大内氏城館(おおうちしじょうかん)

大内氏城館の基本情報

通称・別名

大内氏城館[大内館・築山館・高嶺城]

所在地

山口県山口市大殿大路他(地図は大内館を示す)

旧国名

周防国

分類・構造

城館遺跡群

天守構造

築城主

大内弘世[大内館]、大内教弘[築山館]、大内義長、毛利元就[高嶺城]

築城年

14世紀中期〜15世紀中期?[大内館]、室町時代[築山館]、弘治2年(1556)[高嶺城]

主な改修者

主な城主

大内氏[すべて]

廃城年

弘治3年(1557)[大内館・築山館]、 寛永15年(1638)[高嶺城]

遺構

土塁[大内館・築山館]、曲輪、横堀(空堀)、石垣、井戸[高嶺城]

指定文化財

国史跡(大内氏遺跡)

再建造物

石碑、説明板[すべて]、西門、空堀、土塁[大内氏館]

周辺の城

山口城(山口県山口市)[0.8km]
障子ヶ岳城(山口県山口市)[2.0km]
古城ヶ岳城(山口県山口市)[2.2km]
陶氏館(山口県山口市)[11.0km]
白水山城(山口県山口市)[11.5km]

大内氏城館の解説文

大内氏城館は、周防国・長門国を本拠とした大内氏に関わる、大内氏館・築山館・高嶺城の総称。

大内氏館
大内氏館(おおうちしやかた)は、山口県山口市大殿大路に建てられた城館で、周防国・長門国を本拠とした大内氏の居館(守護館)である。「大内氏遺跡附凌雲寺跡」として国の史跡に指定されている。

概要
大内氏24代当主の大内弘世が、山口を本拠と定め移り住んだ時に築かれた居館で、京都を模した山口の街に似つかわしく城ではなく館として建てられた。そのため、詰の城として背後に高嶺城がある。

最盛期の館は堀を含めると東西160m・南北170m以上の規模を誇る方形の居館で、京都の将軍邸を模しているとも言われる。初期は、館は溝と塀で囲まれている程度だったが、15世紀中頃には空堀と土塁によるある程度の防御力を備えた城館になった。堀はさらに南側にも伸びていることから、土塁で囲まれた部分よりさらに南にも関連する施設があったと推定されている。

館のすぐ北側には別邸として築山館(築山御殿)が築かれており、大内氏館は住居として、築山館は迎賓館的な役割の場として使われていたと思われる。また、館の南東部には大きな池を持った庭園があり、北西部には枯山水の庭園、現在の龍福寺の南東でも詳細不明の庭園が存在していた。

沿革
正確な建築時期は不明であり、江戸時代に描かれた「山口古図」によると14世紀半ばの1360年頃とされるが、発掘調査によると1400年代半ば第13代大内教弘の建築である可能性が高いとされる。

大内氏の繁栄とともに“西の京都”山口として栄えたが、弘世の子・大内義弘の頃にはもう手狭になったようで、すぐ北側に築山館を築いている。大内氏館もその領土の拡大とともに最低5回の増築を繰り返されていることが発掘調査により確認されている。

大内義隆の時代の天文20年(1551年)に家臣の陶隆房の謀反により山口は灰燼に帰した(大寧寺の変)。この時の大内氏館の状況は不明であるが、変の後は、新たな大内氏の当主となった大内義長が大内氏館に入った。

弘治2年(1556年)に毛利元就が侵攻(防長経略)してくると、大内義長は山口を放棄して逃亡。大内氏館もその役目を終えることとなった。そして翌年、同地に毛利隆元が大内義隆の菩提を弔うために龍福寺を建立している。
...

大内氏城館の口コミ情報

五瓜ニ唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
駐車場あり。
お寺になっていますので、神社の駐車場になります。
お寺は何時でも入れます。
お寺の周りを土塁があり、門など遺構があります。

尾張守だもんで様[2017年01月28日]
高嶺,凌雲寺跡,氏館の順に行きました。築山館はパスしました。国指定の見事な史跡なのに口コミがないので書きます。

高嶺城へは山麓の木戸神社の脇道で城郭まで行けます。谷側にはガードレールがなく、山側には溝があり、すれ違うことは無理な程度に狭いです。終点のFM中継所には4,5台駐車できるスペースがあります。
高嶺城は北尾根の曲輪群がメインです。そちらの説明は必要ないかと。南尾根には3つほど腰曲輪を降り、大きな石がごろごろしてる辺りを左に行くと立派な石垣があります。

凌雲寺跡は高嶺城の西方にありますが、直接西進できないので、国道に戻ってから別の道を北上します。山口まで来たら是非行ってみてください。街中からさほど離れておらず、日本の元風景とも言えるような谷間にちょこんと石塀が残っています。

氏館は神社になっています。周囲には土塁が整備されています。神社には義興の立派な馬上像があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore