪群
山頂部の曲輪は磯部氏の造営とされ、主郭は東西35m、南北10mあり、北西隅に櫓台が残存している。主郭下の曲輪は総石垣造りで、この時期の因幡国の城郭では珍しい造りになっており、周囲の小曲輪にも部分石垣が見られる。主郭西方にも曲輪群や堀切、竪堀などが存在している。

磯部氏居館跡
山麓部に存在し、城山の谷筋に沿って「御屋敷」、「権内屋敷」と呼ばれる曲輪群が残っている。30m四方の正方形の曲輪は部分的に石垣造りになっており、階段状になっている曲輪群は西面に石垣が築かれている。

子持松砦
主格の南方370m付近に存在する中世の曲輪群で、用瀬氏が築いたものとされる。「子持松砦」の名が付けられているが、独立した別個の城郭ではなく、基本的に用瀬城の一部として扱われる。石垣はなく、平入り虎口、掘切、竪堀が残存している。山頂部に先行して築かれ、天正年間に放棄されたといわれる。

景石城の口コミ情報

カーネル様[2014年12月30日]
景石城から用瀬駅に車道を下ると『磯部屋敷跡』の小さな看板があります(用瀬駅から歩いたときは看板が背を向けているので、気付きませんでした)
4段の大石垣に圧倒されます。道路から3分で着きますので、景石城と併せてどうぞ

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore