松前城

(まつまえじょう)

通称・別名

福山城、(福山館)

所在地

北海道松前郡松前町字松城144

城郭構造
平山城
天守構造
独立式層塔型[3重3階/1849年築/焼失(火災)]、独立式層塔型[3重3階/1960年再/RC造外観復元]
築城主
松前崇広(福山館)
築城年
慶長11年(1606)(福山館)
主な改修者
主な城主
松前(蠣崎)氏
廃城年
明治8年(1875)
遺構
曲輪、本丸御門、御殿玄関、石垣、土塁、堀
指定文化財
国史跡(松前氏城跡)、国重要文化財(本丸御門)、道有形文化財(御殿玄関)
再建物
外観復元天守、石碑、説明板
周辺の城
大館(松前郡) 0.6km
脇本館(上磯郡) 30.6km
柴崎城(北津軽郡) 36.1km
上之国館(檜山郡) 41.3km
唐川城(五所川原市) 44.5km

松前城口コミ情報

イオニア兵部丞様[2016年11月06日]
駐車場は隣接していて無料で停めれます。
復元整備は良い。


土佐守常陸入道ねんさい様[2015年01月31日]
江戸時代末期に松前城を築城するときに当代三大兵法学者の市川一学に依頼する。一学は海岸線より5キロ以上内陸の桔梗野の庄司山付近に築城するように勧めるも費用やその他の問題で現在の場所になる。一学はすぐ東側の豊岡周辺の台地に築城を勧めるも却下される。それまでの福山館を利用した築城となる。
概説 松前の歴史より

実際に松前城に行くと海からの備えはすごいが、北側の守りはかなり手薄である。実際、土方歳三に北から攻められて落城する。

やさぐれ征夷大将軍やなんちゅ様[2014年07月20日]
2008年松前城下時代まつりバイク武者パレードに参加しました。
毎年8月13日に鎧を着て松前町内の端から端を50台程度で走行します。
参加費はいくらか払いましたが松前藩Tシャツ、記念写真、炊き出し、ガソリンなど支給されるので元は取れました。
抽選で走る順番を決めます。
順番で役も決まるので大名、戦奉行、目付、足軽など着る鎧衣装も変わります。
私は1番だったので先手頭的な鎧でした。
バイクは自前で要予約なので詳しくは松前観光協会へお問い合わせください。

武蔵守タイニス様[2013年08月13日]
今年は今日から3日間、城下まつりがあるそうです。
バイクにまたがった武者行列を見ることができました。面白かったですw

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore