敦賀城(つるがじょう)

敦賀城の基本情報

通称・別名

所在地

福井県敦賀市結城町8

旧国名

越前国

分類・構造

平城

天守構造

不明

築城主

蜂屋頼隆

築城年

天正12年(1584)

主な改修者

主な城主

蜂屋氏、大谷氏、松平氏

廃城年

元和2年(1616)

遺構

移築門

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

金ヶ崎城(福井県敦賀市)[1.6km]
天筒山城(福井県敦賀市)[1.8km]
疋壇城(福井県敦賀市)[7.0km]
岡崎山砦(福井県敦賀市)[9.6km]
木ノ芽峠城(福井県南条郡)[9.9km]
国吉城(福井県三方郡)[9.9km]
玄蕃尾城(福井県敦賀市)[12.0km]
西岡城(滋賀県長浜市)[15.1km]
東野山城(滋賀県長浜市)[17.2km]
燧城(福井県南条郡)[17.6km]

敦賀城の解説文



敦賀城(つるがじょう)は、越前国敦賀郡天筒山(現・福井県敦賀市天筒町)にあった日本の城。

歴史 

1575年(天正3年)に織田信長により越前は平定され、1582年(天正11年)に本能寺の変によって信長が明智光秀に討たれると、羽柴秀吉が台頭。その家臣だった蜂屋頼隆が敦賀の地に入り三層の天守を持つ敦賀城を築城したが、まもなく頼隆は九州平定中に病死したため、代りに1589年(天正17年)大谷吉継が5万石で敦賀城に入城した説、また大谷吉継の前に秀吉の甥である豊臣秀勝が城主となったという説がある。

吉継は敦賀城を水城として大改修した。1600年(慶長5年)に石田三成が秀吉死後に秀吉の遺命を無視し、豊臣家を崩壊させようと画策する徳川家康の打倒を訴えて立ち上がると、再三にわたり「三成に勝機なし」と説得。しかし三成の堅い決心を知り、熱意に感じ入ると、敗戦を覚悟して西軍に加担した。関ヶ原の戦いでは奮戦したが敗北、自刃し、戦後は所領は没収された。

その後、城は吉継の家臣蜂屋将監によって東軍に引き渡され、結城秀康によって代官が派遣されていたが、1616年(元和2年)に一国一城令により、敦賀城は破却された。

廃城以降、主郭部には小浜藩の役所(奉行所、代官所)とお茶屋(陣屋)[1]が置かれた。小浜藩は、1624年(寛永元年)に京極忠高の所領となったが、1634年(寛永11年)に京極氏は松江城へ転封となり、代わって酒井忠勝が小浜藩主となった。以降、幕末までの240余年を酒井氏が支配する。なお、分家である敦賀酒井氏(敦賀藩とも鞠山藩ともいう)の陣屋は旧金ヶ崎城近くに建てられた。明治に入ると、廃藩置県により1871年(明治4年)に県庁舎が置かれたが、さらに警察署、裁判所、病院と変遷した。1909年(明治42年)には、敦賀尋常高等小学校が移転、現在は敦賀西小学校になっている。

現在の敦賀城 

敦賀城伝承地は、北は結城町の赤川、南は三島町の霊山院から稲荷神社、東は水路の残る旧笙の川沿い付近で西小学校・八幡神社・西蓮寺が連なるライン、西は真願寺から敦賀病院を経て霊山院のライン、で囲まれる南北500m、東西300mの範囲という。現在、城跡には城塁を含め、その面影を偲ばせるものはないが、以下の遺構などがある。

  • 敦賀西小学校正門の真横に敦賀城の案内碑があり、慶長年間の国絵図に描かれた三層の天守も刻まれている。2009年、新校舎建設に伴い、小学校グラウンドの発掘調査を実施したところ、敦賀城の時代に相当する建物遺構が発見された。
  • 来迎寺の山門は、城の中門を移築したと伝えられる。
  • 来迎寺の書院には、腰高障子13枚が残る。敦賀城破却時に移されたと伝わる。
  • 真願寺には、敦賀城の礎石が残る。本寺は敦賀城域の北西隅に当たるという。
  • 真願寺から東へ延びる赤川は、敦賀城の堀の遺構と言われる。また伝承範囲の南側と東側にも部分的に水路が残っている。
  • 八幡神社には、敦賀城主大谷吉継が寄進したという本殿の龍の木彫、石灯籠、石鳥居がある。
  • 西蓮寺の西隣には三の丸趾の木柱が建ち、そこから南の稲荷神社付近には三の丸地蔵尊の祠もあり、西蓮寺から稲荷神社の付近が三の丸であったようである。
  • 関ヶ原合戦後、福井藩主となった結城秀康によって、代官が派遣されたことから、結城町の地名が残る。

城址・建造物 

  • 敦賀城案内碑 - 敦賀町奉行所・代官所跡および敦賀県庁跡も兼ねる[2]
  • 三の丸跡碑

ギャラリー

交通 

  • JR敦賀駅から徒歩40分
  • バス「市立病院前」から徒歩5分

参考文献 

  • 石碑『敦賀城の跡 敦賀町奉行所・代官所の跡 敦賀県庁の跡』つるがみなとライオンズクラブ、1997年(平成9年)10月11日建立。
  • 石井左近「敦賀城」『敦賀の城砦』敦賀市民憲章推進会議、1977年(昭和52年)8月1日初版発行、33-36頁。
  • 敦賀市史編さん委員会編「11 近世敦賀の領主たち」『敦賀の歴史』敦賀市役所、1989年(平成元年)11月30日発行、57-61頁。
  • 図録『平成22年度特別展 近世敦賀の幕開け ~吉継の治めた湊町~』敦賀市立博物館、2010年(平成22年)9月、26-32頁
  • 「越前国絵図」(慶長年間)(https://www.library-archives.pref.fukui.lg.jp/archive/da/detail?data_id=011-1001807-0) - デジタルアーカイブ福井(福井県文書館・図書館・ふるさと文学館)
  • - 福井新聞、2010年(平成22年)3月20日記事
  • 「~ 西小グラウンド発掘調査終了 ~敦賀城の一部と見られる遺構 初確認!」(http://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/koho/backnumber/h22/koho-tsuruga-h22-5.files/0000019069.pdf) - 広報つるが 2010年(平成22年)5月号

敦賀城の口コミ情報

2022年09月09日 尼崎城大膳大夫一口城主
敦賀城



9月3日、18きっぷで敦賀に進軍。敦賀駅の観光案内所でお城情報を確認して<港敦賀 観光まち歩きマップ>を手にして敦賀城→金ヶ崎城→天筒山城の順に登城。敦賀駅から敦賀城への進軍中、三の丸跡や若狭街道の石碑も発見しました。敦賀西小学校前に敦賀城についての説明が記された石碑がありました。そこからさらに5分程度路地を進んで行くと眞願寺に辿り着きました。お寺の境内には敦賀城跡の石碑やお城の礎石がありました。観光まち歩きマップによるとお寺近くの闇加川が昔の敦賀城のお堀跡と書かれていました。狭い堀に感じたのですがすぐ近くがもう日本海だったことから堀造りにそこまで力を注がなくても良かったのかもしれないなと感じました。堀から海方面に向かって歩き、港大橋と日本海沿岸最古の高灯籠を見て金ヶ崎城に向かいました。

2022年08月31日 まるぶち佐渡守めがね
敦賀城



今はお寺の片隅に石碑が立っています。お寺の前に参拝者用の駐車場があるので利用できます。

2022年05月22日 RED副将軍【新宮党】
敦賀城



大谷吉継が整備をしたゆかりの平城🏯

オススメ度 ★⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

1582年、蜂屋頼隆によって築城。本能寺の変の後、羽柴秀吉の家臣であった蜂屋頼隆が入封し、当初は花城山城に入城したが新たに敦賀城を築いたもの。1590年、蜂屋頼隆が九州征伐で病没。

替わって大谷吉継が入城。この頃に水軍も使える海城として大改修し、城下町も整備されました。大谷吉継は関ヶ原合戦で西軍に属したため、大谷氏は改易。後に越前国福井に結城秀康が入部しましたが、1616年に一国一城令により破却されました。

見所
城跡は市街地化により往時を偲ばせる遺構はほとんど残っておらず、正確な位置もよくわかっていません。真願寺は敦賀城の乾門跡に建てられたと云われ、標柱が建っています。また、来迎寺に移築された中門が残ります。

2022年04月29日 戸沢夜叉九郎正樹
敦賀城



敦賀駅から周遊バスが出ております。このバスは金ヶ崎城にも行けて1日フリー券を使用すれば500円とお得ですのでお薦めです。城跡には残念ながら遺構は何も残っておらず、真願寺という浄土真宗のお寺があります。近くにある川が堀跡と言われております。

2021年11月01日 タケs#s
敦賀城



小学校の前にパネルの展示がありました。以前、大谷吉継公の菩提寺にも行って来ました。敦賀に訪れたら是非ともよろしくおねがいします

2021年08月26日 乱会
敦賀城

明確な遺構は残っていません。周辺にある川は、城郭が存在した当時は堀としての用途を果たしていた可能性があります。
周辺の寺社には大谷吉継関連の遺物とされるものが伝来しており
・八幡神社…大谷吉継奉納と伝わる欄間飾り、同石灯籠、伝敦賀城の礎石・石瓦
・来迎寺…伝敦賀城中門、伝敦賀城の障子
・真願寺…敦賀城礎石。大谷吉継が寺領安堵状を発給
・永賞寺…大谷吉継の菩提寺。大谷吉継の供養塔
・敦賀市立西小学校…学校の下から敦賀城の遺構が発見
等が、徒歩圏内で巡ることができます

2021年07月01日 イオ紀伊守
来迎寺[敦賀城  寺社・史跡]



来迎寺には敦賀城の中門が移築されています。また、敦賀城内にあったとされる腰高障子が伝えられています。

2021年07月01日 イオ紀伊守
真願寺[敦賀城  寺社・史跡]



敦賀城の北西部にあたり、敦賀城礎石と城跡碑があります。また、北辺を流れる赤川は堀の名残のようです。

2021年05月08日 関白やつた
敦賀城



小学校やらお寺に城跡らしき石碑が残りますが、遺構は見つかりません。

2020年06月28日 とざちゃん越前守
敦賀城案内碑[敦賀城  碑・説明板]



敦賀西小学校正門の隣に敦賀城の案内碑があり、三重の天守の図も描かれています。

2020年06月28日 とざちゃん越前守
永賞寺[敦賀城  寺社・史跡]



敦賀城主の大谷吉継公の菩提寺。供養塔があります。

2020年06月28日 とざちゃん越前守
八幡神社[敦賀城  寺社・史跡]



敦賀城主の大谷吉継公奉納と伝わる木彫りの龍、石灯籠、石鳥居があります。

2020年01月25日 野舘宮内少輔サラマンダー
敦賀城

2020年1月25日0915時(45分)

昨日に引き続き、敦賀城の探索を行いました~

先ずは敦賀郷土博物館という所へ向かいました~
八幡神社の境内にあり、駐車場もあります…が、冬季は休館との事…
御参りして退散しました…

次は敦賀西小学校前の説明石碑。
こちらは東側、校門の近くにあります。
道路が広いので、ハザードを出して駐車、ささっと写真を撮り次へ…

大谷吉継公の慰霊碑のある永賞寺へ。
駐車場があります。
先ずは御参りしようと思い、本堂の扉をそろりと開けてみると、御坊さんがおられましたので、御参りしたいとお話させて頂きました。
外の九重の石塔が、大谷吉継公の慰霊碑との事でした。
御礼をし、御参りをしてから、外の慰霊碑へ…
結構高いですね…
説明板によれば一六〇九年に建立されたそうです。
背の高い九重の石塔は、非常に珍しいもののようで、敦賀市指定文化財となっております。
御冥福を御祈りしました…


以上です!
昨日に引き続き、90分の城めぐりでした~
広い範囲で点在しているので、歩いて回ると、もっと時間が掛かるかと思います。

今は雪がありませんが、敦賀城をめぐられる方の御参考になればと思います~∠(>_<)

2020年01月24日 野舘宮内少輔サラマンダー
敦賀城

2020年1月24日1700時(45分)

移築中門のある来迎寺は駐車場が無いので、近くのコンビニさんで買い物をして停めさせて頂きました~
ありがとうございました~m(_ _)m

敦賀城の石碑と礎石がある真願寺には、御参拝者用の駐車場が2台?(縦長なので、マイクロバスも停まれるようにしているのでしょうか?)あります。
お隣は違う駐車場なので御注意ください。
大谷吉継公のお墓もあったのですね…
明日、再度めぐってみようかと思います。
また、水路があるのですが、名残でしょうか…?

後は小学校前にある案内板を確認しようと思います。

別の方の口コミでは、敦賀城は市立敦賀病院の所にあったとか…
元妻の縁の場所に、非常に近いのです!!

また明日も敦賀城の痕跡を探そうと思います~∠(>_<)

2019年11月04日 織田上総介晃司
敦賀城

敦賀城の移築中門が市内の来迎寺にあるので行きました。駐車場は無く、道幅も狭いので写真だけ撮って撤退しました。

2015年10月06日 まるき〜主殿助
敦賀城

敦賀城口コミ
フォトでよく見る真願寺の門の横の城址碑は今現在、門の工事等の関係上設置されていません
再設置は1年以上かかるらしいです。

敦賀西小学校の角にも城跡の説明の碑があり
来迎寺には移築された中門があり
元々天守は近くの敦賀病院のある所にあったという言い伝え。


2015年10月02日 るーみん越前守
敦賀城

敦賀城から移築された中門が、来迎寺に残っています。
その昔、大谷吉継は夜になると来迎寺に来ては当時の住職さんと朝まで酒を飲み交わしていたそうです。それほど住職さんと仲が良かったそうですね。
その縁で、来迎寺にこの中門が移築されたとか……。

移築門を見ていたら、来迎寺の横に住むおじいちゃんに話しかけられ、教えてくれました。

話の真偽は分かりませんが、そのおじいちゃんも、来迎寺の住職さんに聞いたと言ってましたよ(^o^)

2011年07月26日 徳川内大臣源朝臣康武
敦賀城

敦賀市が、よっしーの着ぐるみを製作(笑)
イラスト通りの出来ながら、ゆるキャラとしてはビミョーなフォルム

2010年09月26日 古楽侍従広家
敦賀城

ほとんどの情報が載ってるので、写真は大谷吉継の墓にしました。

2010年09月07日 徳川内大臣源朝臣康武
敦賀城

おおたににゃんぶUPが、敦賀にはいないよ〜敦賀の大谷刑部ゆるキャラは、よっしーだよ着ぐるみ予定はないそうな

2010年08月09日 傾奇揚げ仙兵衛
敦賀城

細い路地の突き当たりに敦賀城跡の石碑 駐車場もなく城の面影もなく

2010年07月01日 tomm加賀守
敦賀城

屋台ラーメンで有名な敦賀ですが、個人的にはいまだに屋台で営業している「池田屋ごんちゃん」がお薦めです!

2010年06月11日 徳川内大臣源朝臣康武
敦賀城

平成22年(2010)3月、発掘調査により、大谷吉継時代(16世紀後半〜末)のものと推定される礎石建物が初めて確認されました。

敦賀城の周辺スポット情報

 堀跡(遺構・復元物)

 敦賀城案内碑(碑・説明板)

 敦賀城三ノ丸趾(碑・説明板)

 敦賀城跡石碑(碑・説明板)

 来迎寺(寺社・史跡)

 八幡神社(寺社・史跡)

 永賞寺(寺社・史跡)

 真願寺(寺社・史跡)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore