曾根城(そねじょう)

曾根城の基本情報

通称・別名

曽根城、一名浄の城、宇杉城、つつじ城

所在地

三重県尾鷲市曽根町字杉城

旧国名

紀伊国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

曽根弾正(佐々木宇右衛門)

築城年

弘治年間(1555〜1558)

主な改修者

主な城主

曽根氏

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)、石垣、井戸

指定文化財

市史跡(曽根城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

鬼ヶ城(三重県熊野市)[10.8km]
後山城(三重県北牟婁郡)[15.7km]
赤木城(三重県熊野市)[23.5km]
京城(三重県南牟婁郡)[27.5km]
長島城(三重県北牟婁郡)[29.7km]

曾根城の解説文

曾根城(そねじょう)は現在の三重県尾鷲市に存在した日本の城(山城)である。曽根城とも表記される。

概要
標高180m、比高178mの山頂に建てられた。東西130m、南北30mの、10の郭があり、2箇所の掘割によって防御されていて、本丸は露出した巨岩を石垣の代用としている。尾鷲市の市指定史跡に指定されている。

歴史
弘治年間(1555年 - 1558年)に近江国甲賀の佐々木宇右衛門(一般には曽根に来て名乗ったとみられる曽根弾正と呼ばれる)が、曽根村落内に構えた居館の裏山に築城した。

曾根城の口コミ情報

出羽守きこりん様[2016年04月11日]
地元では「浄の城」と呼ばれ、ツツジの名所であり、この時期は麓の集落から点々と「浄の城つつじ祭り」というのぼり旗が掲げられています(残念ながら今年は花の付きが悪いそうです)。
集落の中を通ってゆく城跡への道は非常に狭く、勾配の変化も激しいので、大きい車や低車高の車では行かないほうがいいでしょう。駐車場は車道の終点までに3箇所あります。真ん中の駐車場と最後の駐車場の間の車道沿いには、江戸時代に築かれた猪垣があり、大変素晴らしい物なので、真ん中の駐車場に停めて登りながら眺めることをおすすめします。
車道から上の遊歩道は急勾配ながらしっかりと整備されており、10分程度の登りで城跡の尾根にたどり着きます。
自然の巨岩をうまく利用した縄張りが面白く、また後世の歩道整備のものと区別がつきにくいものの石積みも多く見られます。物見岩からの賀田湾の眺望も素晴らしいです。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore