曾根城(そねじょう)

曾根城の基本情報

通称・別名

曽根城、一名浄の城、宇杉城、つつじ城

所在地

三重県尾鷲市曽根町字杉城

旧国名

紀伊国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

曽根弾正(佐々木宇右衛門)

築城年

弘治年間(1555〜1558)

主な改修者

主な城主

曽根氏

廃城年

遺構

曲輪、横堀(空堀)、石垣、井戸

指定文化財

市史跡(曽根城跡)

再建造物

説明板

周辺の城

鬼ヶ城(三重県熊野市)[10.8km]
後山城(三重県北牟婁郡)[15.7km]
赤木城(三重県熊野市)[23.5km]
京城(三重県南牟婁郡)[27.5km]
長島城(三重県北牟婁郡)[29.7km]
新宮城(和歌山県新宮市)[31.8km]
堀内新宮城(和歌山県新宮市)[32.5km]
三里城(和歌山県田辺市)[41.5km]
下里城(和歌山県東牟婁郡)[48.8km]
吉野城(奈良県吉野郡)[51.2km]

曾根城の解説文

曾根城(そねじょう)は現在の三重県尾鷲市に存在した日本の城(山城)である。曽根城とも表記される。

概要
標高180m、比高178mの山頂に建てられた。東西130m、南北30mの、10の郭があり、2箇所の掘割によって防御されていて、本丸は露出した巨岩を石垣の代用としている。尾鷲市の市指定史跡に指定されている。

歴史
弘治年間(1555年 - 1558年)に近江国甲賀の佐々木宇右衛門(一般には曽根に来て名乗ったとみられる曽根弾正と呼ばれる)が、曽根村落内に構えた居館の裏山に築城した。

曾根城の口コミ情報

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



鯨石を見たら帰り道の途中で、最初の空堀の底に出てきます。お腹いっぱいになりましたので下山です。橋を、渡り時計の反対周りで散策する感じで歩いて下さい。お疲れ様でした。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



大坂城の蛸石には遠く及ばないがこの高い場所としたら凄い。あまり他に見た事がありません。大きな口を海側へ向けて横たわった鯨の形です···。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



最後は見落とさないでこの鯨石を見て行って下さい。矢印の方へ進むと···。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



主郭の海側(多分南側)からの石垣。ここまで運んだのか元々ここら辺の石を組み上げたのかどちらかな?

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



主郭の親分さん見たいに見張りしてる桜の神木。ここでブルーシート引いて朝コーヒーしました。貸切り状態で楽しい時···。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



崩落した主郭角の石垣かと思う。どこもかしこも苔、苔、苔です。テラリウムの世界に入ったようです。これ系が好きな方はオススメこ城です。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



主郭も自然に取り込まれてラピュタ状態です。見惚れてしまう苔石がたくさんです。そして森林浴が気持ちいい!

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



井戸跡の近撮影。自然石かどうか分からないが曽根城の石垣群、井戸跡他も凄い事になってます。時間が押していく!

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



お待たせしました、主郭です。苦労の甲斐あり「とったぞ!」ですわ。縦横10メートル位の方形です。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



降りて来た所に井戸跡です。落ちたら危ない観点から蓋石を上にある状態です。深さは未確認。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



物見岩からの湾岸の景観です。行き交う漁船や釣船が確認できます。ここ狭いのがたまにキズ。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



主郭の手前に物見岩。高さそれほどないが、足の落とし所が悪いので注意⚠を。苔石たくさんなので。海が見えますよ(笑)

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



巨石に(つつじが城)山道には蕾を膨らませたつつじがたくさんです。見所は五月中旬頃かな?

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



空堀底に降りた所、地面は苔とシダ類の天国のような鬱蒼さ。涼しい冷気の霊気です。よ(笑)

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



真横からの空堀の遺構。久しぶりに深いのを拝見。これだけ高い場所にこの規模とは。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



橋の真ん中からの空堀です。身長の2倍差です。しかし静かで貸切り状態。あちこちに休憩ベンチがあり休み休み見て下さい。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



人口橋が架かるここ空堀です。橋の真ん中へ来て深さを堪能して下さい。ここまでで休憩しながら1時間弱です。

2019年05月09日 シバヤン丹波守雲外蒼天
曾根城



この看板まで幾度も腰を下ろして登りました。案内板裏に盛土が···早くも土塁の御出迎えです(笑)皆さんしんどいですがここは見所満載の城ですよ。

2016年04月11日 紀伊守きこりん
曾根城

地元では「浄の城」と呼ばれ、ツツジの名所であり、この時期は麓の集落から点々と「浄の城つつじ祭り」というのぼり旗が掲げられています(残念ながら今年は花の付きが悪いそうです)。
集落の中を通ってゆく城跡への道は非常に狭く、勾配の変化も激しいので、大きい車や低車高の車では行かないほうがいいでしょう。駐車場は車道の終点までに3箇所あります。真ん中の駐車場と最後の駐車場の間の車道沿いには、江戸時代に築かれた猪垣があり、大変素晴らしい物なので、真ん中の駐車場に停めて登りながら眺めることをおすすめします。
車道から上の遊歩道は急勾配ながらしっかりと整備されており、10分程度の登りで城跡の尾根にたどり着きます。
自然の巨岩をうまく利用した縄張りが面白く、また後世の歩道整備のものと区別がつきにくいものの石積みも多く見られます。物見岩からの賀田湾の眺望も素晴らしいです。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore