岩殿山城(いわどのやまじょう)

岩殿山城の基本情報

通称・別名

岩殿城

所在地

山梨県大月市賑岡町

旧国名

甲斐国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

築城主

小山田氏

築城年

享禄2年(1529)頃

主な改修者

主な城主

小山田氏

廃城年

17世紀前期

遺構

曲輪、横堀(空堀)

指定文化財

県史跡(岩殿城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

勝山城(山梨県都留市)[8.6km]
谷村城(山梨県都留市)[8.7km]
上野原城(山梨県上野原市)[14.4km]
奥牧野城(神奈川県相模原市)[16.5km]
御坂城(山梨県南都留郡)[18.2km]

岩殿山城の解説文

岩殿山城(いわどのやまじょう)は、山梨県大月市賑岡町にあった日本の城。標高634メートルの岩殿山に築かれた山城。

甲斐国都留郡の国衆小山田氏の居城とされ、戦国時代には東国の城郭の中でも屈指の堅固さを持っていたことで知られた。山梨県指定史跡(指定名称は「岩殿城跡」)。

岩殿山
相模川水系の桂川と葛野川とが合流する地点の西側に位置する。頂上の南側直下は鏡岩と呼ばれる礫岩が露出した約150メートルの高さの崖で、狭い平坦地を挟んで、さらに急角度で桂川まで落ち込んでいる。大月市街地からも近く、大月駅からも間近にその姿を眺めることができる。

山頂までは大月駅から徒歩で約1時間。山頂からは富士山が望め、山梨百名山、秀麗富嶽十二景にも選定されている。

山の南側と桂川の間の狭い場所に中央自動車道が通っている。1972年2月末頃には岩殿山で大規模な地滑りが発生、同年3月21日から中央自動車道の相模湖インターチェンジと大月インターチェンジの間が全面通行止めとなった。仮インターチェンジを設けるなどした後、7月22日に通行止めが解除されるまで、通行止めは123日間に及んだ。

沿革
江戸時代後期の文化年間成立の『甲斐国志』に拠れば、岩殿山には大同元年(806年)開創と伝わる天台宗寺院の円通寺が存在し、円通寺は岩殿山の南東麓に観音堂や三重塔、新宮などの伽藍が配され、「岩殿権現」「七社権現(明神)」と呼ばれた。13世紀に入ると天台系聖護院末の修験道の場として栄えている。

16世紀になって大名の領国支配制が成立すると、郡内地方は甲斐守護・武田や郡内領の国衆・小山田氏の支配を受けるようになった。

岩殿山城の築城時期は不明であるが、『甲斐国志』では小山田氏の本拠である谷村館(都留市谷村)の詰城説を取っている。『甲斐国志』に先立つ天明3年(1783年)の萩原元克『甲斐名勝志』でも同様の見解が取られており、江戸後期には小山田氏による要害説が認識されていたと考えられている。一方で、近年は岩殿山城を谷村館の詰城とするには距離が離れすぎていることから、武田氏による相模との境目の城として築かれたとする説もある。

甲州街道の通過する大月は武蔵国など関東地方へ至る街道が交差する地点に位置し、甲府盆地と異なる地域的まとまりをもっていた。小山田氏は初め武田氏に対抗していたが、永正6年(1509年)に武田氏に敗北すると、武田氏の傘下に入った。その後は武田氏が相模の北条氏や駿河の今川氏と争い、相模・武蔵と接する郡内領は軍事的拠点となり、岩殿山城は国境警備の役割を果たしていたと考えられている。

岩殿山城は東西に長い大きな岩山をそのまま城にしている。全方面が急峻で、南面は西から東までほとんどが絶壁を連ね、北面も急傾斜である。東西から接近できるが、それも厳しい隘路を通らなければならない。各種の防御施設が配されたが、天然の地形のせいで郭も通路も狭く、大きな施設の余地はなかった。周囲には集落や武家館が点在していたと考えられている。...

岩殿山城の口コミ情報

フー甲斐守様[2018年03月18日]
岩殿山公園市営駐車場はまだ復旧工事中でした。登城口は道沿いに65m先にあります。本来の登城道は未だ修復中ですが、代替の道がふれあい館迄用意されています。また、ふれあい館から本丸迄は問題なく登れました(急峻ですが(笑))。遺跡に関して言うと、帯曲輪の辺りに山崩れがありました。今回は本丸より先並びに兜岩・大手門跡方面には時間の関係で行っていませんので様子は分かりません。ただ兜岩方面のルートは封鎖されてませんでしたので、いけるのかなと思いますが、事前にご確認される事をお勧めします。

えど様[2017年12月07日]
災害により全面入山規制となっていた岩殿山ですが、迂回路の整備によって規制が一部解除となり、登れるようになったそうです。

えど様[2017年08月09日]
8月7日の台風5号の災害により岩殿山で土砂崩れが発生しています。駐車場は土砂に覆われて使用不可、登山道も恐らく通行止めだと思われます。行かれるか方は必ず事前に確認を。

さく124S左近衛中将様[2017年05月16日]
車では岩殿山公園市営駐車場から山に沿って国道139号を登ると登山道があります。
丸山公園までもきつめですが城はそこから
階段が続き勾配もきつくなります。
岩が多くなり手摺やロープにつかまり
ながら山頂の本丸までやっとたどり着けました。岩の上の曲輪は結構広いですが、
下を見ると高所恐怖症にはクラクラする
高さです。
季節を選び体力を温存して臨んだ方が
良いでしょう。

カーネル様[2017年01月12日]
中央線大月駅南口から

駅前の細い道を東へ歩き線路を超えて北へ
T字を右に行くと国道139号線で道なりに歩き笹子川を超えると道が右に曲がり、2分くらい進むと登山口です

登山道は整備され人も多いです。ふれあいの館を過ぎると山道。こちらも歩きやすいです。ただ、高所恐怖症の自分には怖い場所もありました

途中の道は巨岩を利用した門や番所跡を超えて登山口から頂上まで20分

頂上から奥に進み馬場跡等を経由して本丸です。ここにはアンテナが建ってます
さらに進むとキレイに空堀が残ってます

今回は稚児落としにはいかなかったので、駅から往復して1時間45分くらいでした

尻啖え孫市参議様[2014年10月13日]
小山田信茂の居城で、主を裏切ったことで有名な城。勝頼は最後にここに籠り、織田に対し無二の一戦を試みる積もりだった。ただ曲輪の規模は小さく籠城してもせいぜい500人程度で、全周敵の後詰めが期待できない地で何を期待したのか。ほぼ一国を手に入れていた上州に逃れ、上杉の後詰めも期待し、昌幸の深謀に掛け、それこそ織田に無二の一戦を仕掛けるべきであった。山頂に登りそんなことを夢想した。

甲斐の虎様[2010年06月21日]
岩殿山頂からの富士山は、とても綺麗ですよ急な階段をひたすら登って山頂でご飯食べながら観るのはサイコーですよ

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore