敷山城(しきやまじょう)

敷山城の基本情報

通称・別名

敷山験観寺

所在地

山口県防府市大字牟礼上敷山

旧国名

周防国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

鎌倉時代中期[敷山験観寺]

主な改修者

主な城主

清尊・教乗

廃城年

遺構

曲輪、石垣、礎石、寺坊跡

指定文化財

国史跡(敷山城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

右田ヶ岳城(山口県防府市)[3.5km]
若山城(山口県周南市)[12.2km]
米光城(山口県周南市)[14.0km]
大内氏城館(山口県山口市)[15.4km]
陶氏館(山口県山口市)[15.6km]

敷山城の解説文

敷山城跡は、山口県防府市牟礼の北西にそびえる矢筈ケ岳(やはずがだけ)標高460mの南面8合目付近に位置し、元亀2年(1571)まで敷山験観寺(けんかんじ)が建っていたところである。

元弘3年(1333)、鎌倉幕府が滅び、後醍醐天皇による建武の新政が始まったが、天皇中心の政治に反対する足利尊氏が、延元元年(1336)1月に兵をあげた。周防・長門の武将の多くが尊氏に味方して上京するなか、周防国衙の役人で後醍醐天皇方の小目代清尊(しょうもくだいせいそん)・検非違使教乗(けびいしきょうじょう)らは、尊氏に敵対し、験観寺を城として立てこもった。

しかし、尊氏が差し向けた軍勢により、同年7月4日に陥落した。

現在は、清尊らが立てこもった本堂の礎石や数か所の坊跡、梵字岩などが残っている。

情報提供:防府市教育委員会教育部文化財課

敷山城の口コミ情報

レノサポ親父内匠頭様[2010年09月26日]
わかるかな~
山の中腹に白い岩があるのが
そこが、城跡です。

小学生の頃、遠足で登りました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore