堀内新宮城(ほりうちしんぐうじょう)

堀内新宮城の基本情報

通称・別名

堀内氏屋敷

所在地

和歌山県新宮市千穂1(全龍寺)

旧国名

紀伊国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

堀内氏善

築城年

天正年間(1573〜1592)

主な改修者

主な城主

堀内氏

廃城年

遺構

堀跡

指定文化財

市史跡(堀内氏屋敷跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

新宮城(和歌山県新宮市)[0.7km]
京城(三重県南牟婁郡)[6.4km]
下里城(和歌山県東牟婁郡)[16.7km]
赤木城(三重県熊野市)[19.0km]
鬼ヶ城(三重県熊野市)[21.8km]

堀内新宮城の解説文

堀内氏の「堀内新宮城」(堀内屋敷)は、天正年間(1573-1593年)に熊野地方を統治した堀内安房守氏善が構えた平城であり、その城跡は、新宮市千穂にある全龍寺(新宮城主・水野重仲〈重央〉の菩提寺)に位置し、西側に水堀の一部が認められる。

この堀内氏の居城は、堀内氏が関ヶ原の戦いで西軍方についたため、東軍(徳川)方に寝返った桑山一晴により攻略された。ちなみに、全龍寺の近くにつけられた「取出町」という地名は、氏善の砦があったことによるといわれる。

堀内新宮城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore