金ヶ崎城(かねがさきじょう)

金ヶ崎城の基本情報

通称・別名

所在地

福井県敦賀市金ケ崎町1-1

旧国名

越前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

平通盛

築城年

平安時代後期

主な改修者

主な城主

新田義貞

廃城年

遺構

曲輪、堀切、堅堀

指定文化財

国史跡(金ヶ崎城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

天筒山城(福井県敦賀市)[0.9km]
敦賀城(福井県敦賀市)[1.6km]
疋壇城(福井県敦賀市)[7.7km]
岡崎山砦(福井県敦賀市)[8.2km]
木ノ芽峠城(福井県南条郡)[8.3km]
国吉城(福井県三方郡)[11.4km]
玄蕃尾城(福井県敦賀市)[11.9km]
燧城(福井県南条郡)[16.0km]
東野山城(滋賀県長浜市)[17.3km]
塩津城(滋賀県長浜市)[17.9km]

金ヶ崎城の解説文

金ヶ崎城(かながさきじょう・かねがさきじょう)は、福井県敦賀市金ヶ崎町にあった日本の城。別名敦賀城(つるがじょう)。城跡は国の史跡に指定されている。

概要
敦賀市北東部、敦賀湾に突き出した海抜86mの小高い丘(金ヶ崎山)に築かれた山城である。 治承・寿永の乱(源平合戦)の時、平通盛が木曾義仲との戦いのためにここに城を築いたのが最初と伝えられる。現在でも月見御殿(本丸)跡、木戸跡、曲輪、堀切などが残り、1934年には国の史跡に指定されている。

金ヶ崎城跡のふもとには、足利氏と新田義貞の戦いで城の陥落とともに捕縛された恒良親王と、新田義顕とともに自害した尊良親王を祀った金崎宮(かねがさきぐう)がある。

歴史
南北朝時代
1336年(延元元年/建武3年10月13日、足利尊氏の入京により恒良親王、尊良親王を奉じて北陸落ちした新田義貞が入城、直後、足利方の越前守護斯波高経らの軍勢に包囲され兵糧攻めにされる。翌1337年(延元2年/建武4年2月5日)、義貞らは、闇夜に密かに脱出し、杣山城(福井県南条郡南越前町)で体勢を立て直す。2月16日、義貞は金ヶ崎城を救援しようとするも敦賀郡樫曲付近で足利方に阻まれる。3月3日、足利方が城内に攻め込み、兵糧攻めによる飢餓と疲労で城兵は次々と討ち取られる。尊良親王、新田義顕(義貞嫡男)、城兵300名は城に火を放ち自害、恒良親王は捕縛され、3月6日、落城する。

1338年(延元3年/暦応元年)4月(旧暦)には越前の軍事的主導権を握った義貞に奪還されるが、その後、足利方の越前平定により、越前守護代甲斐氏の一族が守備、敦賀城と称した。

室町時代
1459年(長禄3年5月13日)、守護斯波氏と守護代甲斐氏の対立が深まり(やがて長禄合戦に発展)、古河公方足利成氏征討の幕命を受けた斯波義敏は兵を引き返して金ヶ崎城を攻撃するも、甲斐方の守りは堅く、義敏方は大敗した。この戦いは8代将軍足利義政の怒りを買い義敏は失脚した。

戦国時代
朝倉氏が越前を掌握した後は朝倉氏一族の敦賀郡司がここを守護していた。 1570年(元亀元年4月26日)、援軍が遅れたため、郡司朝倉景恒は織田信長に対し開城する。しかし、浅井長政が離反して近江海津に進出し挟撃戦になったため、信長は木下藤吉郎(豊臣秀吉)らに殿(しんがり)を任せ、近江朽木越えで京に撤退する(金ヶ崎の戦い)。

金ヶ崎城の口コミ情報

2020年09月07日 めぐむ
金ヶ崎城

金崎宮の裏から岬の方経由で登る方が楽です。月見御殿(本丸跡)は崖崩れでロープが張ってあり立ち入り禁止でした。(またいで入りましたが 汗)

2020年08月30日 だんでい日向守
金崎宮[金ヶ崎城  寺社・史跡]



少しわかりにくいてますが、金ヶ崎宮専用の駐車場があります。駐車場からは階段を少し登れば金ヶ崎宮の社務所で、ここで御城印も購入出来ます。

2020年08月16日 とざちゃん
金崎宮[金ヶ崎城  寺社・史跡]



金崎宮の社務所にて2020年1月より配布がはじまった金ケ崎城の御城印を入手できます。もちろん金崎宮の御朱印もあります。

2020年06月07日 cxbx110
朝倉神社[金ヶ崎城  寺社・史跡]



朝倉宗滴などの朝倉氏を祀ってある神社です

2019年04月30日 
金崎宮[金ヶ崎城  寺社・史跡]



金ヶ崎は南北朝時代や戦国時代に戦いの場となった城跡で、境内には後醍醐天皇の皇子を祀る金崎宮が創建されています。

2018年11月18日 小田出羽守氏治
金ヶ崎城

金ヶ崎城の駐車場から登城しました。
駐車場の後ろにはJR敦賀港線の廃線跡(正式には休止)があります。
登城道はハイキングコースとして整備されています。
しばらく登ると、金ヶ崎合戦の石碑があります。
それからすぐのところに月見御殿があります。
月見御殿は、南北朝時代には金ヶ崎城の本丸として使われていました。
戦国期にはその名の通り、ここで月見が行われていました。
ここからは、敦賀湾の絶景を眺めることができます。
少し戻ると天筒山展望台という看板があり、その看板の指示通りに進むと天筒山城跡に行くことが出来ます。
天筒山城へ続く尾根道は整備されているため、特別な装備は必要ありません。
尾根道からは堀切や畝状竪堀群を見ることが出来ます。
このまま道なりに進むと大きな堀切があり、大きな堀切を超えると天筒山城跡に行くことが出来ます。

金ヶ崎城の駐車場~金ヶ崎城跡~天筒山城跡~金ヶ崎城の駐車場と回って、所要時間は約1時間30分でした。

2015年12月17日 カーネル
金ヶ崎城

金ヶ崎城へは、天筒山城を経由した縦走コースでも行けますよ

敦賀駅から北に歩き、天筒山の南南西にある登山口から登る
天筒山城の本丸を通過して、そのまま北西に尾根を進むと金ヶ崎城へ行けます。尾根から見下ろすセメント工場のパイプがかっこいいですよ

歩道は舗装されていて、歩きやすいです
標識はあるけど、地名がわかっていないとどちらに行っていいのかわからないので、予習していれば安心です

下山後は金崎宮でお参りしてから市中を歩いて敦賀城に行き、その後、敦賀駅へ戻りました。敦賀市内はアーケードがあって傘いらずがうれしい

敦賀駅-天筒山城-金ヶ崎城-金崎宮-敦賀城-敦賀駅で3時間弱かかりました。その前の小谷城のダメージもあったり、終日の雨ということもあって疲れた

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです


2015年03月14日 うえおー織部佑
金ヶ崎城

散策道に熊出没注意の看板が。。。鈴持っていった方がよさそーですね。

2010年09月26日 古楽侍従広家
金ヶ崎城

三つの城戸跡にある堀切が見応えありですね。

2010年08月09日 傾奇揚げ仙兵衛
金ヶ崎城

月見御殿から眺望は・・・生コン工場に原発 名前のわりに風流ではない

2010年07月03日 tomm加賀守
金ヶ崎城

金ヶ崎宮は「恋愛成就・難関突破」で有名です!

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore