玄蕃尾城(げんばおじょう)

玄蕃尾城の基本情報

通称・別名

内中尾山城、内中尾城、玄藩尾城、柳瀬城

所在地

福井県敦賀市刀根/滋賀県長浜市余呉町柳ヶ瀬

旧国名

越前国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

柴田勝家

築城年

天正11年(1583)

主な改修者

主な城主

柴田氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、虎口

指定文化財

国史跡(玄藩尾城(内中尾山城)跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

東野山城(滋賀県長浜市)[5.6km]
疋壇城(福井県敦賀市)[7.0km]
塩津城(滋賀県長浜市)[8.4km]
田上山城(滋賀県長浜市)[10.2km]
賤ヶ岳砦(滋賀県長浜市)[10.3km]

日本100名城・続日本100名城スタンプ情報

番号・名称

(続)140 玄蕃尾城

設置場所

林道突き当たり車止め見学受付ポスト(4月下旬〜11月末のみ)[地図
余呉湖観光館(平日8:30〜17:00。土日祝10:00〜16:00、お昼前後で閉まることも。休業日は12/28〜1/3)[地図
余呉駅(駅職員にお声がけ下さい。)[地図

玄蕃尾城の解説文

玄蕃尾城(げんばおじょう)は、福井県敦賀市刀根と滋賀県長浜市余呉町柳ヶ瀬の県境にあった山城である。天正11年(1583)の賤ヶ岳の戦いにおいて、柴田勝家の本陣が置かれた。平成11年(1999)7月13日に「玄藩尾城(内中尾山城)跡」として国の史跡に指定されている。

概要
柳ヶ瀬山(中尾山)の尾根上に位置し、織田軍と朝倉軍が戦った刀根坂の戦いの舞台の刀根越(倉坂、久々坂ともいう)がすぐ南にある、また北国街道(現在の国道365号)を見下ろせる軍事上の要所に位置している。さらに南側の行市山には、中尾山と行市山を結ぶ軍道を整備したと伝わる勝家の家臣・佐久間玄蕃允盛政の砦があったという。

賤ヶ岳の戦いの際に勝家・秀吉の両軍が布陣した山城の中でも、玄蕃尾城は空堀の深さ、土塁の高さが際立っており、また、現在においても、その遺構がよく残っている。また、定期的な草刈り整備が行われており、縄張り構造が非常によく分かる状態で維持されている。

平成29年(2017)4月6日、続日本100名城(140番)に選定された。

山城の構造
基本構造は南北に並んだ主要な4つの郭であり、土橋で連結され、その広がりは南北約250m、東西約150mに及ぶ。すべての郭を高土塁で囲み、主要な部分は土塁と空堀の多重防御を施している。また、主郭には2つの馬出郭、1つの張出郭が備わっており、腰郭も近傍に位置する。主郭の北東隅には、方形の一段高くなった箇所があり、櫓もしくは天守のような建造物があったと推定される。

主郭部の南側には、食い違いや曲がった隘路を設けた虎口郭が2つ直列しており、刀根越からの敵を迎え撃つ造りとなっている。主郭部北側の搦手の郭は最大の広さを持ち、兵糧などの物資や兵の駐屯のためのスペースであったと考えられる。全体として完成度が高く、山城の最高水準の到達点の一つであるといえる。

歴史
・築城時期
 ・以下のように諸説ある。朝倉氏の山城を勝家軍が整備、または賤ヶ岳の戦いの時期に初めて築城という、主に2つの見方がある。
  ・15世紀の豪族柳ヶ瀬秀行が築城。
  ・朝倉氏の家臣の 疋壇対馬守久保が築城。
  ・朝倉氏の家臣の 朝倉玄蕃助景連が築城。
  ・天正6年頃 柴田勝家が北国街道を整備した際に、越前衆を使い築城。...

玄蕃尾城の口コミ情報

尾張守せんとくん様[2018年10月14日]
余呉駅にスタンプがあると知ったので行ってみたら、改札の窓口から見えました。
そのスタンプを押したいと係員の人に言ったら渡してくれて、係員の目の前で押しました。
こんな形でスタンプがあるので、盗難はなさそうで安心です。
電車の便が約1時間に1本で時間が余るのでアプリにある余呉湖観光館に行ったら、そこにもありました。

虎姫蔵人頭 様[2018年09月25日]
9/24余呉駅でスタンプ押せました。余呉湖観光館にもあるそうです。ただし営業時間は10:00~16:00でした。

さく124S左近衛中将様[2018年09月16日]
9/16刀根側の林道車止め部より徒歩で城郭に向かいましたが、歩き始めてすぐ大木が倒れて道を塞いで通れなくなっていました。

先日の台風の影響かと思われますが隙間からかろうじてくぐり抜け向かいましたが道中倒木だらけ。主郭虎口にも木が・・

城めぐりに支障がありますのでご注意願います。

城好きのハト紀伊守様[2018年06月04日]
滋賀県側から、北上して県道140号のトンネルを抜けてすぐ右折。距離で2キロの舗装された山道の突き当たりが駐車スペースです。
そこにスタンプ、トイレがあります。
そこから15~20分登ったら‥。
山城の雰囲気になり‥。
郭、堀、土橋の景観が見事。
建物はないですが、大満足です。

まるき〜淡路守様[2016年11月12日]
滋賀県側から北陸自動車道、木之本インターを降り北上、国道365号線から県道140号線へ柳ヶ瀬トンネルを抜けた直ぐの(スピード出してると100%見落とす)曲がり角を右折して後は道なりに上がって行くと玄蕃尾城の登城口に行き当たる。

駐車スペースは少し
トイレあり
見学者受付BOXの中に城パンフ
そこから約10〜20分で城址に

土塁や堀が素晴らしく良い状態で残っている…のですね
各曲輪に張り巡らされた空堀が深くて大きい、縄張りが結構広くて歩いていると迷路のように思えてくるのが印象的。整備され過ぎ?ていて見易いのは良いが、正直どの曲輪も同じに見えてきて少し飽きがくる…って言うのが本音。
小学校の遠足でやって来そうな山や丘っぽい…

周りの木々が眺望を遮っているのが少し残念でした。

歩き、城探索、山ランチ、コーヒータイムを入れてたっぷり2時間くらい楽しめました。

麓の柳ヶ瀬トンネルは元線路を利用した一車線の道路、交互通行で信号の最大待ち時間は7分を超えます…
イライラせずに安全運転で〜!

柴崎美作守幸助様[2016年03月27日]
過去の口コミを参考に、春先に攻め込みました♪
林道を長らく登っていきますが、落石が有るし枝もたくさん落ちています。
駐車場は5台分くらいの広さ。
ここから5分ほど登ると久々坂峠に着きますが、雨の後や雪解けシーズンは、山道が川になっている箇所があり、滑ったり足がハマったりするので要注意です!
峠からは10分ほどで城に着きます♪
他の方もオススメされているように、訪れる価値ありです!! テンションが上がります!!

摂津守@ひと休み様[2015年07月12日]
14年9月に登城。

滋賀県と福井県の県境内中尾山の山頂に築かれ、曲輪は全部で8つあり、山頂に主曲輪を構え、各曲輪をなだらかな斜面に配しています。
曲輪周囲には空堀を巡らし、曲輪と曲輪の間は土橋があり、曲輪から空堀を見下ろすと、畝堀を連想させます。
主曲輪の南北の虎口に、枡形虎口、あるいは馬出しなどを配され、遺構がよく残っています。

木下近江守湖一郎様[2015年04月11日]
20150411 登城しました!素晴らしい縄張りです!!整備されてますし、最高でした!
ただ、林道が途中で、折れた木で、車では進めなくなるので、片道40分ぐらい歩かなければなりません!ご注意を!

ひろり様[2012年07月09日]
20120708登城。お天気は霧雨。

『山城の教科書』の様な印象です。「来るなら来い!」と云わんばかりの縄張は素晴らしいです。
「天守閣にしか興味がない城友さんに、土造りの城の素晴らしさを思い知らせたい」、と云う方にはオススメしたいです。

歩きやすく整備はされていますが、春〜秋には蜂や蛇、ダニがいますのでご注意下さい。

三河守コーキしゃん様[2012年05月13日]
賤ヶ岳の戦い。柴田勝家軍本陣。
本丸には天守台があり、虎口二ヶ所の前面には馬出しがあります。
深い空堀と高い土塁に囲まれていて迷路のように複雑です。
陣城と言うより完全にお城です。

三日陸奥守落人様[2011年07月17日]
たぶん3〜4年前の夏ごろだったと思うんですが、駐車場に車を停めたところで蜂の群れに襲われました。ボディやガラスに体当たりしてくるあの音…
あわてて退散しましたが、もしドアを開けてたらと思うと冷や汗ものです。
暑い時期に訪問の際にはご注意を

まったり丹波守様[2011年07月16日]
国道365号線から県道140号線に入り、交互通行のトンネルを抜けてすぐ(トンネル西側)の信号を北に入ります。
数台駐車可能です。

駐車場からはたいして登らないので歩き易い靴なら軽装でも十分です。

堀久太郎秀政様[2010年08月31日]
北国街道沿いですね〜七本槍ですな〜〜

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。