志布志城(しぶしじょう)

志布志城の基本情報

通称・別名

所在地

鹿児島県志布志市志布志町帖字松尾他

旧国名

日向国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

救仁院氏

築城年

保安年間(1120〜1124)

主な改修者

主な城主

救仁院氏、楡井氏、畠山氏、新納氏、肝属氏、鎌田氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪[内城・松尾城・高城・新城]、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

国史跡(志布志城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

櫛間城(宮崎県串間市)[12.4km]
松山城(鹿児島県志布志市)[12.5km]
北原城(鹿児島県鹿屋市)[17.4km]
日輪城(鹿児島県曽於市)[22.3km]
高山城(鹿児島県肝属郡)[23.1km]

志布志城の解説文

志布志城(しぶしじょう)は、鹿児島県志布志市志布志町に残る中世山城。国の史跡。

沿革
築城年代は不明であるが、南北朝時代からこの地が戦乱に巻き込まれたことに伴い次第に拡充されていったと考えられる。名前がはっきりしているところで12世紀から救仁院氏、楡井氏、畠山氏、新納氏、肝付氏と次々と城主が変わった。守護大名・島津氏久が本拠としたこともある。

1577年(天正5年)、志布志は島津氏の直轄地となり、初代の地頭として鎌田政近が任命された。その後も外城として重要な役割を果たしたものの、一国一城令で廃城となった。しかし、建物が無くなっただけで破壊はされなかったらしい。

1993年(平成5年)3月24日に内城(うちじょう)跡が鹿児島県指定史跡になり、さらに2005年(平成17年)7月14日に国の史跡に指定された。 志布志城主新納是久の娘島津常盤(梅窓院)がいる。

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(197番)に選定された。

構造
志布志市街地を囲む全ての山が志布志城と言っても過言ではなく、志布志小学校の裏山の「内城」、その西側の山にある「松尾城」、志布志中学校前の「高城」と「新城」という4つの城を総称して志布志城と呼ばれていた。「内城」は南北600メートル東西300メートル、6つの廓からなり、その間は空堀で遮る構造となっている。

志布志城の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
新城とか内城とか何個か城が沢山あり、全てを含めて志布志城です。

町に駐車場がありそこに城の配置が書かれた看板ありますので、それを見て駐車場から歩いて書く城に行きましょう。

一つは中学校になっていたり、一つは草ぼうぼうだったり、内城は少し整備されてます。

尾張守だもんで様[2016年12月27日]
最新情報。内城にだけ行きましたが、大小の倒木がそこらじゅうにあります。各郭の藪化も酷いです。それでも見応えは充分にあります。案内板だけはそこらじゅうにあるので、それを頼りに時間をかけてじっくり見てまわりたい城です。

カーネル様[2015年12月01日]
志布志駅から内城へ。20分ちょい歩きます

市街地から城域に入ると雰囲気が一変。多くの曲輪と堀が圧巻です
道は入り組んでますが、要所に案内図があるので迷うことはないです。が全部見ようとすると、なかなかの距離を歩くことになりました

時間もあるので松尾城へ。平山氏庭園の前を西へ。松尾城入口の標識があるので登ります
こちらは、一本道で本丸へ。内城に比べるとさびしい感じ
下山後は、新城と高城跡である志布志中学校を不審者と思われないようにチラ見しながら、1周して駅へ向かいました。普通の学校でした

全部で2時間半で志布志駅に戻りました

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

コロ助様[2015年09月16日]
志布志駅から内城大手口まで徒歩20分。

写真で一目惚れし、ずっと行きたくて勝手に期待を膨らませていましたが、実物は期待を軽々越えました。
素敵過ぎて溜め息ばかり。堀底から見上げる、絶壁の曲輪がカッコイイ!

2週間前に行ったのですが、中野久尾曲輪辺りに倒木、矢倉場辺りに倒竹?が多く、階段も流れた土や落葉で半分程埋まっていました。
小さな物ばかりですが、最近崩れた様な部分が数ヵ所。大野久尾曲輪は、私の肩ぐらいまで草がノビノビ。
何故か沢蟹がたくさん、踏まない様に注意。

内城と松尾城を回るつもりが、4時間弱で埋蔵文化財センターと内城だけ。
センターは志布志駅から徒歩15分(無料)。内城復元模型が立派なので時間があれば立ち寄ってもいいかもしれません。

コインロッカーは無いですが、観光案内所で預かって頂けます(17時まで)。
案内所の方は、17時ギリギリに荷物を取りに駆け込んだ、汗と雨と泥でグチャグチャの汚い私に「急いで受取りに来てくれたんですね。ありがとうございます。」と笑顔で仰る超いい人。お世話になりました。また伺いたいです!

常陸入道ねんさい和泉守様[2014年05月28日]
国道220号線沿いの志布志高校の向かいに志布志市埋蔵文化財センターがあり志布志城の模型や資料を展示している。

志布志小学校の隣、平山庭園のそばに観光用の駐車場が整備されている。
トイレもある。
城内は木が生い茂った場所は昼間でも少し暗かった。各曲輪と曲輪間の空堀がよく残る。

June02様[2011年02月13日]
内城は、4城のうち志布志城の主郭を成しています。
内城においては、各分岐点に案内板、遊歩道として整備されていますが、各廓間の空堀の為、起伏のある散策路となっています。本丸跡は、木々が乱立?、その他廓は平場で奥行があり、1時間強程で結構楽しめる城郭でした。
写真は、内城の大空堀趾です。
松尾城は、投棄ゴミの散乱により、他2城は時間の都合上、それぞれ断念しました。
また、城下の武家屋敷地区の武家門には風情を、湧水群には情緒を感じられます。
志布志駅観光案内所で、無料で自転車を借りれます。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore