久川城(ひさかわじょう)

久川城の基本情報

通称・別名

所在地

福島県南会津郡南会津町青柳字小丈山

旧国名

岩代国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

河原田盛次

築城年

天正17年(1589)

主な改修者

主な城主

河原田氏、蒲生氏、上杉氏

廃城年

慶長16年(1611)

遺構

大手門、曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(久川城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

鴫山城(福島県南会津郡)[21.9km]
中丸城(福島県大沼郡)[23.4km]
水久保城(福島県南会津郡)[26.7km]
塩原城(栃木県那須塩原市)[33.0km]
岩谷城(福島県大沼郡)[36.7km]

久川城の解説文

久川城(ひさかわじょう)は福島県南会津郡南会津町(旧伊南村)にあった戦国時代から江戸時代初期の城。遺構の保存状態が良好で、築城の歴史的背景が明確であることから、福島県史跡に指定されている。

歴史・沿革
久川城のある会津郡伊南郷(伊南川流域一帯)は文治5年(1189年)の奥州合戦の戦功によって下野国住人の河原田盛光に与えられ、以来河原田氏が治めていた。天文12年(1543年)頃に蘆名盛氏に攻められ、このころから河原田氏は蘆名氏に臣従したものと思われる。天正19年(1589年)、摺上原の戦いで蘆名氏が滅亡し、伊達政宗が黒川城へ入ったが、当時の河原田氏当主・河原田盛次は政宗への臣従を拒否した。政宗は家臣の柴田但馬や降伏した鴫山城主・長沼盛秀を伊南郷に攻め入らせる。盛次は戦闘に備えて新たに久川城を築き、そこに立て籠もって伊達勢を迎え討った。伊達勢は城を攻撃したが、結局攻め落とすことはできずに撤退した。しかし盛次は翌年の秀吉の小田原攻めに参陣しなかったためにその後の奥州仕置によって領地は没収されてしまった。その後、会津は蒲生氏、上杉氏、そして再び蒲生氏が入部し、この再蒲生時代に久川城は現在残されている縄張りの城に改築された。その後、慶長16年(1611年)に廃城となった。

構造
久川城は伊南川の西の南北に延びる丘陵上に営まれた山城で、麓からの比高差は70m、東西110m、南北430mの規模がある。城の北と南の麓部分にそれぞれ枡形虎口が設けられ、九十九折りの山道を登ってようやく城内部分の平場に入ることができる。平場の中心には土塁と空堀に囲まれた南北110m・東西65mの主郭(本丸)があり、主郭内南西隅の稲荷神社がある場所に櫓台があったと思われる。主郭の南側に郭が3つほど連郭式に続き、堀切によって区切られている。主郭に北側は現在公園となっていて大きな平場であるが、北端には郭があり、土塁が残っている。この北端の郭の東側にはかつて野面積石垣の枡形虎口があったというが現在は残っていない。また、城の東麓は武家屋敷跡と推定されている。

エピソード
久川城での唯一の戦いであった伊達勢と河原田盛次の戦いについては『伊南合戦記』、『泉州記』など後世に書かれた軍記物に詳しいが、あくまで後世のものであり、どこまで事実かは不明である。なお、政宗に臣従しなかった会津の国人はほかに伊北郷の山内氏勝がおり、伊達勢はむしろ背後に上杉景勝がいる氏勝攻撃に力を入れていたと思われる。
奥州仕置で領地没収となった河原田氏一族はその後蘆名義広について常陸国へ行った者、帰農した者などそれぞれの道を歩んだ。蘆名義広に従って常陸へ行った河原田氏は江戸時代に義広が領した出羽国角館(現・秋田県仙北市)に移り、そこに居住した。角館に残る武家屋敷・河原田家はこの子孫の屋敷である。

久川城の口コミ情報

【下野国】陸前守智ぞう様[2017年05月08日]
私のお気に入りの城の1つ。改めてレポ書きたいです。

この城はどう行っても遠い。

車も最寄り高速インターが、那須塩原とか会津若松だったり。

バスも会津田島駅から一時間くらいかかる

でも、それだけしても是非!とオススメしたい城。

城跡から程近い所にある、道の駅きらら289を拠点として行かれたほうが良い(城跡付近には自販機や食事所がない)

城跡の道を挟んだ所にある、久川城資料館には駐車場スペースが広くありますので、

資料館は土日祝日しかやっていないとの事ですが、事前に南会津の役場に問い合わせすれば、開けてくれる事もあるかもです

資料館の館長がとにかく面白い。メチャメチャ地元色濃いし。資料館にトイレあるので空いていれば安心。

城跡も資料館からちょっと離れた大手口から登るのをオススメ

登った先の本丸の土塁、虎口素敵。本丸から上に延びている堀とかも面白い。

一通り遺構を見終わったら、本丸から上に通じる屋根の道を通り上から見るのをオススメします。

時間あれば久川城の前衛の城、駒奇城も近くにありますので御覧になられては?

【下野国】陸前守智ぞう様[2016年08月29日]
久川城資料館のジオラマは良く出来ており、久川城戦闘絵巻も一見の価値あり。(笑)

永眠武蔵守釋 葱進様[2016年08月28日]
城跡そばにある久川城資料館(正式名称は奥会津博物館伊南館)は、基本的に春から秋まで週末のみの開館です。入館料は大人300円、詳しい開館日は各自で確認を。
久川城についてはパネルによる解説やジオラマ展示があり、登城前に見学しておくとよりリア攻めが楽しめるでしょう。
また、ユーモアあふれる話好きな館長さんとの会話もお勧めです。
登城口は資料館そばの搦め手口と少し離れた大手口の二つ、大手→搦め手(またはその逆)と周遊して回ることができます。
現地に自販機なし(館長さんによれば少し離れたキャンプ場にあるそう)、トイレは資料館のものまたは近くの簡易トイレが使えるとのこと(なお大手口にあるトイレは閉鎖されてます)

【下野国】陸前守智ぞう様[2015年08月24日]
日光宇都宮自動車道の土沢インターから、下道で、121号線鬼怒川バイパスをとおり、川治温泉、三依方面に抜けて、289号線通り、道の駅きらら289からトンネルくぐったT字路を檜枝岐方面に4㎞くらい。

三依あたりから信号もほとんどないので、

土沢インターから二時間半くらいで久川城まで行けると思いますよ。

夏の間は是非南郷トマト美味しいので買って行ってください。安いし

【下野国】陸前守智ぞう様[2015年08月24日]
ナビで、「久川城資料館」の電話番号を入れ向かうも、ありゃ!?資料館が弓道場になってる?

そこに車を止めると目の前にでっかく、久川城の看板が

目の前の登山道、青柳登城口より上るも、登山道は登りやすく、土塁、空掘、曲輪、良好に残ってて、オススメは本丸土塁。本丸を取り囲むように土塁があり、その周りに空掘!登山道を歩くと本丸土塁の上にコースがあり、空掘を上から眺めたりできます。

ゆっくり写真取りながら50分くらいで、そんなに疲れず回れますよ。

大田原釆女正資清様[2015年07月27日]
2015/07/26時点での登城レポです
近隣の方でなければ、殆どの方が東北道白河IC〜R4〜R289〜R401の経路で進軍する事かと思います。
車内泊も辞さず…と言う方は、R289の道の駅「きらり289」を起点にされると良いでしょう。
さて、入り口は一応三ヶ所(小塩七曲り登城坂口、青柳七曲り登城坂口、林道口)ですが、青柳七曲り登城坂口が無難です。
小塩七曲り登城坂口は、草木が生い茂り足元がおぼつきません。
又、林道口は林道への入り口が判りにくいかと思います。
城域の状態は良好なのですけれど、管理面は幾分悪いかと思います。
印南村時代の案内板に記されたルートで歩くと、砦への道が急峻(トラロープで立ち入り禁止にした形跡あり)なので、そこだけは避けた方が宜しいかと思います。
尚、探訪時期は春か秋をお奨めします。
春なら山桜(城域全体)、秋ならイロハモミジ(二の丸一帯)が映える事でしょう。

磐城守きこりん様[2015年06月28日]
遠征で訪れるには何しろ遠い所ですが、堀と土塁の残りがよく、一見の価値ありです。
伊南川沿いに国道401号線で近くまで行けば、「久川城跡」というどでかい看板と小山が対岸に見えるのですぐ分かります。道路はさんで向いに資料館と駐車場があります。
尾根より少し低い位置を削って郭を連ねてあるのですが、各郭を区切る土塁と堀切がみな竪になって、削り残された尾根に登り詰めているのがユニークです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore