磯部城(いそべじょう)

磯部城の基本情報

通称・別名

磯部館

所在地

神奈川県相模原市磯部425

旧国名

相模国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

不明

築城年

文明9年(1477)頃

主な改修者

主な城主

不明

廃城年

遺構

土塁(上磯部の土塁)?

指定文化財

再建造物

説明板(上磯部の土塁)

周辺の城

座間城(神奈川県座間市)[2.9km]
荻野山中陣屋(神奈川県厚木市)[5.2km]
小沢城(神奈川県愛甲郡)[5.6km]
海老名城(神奈川県海老名市)[6.1km]
淵野辺城(神奈川県相模原市)[7.7km]

磯部城の口コミ情報

にゃにゃーにょ豊後守様[2014年08月01日]
磯部城 景春勢は 総崩れ
 (さがみはら郷土歴史かるた「い」より)


磯部城は相模川東岸にある『能徳寺』又は『御嶽神社』付近にあったと云われておるのじゃ。
遺構は…特に残ってはおらぬのう。
何せ江戸幕府が編纂した新編相模国風土記稿にも「城跡はわからぬ」などと書かれておるらしいぞい。

ただ能徳寺から700m北に離れておるが『上磯部の土塁』が磯部城の付属施設の一部とも云われておるのじゃ。
土塁の説明板が川沿いにあるぞい。

磯部城は長尾景春の乱の際、景春方の小沢城(愛川町)の支城として築かれ『太田道灌』に攻められ落城した(1478年頃)と云う事以外、城の規模や城主なども不明なのじゃ。
また城が未完成のうちに攻められたとも云われておるぞい。

★『長尾景春の乱(1476〜1480年)』とは?
関東管領山内上杉氏の有力家臣「長尾景春」が起こした反乱じゃ。
関東の国人など多数が景春方に付いたため山内・扇谷両上杉氏が窮地に陥る…が太田道灌の大活躍により鎮圧さたのじゃ。
しかしこの活躍により道灌は主君の扇谷上杉定正から恐れられ、後の悲劇へと繋がる…。

傾奇揚げ仙兵衛様[2014年03月24日]
磯部城とされる住所にある寺の裏に駐車場のある公園がありそこから相模川沿いに遊歩道があります。その遊歩道を歩いて相模川を渡る高架下でポチると座間城が取れました。(ドコモ)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore