深見城(ふかみじょう)

深見城の基本情報

通称・別名

一の関城山、城ヶ岡

所在地

神奈川県大和市深見120

旧国名

相模国

分類・構造

丘城

天守構造

築城主

山田経光

築城年

宝徳4年(1452)

主な改修者

主な城主

山田氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

成瀬城(東京都町田市)[5.4km]
榎下城(神奈川県横浜市)[6.4km]
座間城(神奈川県座間市)[6.5km]
早川城(神奈川県綾瀬市)[7.5km]
磯部城(神奈川県相模原市)[8.0km]

深見城の解説文

深見城(ふかみじょう)は、神奈川県大和市にあった城。

大和市の北西、横浜市瀬谷区との市境となっている境川中流の右岸台地縁辺部に立地する

城主については隣接する瀬谷の領主山田伊賀守経光などの諸説がある。

参考文献
大和市文化財調査報告書第30集 深見城跡

深見城の口コミ情報

まさある甲斐守さん[2019年04月20日]
思っていた以上に良かったです!
訪問方法は、ヨッシーさんの口コミで完璧でした。
天竺坂は、案内塔もあり分かり易いし、見応えあります。
しかし、各曲輪などが柵の中にあり、入るのに少し躊躇します。ちゃんと遊歩道を作れば、小机城にも匹敵する(言いすぎかな?)のに!と感じました。
小ぢんまりしてますが見応えあります。

甲斐守ヨッシー❖甲州軍団❖さん[2019年03月09日]
深見歴史の森スポーツ広場の駐車場を利用しての攻城です!
深見歴史の森スポーツ広場の駐車場はちょっと分かりにくかなと大和プレス本社工場の裏側に有ります!
駐車場を出て右に行くと野球場が有ります、そこを右に行くと舗装道路が有りそこを左に行くと定番の縄張り図の案内板です、そこが天竺坂の入り口です!
某は縄張り図の案内板を正面に見て右に行き畑の中の道を城跡の方へ入り攻め込みました!
畑の風景がとても素敵です!
深見城跡はこじんまりとした城跡ですが主郭の外に小さな郭群に虎口等の技巧を凝縮した見応え有りの城郭かと思いますので是非攻め込んでみて下さい!

愛甲左京大夫E231系さん[2018年11月21日]
国道246号にほど近い境川右岸の丘がそのまま城になっています。
昼なお暗い森に覆われた一本道が、堀底道である天竺坂で、東隣が主郭の土塁・切岸です。草木に覆われていますが存在はハッキリ分かります。柵で仕切られていますが立入禁止では無いようです。
全体的に草藪に覆われ、空堀も半ば埋まっていますが遺構は明瞭で、廃城感満点です。特に主郭南東側の空堀、小さな曲輪が織りなす造形が見事です。
規模は小さいですが、廃な雰囲気を味わいたい向きにはお薦めです。

駿河守黒備え馬賊さん[2011年02月12日]
以前は、笹薮などで主郭の中央部は、薮でしたが現在は、植生調査で、薮と雑木が刈られ主郭全体を見る事が出来ます(^_^)v

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。