日光奉行所(にっこうぶぎょうしょ)

日光奉行所の基本情報

通称・別名

日光御役所

所在地

栃木県日光市安川町10-24

旧国名

下野国

分類・構造

奉行所

天守構造

築城主

徳川幕府

築城年

元禄13年(1700)

主な改修者

主な城主

日光奉行

廃城年

明治4年(1962)

遺構

消滅

指定文化財

市史跡(日光奉行所跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

轟城(栃木県日光市)[13.6km]
玉生城(栃木県塩谷郡)[22.6km]
加園城(栃木県鹿沼市)[23.1km]
大宮城(栃木県塩谷郡)[24.4km]
鹿沼城(栃木県鹿沼市)[24.6km]

日光奉行所の解説文

※この城郭は2017年4月6日に名称と位置が変更となりました。

日光奉行の発祥は梶定良に始まる。定良は徳川3代将軍家光の遺臣で、承応3年(1652)から40数年の間、日光山守護職を務めた。その後元禄13年(1700)に日光奉行が置かれるに及び、定良の屋敷を改造して「御奉行屋敷」が竣工する。

日光奉行の職掌は、日光目付や梶定良の職務を継いで、日光廟の警備・営繕・祭祀一切を監理し、定員2名で1名あて交代で日光に在勤した。ただし、寛政3年(1791)以降、それまで日光領行政の中核をなしてきた日光目代、山口氏の失脚により、従来の業務に加え、日光山取締り・収納・修復・公事訴訟まで取り扱うようになる。奉行所内には米蔵やお白州などもあった。

建物はその後も存続し、明治2年(1869)に設置された日光県の庁舎となったが、廃県とともに取り壊される。その跡地に日光ホテルが建つが焼失し、その後に古河電工の晃楽荘が建てられたが、平成6年に解体された。現在では輪王寺信徒会館となっている。

情報提供:日光市教育委員会事務局文化財課

日光奉行所の口コミ情報

【下野国】陸前守智ぞう様[2017年05月13日]
日光奉行所は日光の観光スポットのど真ん中にあるだけに、日光グルメも数多くありますー。

代表的なゆば。京都にもゆばはありますが、京都は“湯葉”と漢字で書きますが、日光は“湯波”と書きます。

作り方もちょっと違っていて、京都の湯葉は引き上げた一枚をそのまま使うらしいのですが

日光の湯波は二枚に折って巻いたりします。なのでちょっとボリューミーな感じがします。

日光の至るところで食べられるかと思いますが、ふだらく饅頭さんでやっている

ゆばむすび(おこわを湯波の生地で巻いてある)なんかはファーストフード感覚で気軽に食べられてオススメです。

湯波だけでなく、日光チーズケーキ対決。みたいな感じで名物チーズケーキがいくつかあります

レークサイドホテルチーズケーキ

明治の舘ニルバーナ

金谷ホテルチーズケーキ

日光駅前カフェかまやのNYチーズケーキ

などがあります。まだまだ日光グルメありますが是非~。

【下野国】陸前守智ぞう様[2017年04月06日]
近くに金谷武家屋敷がありますが、日光奉行所と関係しているかはわかりません。

せっかくいらした際は、奉行所跡だけでなくこちらも是非~。ただし入館出来る時間がありますのでお気をつけください。

【下野国】陸前守智ぞう様[2017年04月06日]
東照宮近く日光カステラ磐梯日光店隣。世界遺産な為にメチャ混んでます。ここだけ見たいと言う方は、16時過ぎくらいにいらっしゃるとそんなに混んでないでしょう。

また、有料駐車場ばかりなので、ナナメ前にコンビニがありますんで、利用させていただくのも良いでしょう(何か買い物してくださいね。)

道路沿いに日光奉行所跡の石碑あり。

ざっくり見ましたが遺構みたいなのはなさそうな感じでした。



「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore