向羽黒山城(むかいはぐろやまじょう)

向羽黒山城の基本情報

通称・別名

岩崎城、巌館

所在地

福島県大沼郡会津美里町三日町

旧国名

岩代国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

蘆名盛氏

築城年

永禄4年(1561)

主な改修者

蒲生氏、上杉氏

主な城主

芦名氏、蒲生氏、上杉氏

廃城年

遺構

土塁、曲輪、堀、石垣

指定文化財

国史跡(向羽黒山城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

会津若松城(福島県会津若松市)[5.6km]
神指城(福島県会津若松市)[7.7km]
北田城(福島県河沼郡)[15.6km]
朝日城(福島県郡山市)[15.9km]
陣が峯城(福島県河沼郡)[18.8km]

向羽黒山城の解説文

向羽黒山城(むかいはぐろやましろ)は、福島県大沼郡会津美里町にあった日本の城である。城跡は、国の史跡に指定されている。

概要
白鳳三山の最高峰・岩崎山は向羽黒山とも称し、そこに蘆名盛氏が永禄11年に山城を築いた。城の規模は、東西1.4キロメートルで南北1.5キロメートル、面積は50ヘクタール。東を流れる阿賀川や東部分の崖などの天然の要害に加えて土塁や堀などの防御施設がいたるところに造営されている。

岩崎山山頂の本丸(実城)跡を中心に現在公園となっている二の丸跡、三の丸跡、伝盛氏屋敷跡などの郭をはじめ、竪堀や空堀、虎口、石塁の跡などの戦国山城の名残が城跡内各所に残されている。城の東側直下を阿賀川が流れており、さらには会津盆地一円を望むことができる。

歴史・沿革
1568年(永禄11年)に蘆名盛氏によって築かれた。
蘆名氏が伊達政宗に1589年(天正17年)の摺上原の戦いで敗れ滅亡した後、会津領主となった政宗や蒲生氏郷、上杉景勝も最後の砦としていた。上杉氏は慶長3年から4年にかけて籠城戦用に、韓国の熊川倭城を参考に改修。
1601年(慶長6年)、関ヶ原の戦いでの上杉軍の敗戦に伴い、慶長6年に廃城となった。
2001年(平成13年)、国の史跡に指定された。
2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(111番)に選定された。

[引用元:Wikipedia「向羽黒山城」の項目

向羽黒山城の口コミ情報

越後守こーへー様[2017年07月02日]
熊の目撃等により向羽黒山城の有る白鳳山公園が通行止めになっていましたが6月26日より解除になりました。
訪城の際は熊除けの鈴等の準備をお勧めします。

越後守こーへー様[2017年06月17日]
続百名城に選出された向羽黒山城の白鳳山公園は熊の目撃、松くい防除実施の為、北側及び南側ゲートが封鎖されている為、現在入る事が出来ません。登城の際には事前に自治体のホームページ(会津美里町)の確認が宜しいかと思います。

カーネル様[2015年11月15日]
只見線、会津本郷駅を背に直進しました。しばらくすると左に少し派手目の資料館があるので左折

ここから登りですが、終始緩やかな坂でバイキングコースにちょうどよく、ついでに羽黒山に登り羽黒神社にお詣りしました。雰囲気がよかったです。反対側に下ると車道に合流

直進はで三の丸、左折すると北曲輪経由で南若松駅への近道。帰りはこちらから帰りました

三の丸の先で水曲輪、二の曲輪で、堀・土塁・虎口の乱れうち

さらに先へ進むと車道を挟んで一の曲輪へ。こちらも竪堀横堀が見事に残ってます
山頂は雨で霞み幻想的。雨の日の山城は最高ですね

反対側に降りて古城の道を進むと、大きな堀がいくつかありますが、こちらは整備されてる様子もなく荒れ気味ですが、普通の山城なら見玉商品になるレベルです

山中を1時間半くらい散策して、トータルで3時間弱で南若松駅へ降りました

歩き計画されてる方の時間目安になれば幸いです

まほろし様[2015年06月06日]
城跡までの道が狭くて車のすれ違いができない問題はありますが、山の上にあるので会津若松市が一望できて感動しました。

常陸入道ねんさい和泉守様[2012年07月21日]
ふもとの本郷インフォメーションセンターで向羽黒山城の詳しいパンフレットがもらえる。熊が出て、城跡に入るは車道のゲートを閉じて立ち入り禁止にする事もあるので注意。

さくら主膳佑にゃ〜様[2011年11月26日]
2011年12月3日(土)10:00〜現地説明会が開催されるそうです
でも担当の方のお話振りでは発掘調査の説明会という感じでは無く、昨年同様薮を苅り払いした後に推定された登城路の説明?という感じでした(あくまで私の予測ですよー)。
地元だけに遅番出社で何とかしたいところ…

さくら主膳佑にゃ〜様[2011年10月03日]
先月忘れてたけど城主就任記念
別称岩崎城。永禄四〜十一年(1561-68)にかけて蘆名盛氏によって築城された。
古くから盛氏の隠居城として築かれたと云われて来たが、東北地方でも有数の規模を誇る山城であり、現在は黒川城(若松城)の詰城であった小田山城に代わる防御の拠点として築かれたと考えられている。
蘆名氏が会津を去った後も、伊達、蒲生、上杉氏らによって改修が加えられたが、慶長五年(1600)以降は使用されなくなった。
現在は国史跡に指定され、発掘調査によって解明が進められている。

さくら主膳佑にゃ〜様[2010年12月04日]
今日これから現説がありますよー。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore