天神山城(てんじんざんじょう)

天神山城の基本情報

通称・別名

所在地

新潟県新潟市西蒲区岩室字十三車他

旧国名

越後国

分類・構造

山城

天守構造

不明

築城主

小国頼景

築城年

南北朝時代

主な改修者

主な城主

小国氏(大国氏)

廃城年

慶長3年(1598)

遺構

空堀、曲輪、物見台、土塁、石塁

指定文化財

再建造物

石碑

周辺の城

松ヶ岳城(新潟県新潟市)[0.8km]
黒滝城(新潟県西蒲原郡)[6.0km]
大関城(新潟県新潟市)[13.3km]
三条城(新潟県三条市)[14.8km]
島崎城(新潟県長岡市)[16.2km]

天神山城の解説文

天神山城(てんじんやまじょう)は新潟県新潟市西蒲区岩室にあった城。標高250mの山頂に築かれた堅固な山城。本丸には土塁・空堀・枡形虎口、二の丸には野面積みの石垣、水源と思われる池が存在した。

概要
越後の豪族小国氏(大国氏)の城である。

南北朝時代、小国氏嫡流の小国政光は南朝方として蒲原津城を拠点に活躍したが、建武3年(1336年)に、池氏、河内氏、風間氏、於木氏、千屋氏、高梨氏らと島崎城に篭もり足利尊氏方の色部高長・加地影綱らと戦うが落城し小国氏嫡流が絶えたため、支流の小国頼景がこの地に進出し、天神山城を築いた。

戦国時代に、小国頼秀、小国重頼は上杉謙信の家臣となり活躍した。

御館の乱の後、小国氏の家督は直江兼続の実弟樋口与七が継ぎ、小国実頼と名乗ったが後に大国氏に改姓し大国実頼と改めた。

実頼は上杉景勝の会津転封に従い、陸奥国鴫山城に移ったため、天神山城は廃城となった。

天神山城の口コミ情報

さくや様[2014年07月24日]
弥彦神社から海へ抜ける道沿いで、道幅は狭いので気を付けて。弥彦神社は広いのでゆっくり参拝してください。自分にあうお社の御守りも見付かります。

会津武士白虎隊様[2012年05月21日]
新潟県、岩室付近。北国街道へ。 帰りはに乗り込もう

会津武士白虎隊様[2012年05月21日]
去る5月日13日に登山しました。
初めて天神山城の跡地へ…。疲れたけどね三時間前後で 往復できます
是非 皆様、行ってみては、いかがですか?
駐車場もあり、天神山城趾付近図もあります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore