鴫山城(しぎやまじょう)

鴫山城の基本情報

通称・別名

南山城、田島城

所在地

福島県南会津郡南会津町田島字愛宕山他

旧国名

岩代国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

長沼義秀?

築城年

南北朝時代後期?

主な改修者

主な城主

長沼氏、大国氏、小倉氏(蒲生氏家臣)

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、石垣

指定文化財

県史跡(鴫山城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

久川城(福島県南会津郡)[21.9km]
塩原城(栃木県那須塩原市)[23.7km]
向羽黒山城(福島県大沼郡)[30.0km]
高助館(福島県西白河郡)[32.2km]
真木城(栃木県那須塩原市)[32.9km]

鴫山城の解説文

鴫山城(しぎやまじょう)は福島県南会津郡南会津町(旧・田島町)にあった城。南山城とも称する。田島市街地の南部・愛宕山一帯が城跡である。城跡の保存状態が良好なことから福島県史跡に指定されている。

歴史・沿革
鴫山城の築城年代は不明であるが、『塔寺八幡宮長帳』には、長禄4年(1459年)に山内越中と白川氏が「南山しき山の城」を攻め落としたことが記載されており、この頃にはすでに存在していたことは確実である。鴫山城一帯(「南山」と称されている)は、長沼氏が支配しており、鴫山城を築城したのも長沼氏と推定できる。永正18年(1521年)、長沼氏は黒川城主・蘆名氏と戦い、鴫山城を落とされたという。その後も長沼氏は蘆名氏と戦い、一時は南山を取り返すなど勢力を巻き返したが、16世紀半ばには蘆名氏に臣従することとなった。天正17年(1589年)の摺上原の戦いで蘆名氏が滅亡すると、鴫山城主・長沼盛秀は伊達政宗に臣従し、伊達勢とともに河原田盛次が守る久川城を攻撃している。天正18年(1590年)の奥州仕置によって長沼氏は伊達氏に従って南山を去り、鴫山城には蒲生氏郷家臣・小倉行春が6,300石で入城する。その後、上杉氏時代は直江兼続(上杉景勝の執政)の弟・大国実頼が城代となり、関ヶ原の戦い後に蒲生秀行が会津領主となると、再び小倉行春が城代となった。その後、寛永4年(1627年)に加藤嘉明が会津領主となった際に廃城となった。

構造
鴫山城は標高750mの愛宕山北辺部に築かれた典型的な山城である。城全体の全長は南北に700mで、山頂部の350mは急斜面、山麓部の350mは緩斜面である。山頂から山麓にかけて、尾根や谷間などの自然地形を利用して、土塁や門、堀などが構築されている。愛宕山山頂には現在、愛宕神社が祀られているが、戦国時代(長沼氏時代)はここが城の本丸であり、本丸の北東と西方向に削平して階段上になった曲輪群が上から下へ続いている。本丸から北東部の曲輪群をやや下がると、主水曲輪、御茶屋場と呼ばれる比較的広い平場が現れるが、山頂部から御茶屋場一帯あたりまでが長沼氏時代の城郭跡と推定される。山麓部には愛宕神社参道に沿って、侍屋敷跡、大門跡、御平庭、上千畳(本丸跡)、下千畳(二の丸跡)、空堀などの遺構が見られ、大門跡に石垣が復元されているほか、御平庭は公園化されている。これら山麓部は、蒲生時代以降の城の中心部と見られている。上千畳は昭和54年(1979年)に発掘調査され、書院建築の礎石群や庭園状の遺構が検出され、蒲生氏・上杉氏時代の本丸跡と推定できる。

大門石垣
大門は御平庭と下千畳の間をとおる道路上にあり、城の大手門的なものであったと思われるが、この一帯には石垣の遺構が残されていた。しかし、廃城以降の人為的な破壊と降雨や雪解け水による浸水などで崩落していた箇所もあり、そのため昭和61年(1986年)〜63年(1988年)にかけて穴太積技術継承者の粟田万喜三によって復元工事が行われたが、その際の調査で石垣の構造や高さ、「鉢巻式石垣」と呼ばれる技法などが判明した。大門石垣遺構はその構造や技法などから蒲生・上杉時代の築造と思われ、関ヶ原の戦いの前に上杉景勝が徳川家康の攻撃に備えるために領内諸城の改修をおこなった際に築造された可能性があるが詳細は不明である。

現状
鴫山城跡のある愛宕山には愛宕神社が祀られており、その参道が登山道となっている。登山道はかつての城の大手道と推定され、道沿いには城跡遺構が見受けられ、その都度解説板が建てられている。また、大門石垣が復元されているほか、御平庭跡は公園として整備されている。

観光
アクセス
会津田島駅から愛宕山山頂までは約1時間ほどであり、歴史と自然を手軽に満喫できる里山として地元の人に親しまれている。

鴫山城の口コミ情報

【下野国】陸前守智ぞう様[2016年09月19日]
旧南会津郡役所で鴫山城のパンフレット頂けます。

鴫山城ほど近くの、まりちゃんラーメンで、福島県食べログNo.1になったソースカツ丼が頂けます。

座敷でテーブル席4つしかない、昭和な雰囲気ですが、鴫山城見学と共に訪れる価値ありです。

【下野国】陸前守智ぞう様[2016年06月20日]
最寄り駅の会津田島駅でてすぐの柏と言うお蕎麦やのソースカツ丼はうちの親父に教えられ、20年以上愛する味。

この地方の花嫁衣装の女子が行列する変わったお祭りを展示してある、祇園会館も鴫山城見学と合わせてお楽しみください

【下野国】陸前守智ぞう様[2016年06月08日]
近くの幼稚園の駐車場に車を止めさせていただき

下復元石垣付近本丸、二の丸は良く手入れが行き届いており、土塁、空堀、曲輪など良くみられます。

上の詰めの城まで上がるとちょっと息があがりますが、曲輪など確認できました。

山頂のお社は以前の投稿写真にはあったようですが、最近なくなってしまったようですね。

安田式部大輔秀元様[2016年02月17日]
山頂の愛宕神社が焼失してますね。再建されるかな どうなのか?

まさ大膳大夫猛虎 様[2015年11月23日]
初期鴫山城城主は、長沼氏に依ります。長沼氏は南北朝期から戦国終期迄続く。関東八屋形【那須、小山、宇都宮、長沼、結城、佐竹は親戚関係、他に千葉家等】
分家当時の関東は、八屋形の他に鎌倉公方*足利公方*北条氏が入り乱れ覇権争いを展開した。応仁の乱に50~100年先駆け戦国時代に突入。
葦名氏が、会津統治する頃は、会津藩の影響大きく、藩の西の支城になり、藩の動向に左右される様になります。

初代征夷大将軍天下一の号様[2012年02月24日]
山城でハイキングコース有り。山頂までは50分ほどかかります

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore