梁川城(やながわじょう)

梁川城の基本情報

通称・別名

鶴ヶ城、鶴岡城

所在地

福島県伊達市梁川町字鶴ヶ岡

旧国名

岩代国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

伊達朝宗

築城年

13世紀中期?

主な改修者

須田長義

主な城主

伊達氏、蒲生氏、上杉氏

廃城年

寛文4年(1664)

遺構

曲輪、石垣、土塁、横堀(水堀)

指定文化財

県史跡(梁川城跡及び庭園)

再建造物

復元庭園、碑、説明板

周辺の城

阿津賀志山防塁(福島県伊達郡)[5.4km]
石母田城(福島県伊達郡)[6.2km]
懸田城(福島県伊達市)[8.0km]
桑折西山城(福島県伊達郡)[8.9km]
遠倉館(宮城県伊具郡)[11.2km]

梁川城の解説文

梁川城(やながわじょう)は、福島県伊達市梁川町(伊達郡梁川町)鶴ヶ岡にあった平山城

概要
鎌倉時代初期に築城された。鶴ヶ城と呼ばれることもあるが、現在ではこの呼称はほとんど知られていない。

梁川中心市街地の東側にある茶臼山から西北西方向に張り出した高台の上に築かれており、城下町である平地との標高差は10数メートルになる。梁川城の北側には曲輪や堀が築かれ(中井戸)、西側は段丘の急斜面、南側は広瀬川と広瀬川の浸食によって作られた断崖、そして東には金沢堀と茶臼山という天然の要害となっている。

歴史
中世
一説には文治5年(1189年)に伊達氏の伊達郡入りとともに築城されたともいうが、文献上明確なのは室町時代の応永33年(1426年)以降である。一方、発掘調査で発掘された遺物の最も古いものは、伊達氏3代伊達義広(1185年-1256年)または4代伊達政依(1227年-1301年)のころと推定されており、このころには築城されていたと考えられる。

伊達氏は源頼朝の奥州征伐で功を立て、源頼朝に伊達郡を賜った関東武士で、伊達郡に入植して伊達氏を名乗るようになった。伊達郡は鎌倉時代以降、豊臣秀吉によって16代伊達政宗が転封するまで伊達氏の本拠地だった。梁川城は、4代伊達政依のころから、天文元年(1532年)に伊達稙宗が桑折西山城へ移るまで、300年弱にわたって伊達氏の本城だったと考えられている。城の北方には伊達氏の氏神の梁川八幡宮があり、また、近隣には京都五山に倣って伊達政依が創建したとされる伊達五山と称される寺院があった。伊達氏が伊達郡の地頭職、後には奥州探題職などを得たことにより、伊達郡のみならず、福島盆地全体(伊達郡と信夫郡)、あるいは南奥州の要として栄えた。郷土史家の間では、伊達市梁川と福島市大森(伊達氏の支城であった大森城があった)は中世史跡の宝庫と言われる。

伊達氏の居城が桑折西山城、さらには米沢城に移った後も梁川城は領内の重要拠点として機能し、一族や有力家臣が城主となっていた。

なお独眼竜伊達政宗の初陣は伊具郡(宮城県丸森町)での相馬氏との戦いであったが、その時に伊達軍の拠点となったのが梁川城で、政宗は梁川八幡宮に戦勝祈願をしたといわれている。また、その政宗が田村郡の田村氏から愛姫(めごひめ)を正室として迎えたとき、花嫁の受け渡しがおこなわれたのも梁川だった。

安土桃山時代
奥州仕置によって伊達氏が岩出山城へ移ると、梁川城は蒲生氏郷の領地となり、氏郷の死後は、上杉景勝の領地となって、梁川城には須田長義が置かれた。現在の梁川城の遺構は基本的にこの時代の城主…蒲生氏郷家臣の蒲生喜内か上杉景勝家臣の須田長義によるものと考えられる。本丸の物見櫓跡の石垣は穴太積で、土塁は中世に作られた池の導水路を埋めていることから、蒲生・上杉時代にはかなり大きな改修があったと推測できる。北三の丸の高い土塁、広い堀などもこの時代の増築と考えられる。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いに絡んで、徳川方の伊達政宗と石田方の上杉景勝の戦いが現在の福島盆地で行われた(10月6日の松川の戦いなど)。10月7日、伊達軍は大枝城(伊達市梁川町)に陣を布いて阿武隈川対岸の梁川城を攻めたが、梁川城の抵抗も強く、横田大学の内通も発覚したため、伊達軍は攻撃を中止して北目城へ帰った。...

梁川城の口コミ情報

陸前守JUN山城サミットへ様[2015年09月23日]
 9月30日(水)まで東日本大震災復興祈念として梁川八幡神社では、特別拝観が実施中。お祓い料500円かかりますが、今回一般公開初となる御本尊(応神天皇[誉田別尊])の特別開扉で、連日午前9時〜16時30分まで随時受付。お祓いを受けたのち、神社の由来や本殿の構造の説明を受けながら本殿の扉前から御尊像を拝顔して祈願。とても小さな木造騎馬像ですが、傍に様々な角度から撮られた写真がモニターで見られます。記念品として特別参拝ご朱印がいただけます。御朱印帳にご朱印を書いていただく場合は別途料金がかかります。  梁川八幡神社は梁川城本丸跡の心字の池から約1㎞北にあります。平安中期に創建され、約600年前に伊達氏11代持宗が梁川城に本拠を移しました。伊達氏初代朝宗が高子が岡に鎌倉の鶴岡八幡宮から分霊した亀岡八幡宮をこの地に移し合祀し、繁栄しました。
 仙台を開府した17代伊達政宗が初陣のときに必勝祈願で参詣したり、政宗の正室愛姫が輿入れの際に田村家から伊達家へ引き渡しが行われた場所でもあります。

陸前守JUN山城サミットへ様[2015年09月22日]
梁川城跡に行くには、阿武隈急行の梁川駅より梁川希望の森公園前下車が便利です。9月30日まではレンタサイクルが無料で貸りられます。駅から北西の方向、徒歩5分程の「やなぎや商店」で貸りることができます。時間は確か10時〜16時までだったと記憶してします。
梁川城跡の主な遺構は、本丸庭園である心字の池、本丸東側土塁(浅間神社〜梁川幼稚園)、北三の丸土塁、外堀など。城域のほとんどは現在住宅地になっていますが、城下町特有の屈曲している道が多く、往時を感じられます。少し足をのばせば、梁川八幡神社や梁川天神社、上杉家臣須田氏の菩提寺・興国寺や、仙台にもある龍宝寺、輪王寺跡など見所多そう。
なお本丸があった旧梁川小学校に通じる西側の坂道は途中で木柵とトラロープで進入禁止になっているのでご注意を!

陸前守JUN山城サミットへ様[2015年09月22日]
伊達市は『伊達氏の発祥の地、伊達氏ゆかりの地』として積極的にPRしています。「伊達氏歴史めぐりマップ」(商工観光課発行)と「ポケット伊達市歴史シリーズ1 中世伊達編」(教育委員会発行)のガイドブックには、伊達市と隣の伊達郡(国見町・桑折町)の伊達家ゆかりの城館跡や寺社などが紹介されています。自分は政宗にぎわいひろばと梁川八幡神社でもらいました。これがあれば伊達氏の歴史をポイントを絞って学べるとともに、伊達氏ゆかりの地を訪れるのに役立ちました。→

0107ブラ弾正少弼白河城!様[2015年08月16日]
本丸址にあった梁川小学校は移転し、旧校舎は解体されました。話を聞いた所、今後、発掘調査を実施し史跡公園として整備するとのこと。ゆくゆくは、発掘調査で明らかになっている主殿建築など(福島県立博物館に復原模型展示)を復原したいとのことです。城の東側にあった金沢堀は、南側は堀底に阿武隈急行が通り、巨大な堀の面影が見てとれます。北側は梁川中学校グラウンドになり堀は埋められましたが、道路際のフェンスとの高低差(金沢堀の城外側の淵)に名残があります。

まさ大膳大夫猛虎 様[2015年05月21日]
伊達政宗は、1567年米沢に生まれ、幼少期から禅宗の名僧の教育を受け育った。
仏法・漢詩・大将に必要な心構え、ものの見方を教え込まれた。
政宗が指揮を執った合戦数は、歴代武将と比べて多く不利な闘いも引き分けにする能力も高かった。
歌・詩・書・能・茶道を身に付け、深みを増す為、京の文人共交流を重ねた。秀吉とは、茶や能を通じ交流している。
挑戦出兵出陣式では、煌びやかさに、見物人や秀吉も歓声を上げたという。金色の尖った陣笠をかぶり、銀箔の太刀を腰に付けた足軽、黒鎧を纏い金色の半月の兜を被った騎馬隊は、武具を虎や豹の毛皮で飾る拘りよう。派手好みの秀吉に、他の武将との違いをアピールした。
政宗には、《伊達三傑》の忠臣がいた。幼い政宗に武芸を仕込み、外交・献策で支えた片倉景綱、戦で先陣をきり武功も多い伊達成実、親子2代で仕え、奉行衆として行政面を支えた鬼庭網元である。家督相続の際、先代輝宗も能力を知る三傑が周囲を固め、輝宗時代の忠臣が伊達家を支えた。輝宗は、信頼出来る優れた家臣を統制し、41才で隠居し次代の政宗に引き継いだ。

さくら主膳佑にゃ〜様[2011年11月27日]
2011年12月11日(日)13:30〜発掘調査現地説明会が行われる様です。
久しく脚を運んでいない地域なだけに参加したいけど…現説含めて週末にイベントラッシュだ〜 そんなに土日ばかり休んでたら怒られる

伊達雅楽助あいり様[2010年11月20日]
心字池が再現されています。学校敷地内ですが、幼稚園のところから中に入って大丈夫のようです。近くには伊達政宗公が初陣の際に戦勝祈願した梁川八幡宮もあります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore