木ノ芽峠城(きのめとうげじょう)

木ノ芽峠城の基本情報

通称・別名

所在地

福井県南条郡南越前町二ツ屋

旧国名

越前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

朝倉義景

築城年

永禄12年(1569)

主な改修者

主な城主

堀氏(朝倉氏家臣)、阿閉氏(織田氏家臣)

廃城年

遺構

曲輪、土塁、堀切

指定文化財

町史跡

再建造物

説明板

周辺の城

岡崎山砦(福井県敦賀市)[5.2km]
燧城(福井県南条郡)[7.7km]
天筒山城(福井県敦賀市)[8.2km]
金ヶ崎城(福井県敦賀市)[8.3km]
敦賀城(福井県敦賀市)[9.9km]
杣山城(福井県南条郡)[11.9km]
玄蕃尾城(福井県敦賀市)[13.6km]
疋壇城(福井県敦賀市)[13.6km]
東野山城(滋賀県長浜市)[19.0km]
国吉城(福井県三方郡)[19.6km]

木ノ芽峠城の口コミ情報

2022年05月26日 しぇるふぁ加賀守
観音丸城[木ノ芽峠城  周辺城郭]



案内板は経年劣化のためか盤面だけ剥がれてました。城址碑は「観音寺丸城」となっていますが、間違い表記か別名称と思われます。町史跡登録名称は「観音丸城」と「寺」がない表記になっており、こちらが正式名称と思われます。現地は堀切が残っていました。

2022年05月26日 しぇるふぁ加賀守
木ノ芽峠城



前登城者の口コミから、峠に住んでいる人がいる、番犬がいるとの前情報を持って登城。峠までは10%ほどの急坂道でしたが、林道が整備されています。また、言奈地蔵(いうなじぞう)と呼ばれる地蔵堂の真下にあるマス10台の無料駐車場があり、車でもらくらく来れました。

駐車場から歩いて5分ほどの場所に峠はありました。いざ登って見ましたが、人や番犬の姿はなかったです。峠の茅葺き屋根の家も固く閉ざされていて、人の気配はありませんでした。峠には平重盛の墓と住人の先祖の方と思われる墓、道元禅師(永平寺の開祖)の歌碑がありました。なお、木ノ芽峠城の本丸跡と思われる場所は私有地っぽい感じがしたので登城は断念しました。

また、木ノ芽峠城以外に西光寺丸城、観音丸城、鉢伏城がありますが、観音丸城は北陸電力の鉄塔点検用登山道が峠頂上から右手に分かれており、そこから行くことができました。西光寺丸城は、別口で登城道があり、駐車場から続く峠下の林道をさらに300mぐらい進んだところに登城道入口があります。鉢伏城は、木ノ芽峠下の倒壊した茶屋小屋のすぐ近くにコンクリ舗装の急坂の道が分かれていると思いますので、それを登っていくといけます。難易度的には鉢伏城が一番ハードかなと思います。コンクリ舗装の道が整備されていますが、常時15%くらいの急坂が400mぐらいつづいており、とにかく登るのと帰りは膝関節を痛めてしまうのではないかと思うくらい、降りて行くのがきつかったです。ただ、鉢伏城は眺望台になっていて一面に敦賀湾の景色が広がっていて絶景でした。なので、達成感はありましたね。

途中、周辺を知る住民(峠の住民ではない)の方とすれ違い、少しお話ししました。すると、3月2日に峠の住民の方が亡くなっていたという事実を聞き、とてもびっくりしました。今は親類と思われる方がときどき茅葺き屋根の家の点検に来るそうです。

ちなみにその亡くなった峠の住民の方は福井テレビの地元ニュース番組でも特集されていて、今でもその特集のweb記事が残っているのですが、その記事によればなんでも平氏の末裔で、平清盛から数えて37代目にあたる方だったそうです。私的にはぜひお会いしてお話ししたかったなぁと思い、ちょっと残念だなとおもいました。

2022年04月21日 近江守Silvine
木ノ芽峠城

本日登城しましたが、私有地云々の看板はなくなっていました。峠の建物も番犬も人もいませんでした。昨冬は雪がひどかったのでそのせいかもしれません。

2019年02月03日 Marky武蔵守
木ノ芽峠城

追記。木ノ芽峠を通るだけで番犬に吠えられ、余所者を嫌っている地主の方にボロクソ言われるので、現状では登城は無理かと思います。

2016年05月25日 Marky武蔵守
木ノ芽峠城

木ノ芽峠に地主の方が番犬3匹と共に住んでいます。


2012年06月03日 北川幸人
木ノ芽峠城

城跡は私有地であり 当家代々の生活の場なり の看板が木の芽城塞群図の近くにあり。

木ノ芽峠城の周辺スポット情報

 平重盛の墓碑(碑・説明板)

 道元禅師の歌碑(碑・説明板)

 木ノ芽峠碑(碑・説明板)

 観音丸城(周辺城郭)

 西光寺丸城(周辺城郭)

 木の芽峠鉢伏城(周辺城郭)

 武田耕雲斎本陣(周辺城郭)

 言奈地蔵(寺社・史跡)

 旧 新保宿(寺社・史跡)

 木ノ芽峠 峠茶屋トイレ(トイレ)

 今庄365スキー場トイレ(トイレ)

 言奈地蔵下駐車場(駐車場)

 今庄365スキー場駐車場(駐車場)

 前川家住宅(関連施設)

 明治天皇御膳水(木ノ芽川源流)(関連施設)

 栃ノ木峠(その他)

 笠取峠(その他)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore