疋壇城(ひきたじょう)

疋壇城の基本情報

通称・別名

疋田城

所在地

福井県敦賀市疋田

旧国名

越前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

疋田久保

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

疋田氏

廃城年

天正元年(1573)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、石垣

指定文化財

県史跡(疋壇城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

敦賀城(福井県敦賀市)[6.7km]
玄蕃尾城(福井県敦賀市)[7.0km]
天筒山城(福井県敦賀市)[7.0km]
金ヶ崎城(福井県敦賀市)[7.7km]
塩津城(滋賀県長浜市)[10.4km]

疋壇城の解説文

疋壇城(ひきだじょう)は、福井県敦賀市疋田にあった山城である。越前の戦国大名であった朝倉氏の近江・越前国境守備の役割を担っていた。疋田城と表記されることもある。福井県の史跡に指定されている。

概要
疋田は、古くからの交通の要衝であり、近江から越前に向かう複数の道が集合する地点となっている。主要な道として、七里半越(国道161号)、新道野越(国道8号)、深坂越、刀根越が挙げられる。軍事上も重要な地であるため、古代には三関のひとつである愛発関があったいわれ、戦国時代初期には朝倉氏により疋壇城が築かれたが、その後、織田信長との戦いを経て同城は廃城となった。現在、城跡付近は大半が畑になっているが、本丸跡、石垣、堀の遺構が残されている。

歴史
・文明年間(1469~87) 朝倉氏家臣の疋壇対馬守久保により築城。
 ・以後、疋壇氏は、城主として七代百余年にわたって続いた。
 ・初代 対馬守 - 2代 左衛門佐 - 3代 兵庫 - 4代 三六郎 - 5代 喜助 - 6代 駒之助 - 7代 与一郎

・元亀元年(1570)
 ・4月26日 織田信長による越前攻めで、金ヶ崎城・手筒山城と共に疋壇城が落城。
 ・4月27日 浅井長政の裏切りで、信長が撤退。その後、疋壇城は修復され、栂野三郎右衛門尉景仍らが布陣。

・天正元年(1573)
 ・8月12日 信長が二回めの越前攻略、疋壇城は再び攻め落とされた。
 ・8月13日 刀根坂の戦いで朝倉軍大敗。
 ・8月20日 一乗谷にて朝倉氏滅亡。

伝承
疋壇城には落城時の悲話が伝わる。刀根坂の戦いで朝倉軍は三千名以上の戦死者を出した。疋壇城で囚われの身となった家臣の鳥居与七郎の妻は、軍卒らの乱暴を受けそうになった。そこで彼女は、「私の父と夫は刀根にて戦死し、母と姉は行方不明だが生きていると思うので、私の身の上を伝えたい。その望みが叶えば御意に従う。」と言った。紙と筆を与え、書状を書き終えると、彼女は近くの古井戸に身を投げた。残した書状を見ると、「世にふれば よしなき雲ぞ おほふらん いざいりてまし 山の端の月」(自らを月にたとえ、生きてこのまま辱めを受けるなら死んでしまおう という意)とあった。軍卒らもその貞烈に涙したという。...

疋壇城の口コミ情報

七州三河守願舟様[2012年01月15日]
疋田の集落から見上げて石垣の畑が見える(これは畑の石垣)。その方への坂を上って行き、割と大きめの堀と石垣の一部が確認できる。そこから更に行くと旧小学校だったグランドがある(二の丸跡地)。そして反対の壁面側が本丸跡。正面の石碑と説明板の所から本丸跡へ上ると柵があり入れず(覗くと本丸跡は一面畑)。諦めようかと線路側に行くと、こちらにも堀があり、本丸へ上がれる通路を発見。本丸内の天守台跡に石碑あり。帰りに畑仕事をしていた方に話を聞き、この辺りは限界集落で厳しいようだ。

古楽侍従広家様[2010年09月26日]
天守から見る曲輪や堀跡など、昔の小学校建設で多少壊されたでしょうがよく残っています。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore