賤ヶ岳砦(しずがたけとりで)

賤ヶ岳砦の基本情報

通称・別名

賤ヶ岳城

所在地

滋賀県長浜市川並、大音

旧国名

近江国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

不明

築城年

不明

主な改修者

桑山重晴

主な城主

東野左馬助・西野壱岐守(浅井氏家臣)、桑山重晴・羽田正親・浅野長政(羽柴氏家臣)

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪、腰曲輪、土塁、堀切、竪堀、切岸

指定文化財

再建造物

周辺の城

田上山城(滋賀県長浜市)[3.0km]
塩津城(滋賀県長浜市)[3.1km]
東野山城(滋賀県長浜市)[5.7km]
山本山城(滋賀県長浜市)[6.3km]
小谷城(滋賀県長浜市)[9.3km]
虎御前山城(滋賀県長浜市)[9.3km]
玄蕃尾城(福井県敦賀市)[10.3km]
小室城(滋賀県長浜市)[11.6km]
海津城(滋賀県高島市)[11.6km]
疋壇城(福井県敦賀市)[13.4km]

賤ヶ岳砦の解説文

賤ヶ岳砦(しずがたけとりで)は、滋賀県長浜市木之本町にある山城。賤ヶ岳の戦いで羽柴秀吉軍が築いた陣城群のひとつである。

遺構
琵琶湖と余呉湖の間に聳える標高421mの賤ヶ岳山頂に築かれている。公園化され、賤ヶ岳の戦いで構築された陣城群の中でもっとも歩きやすい。

山頂部は3つの曲輪で構成され、主郭と思われる最高所の曲輪は土塁で囲まれ、西側の土塁で西側の曲輪とを区画している。

主郭東側の曲輪の東端には外枡形虎口があり、虎口の脇には竪堀が残る。虎口から通じる道筋をたどると、尾根筋には堀切がある。

歴史
築城者や築城年は定かではない。天正元年(1573)に浅井・朝倉軍が布陣した記録がある。

天正11年(1583)の賤ヶ岳の戦いでは、羽柴秀吉方の陣城として戦いの舞台となった。近江・越前の国境に布陣した柴田勝家に抵抗すべく、秀吉は賤ヶ岳と木之本山を中心にいくつもの陣城を構築。賤ヶ岳砦はそのひとつで、桑山重晴、羽田長門が守備し、田上山砦とともに羽柴軍の中心的な陣城として機能していた。

柴田軍の佐久間盛政は、秀吉が大垣へ侵攻している隙を突いて、大岩山砦を急襲し攻略。盛政は岩崎山砦も攻め落とすと、勝家の撤退指示を無視して賤ヶ岳砦の桑山重晴らと対峙した。ところが大垣から驚異的な早さで戻った秀吉軍主力の合流により撃破され、柴田軍は壊滅的な状況に陥った。賤ヶ岳砦も柴田軍の撤退により廃されたと考えられている。

交通
北陸本線木ノ本駅から徒歩約30分で賤ヶ岳リフト乗り場。
北陸自動車道木之本ICから約5分。

参考文献
『近江の山城ベスト50を歩く』サンライズ出版、2006年

文:萩原さちこ

賤ヶ岳砦の口コミ情報

2020年02月07日 葵 主計頭
賤ヶ岳砦



賎ケ岳リフトの営業開始は、今期は4月25日の予定らしいです。登山道も冬季通行止めでした。

2019年05月11日 天道宮内卿早雲
余呉湖はごろも展[賤ヶ岳砦  関連施設]



余呉湖観光館に併設されています。
賤ヶ岳合戦と奥びわ湖の観光案内
毎週日曜 9:30-15:30
玄蕃尾城の続100名城スタンプも設置されています。

2019年01月31日 カーネル
賤ヶ岳砦

北陸線 木ノ本駅から

西口に降り、駅を背に西へ西へ
1.5kmほど進むと川にぶつかるので、右折してすぐの賤ヶ岳橋で川を超える

引き続き西へ向かうが、その先では街中に歴史を紹介する立て札が多数あり楽しい

賤ヶ岳リフト乗り場へ向かいますが、登山道の案内も多数あります。麓の西光禅寺の手前で賤ヶ岳まで1.5kmの石碑がありましたが、リフト脇の案内も残り1.5kmとある。もしかして近道があったか??

キレイに整備された山道を登り、リフトぎりぎりをかすめたりしながら登るとリフト終点に合流

この先で琵琶湖が絶景。駅から70分で山頂。山頂は曲輪で観光地化してる遺構を求めて北上すると土橋と土塁がありました

帰りは麓の伊香具神社に参拝したら、境内に、ここから賤ヶ岳へたどる説明があった。こっちが近道だったか?

続いて駅方面に戻り、線路を超えて田上山城へ


2011年08月02日 古楽侍従広家
賤ヶ岳砦

賤ヶ岳の山頂にある羽柴秀吉が築いた陣城のひとつです。その本丸とも言える部分に石碑があります。ここに立てば曲輪の形式がよくわかります。

羽柴秀吉や柴田勝家の像を置くのではなく、あえてこの姿の名も伝わらないような武者像を置いた方のセンスは素晴らしいです。この像を見るだけで、賤ヶ岳の戦いの苛烈さを伝えている気がします。そんな武者像とは対照的な絶景も、この武者像をより感慨深いものにさせています。

秀吉が戦いに勝利し、決着が付いた後で陣を置いたのが賤ヶ岳砦です。

賤ヶ岳砦の周辺観光情報

賤ヶ岳古戦場

1583年(天正11年)、羽柴秀吉と柴田勝家が覇権を争った「賤ヶ岳の戦い」の戦場跡で、戦跡碑、戦没者の碑があります。また、琵琶湖と余呉湖の2つの湖の景観と史跡を巡る多彩なハイキングコースが整備されています。

情報提供:長浜市産業経済部観光振興課
「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore