座喜味城(ざきみじょう)

座喜味城の基本情報

通称・別名

座喜味グスク、読谷山グスク

所在地

沖縄県中頭郡読谷村

旧国名

琉球国

分類・構造

山城

天守構造

なし

築城主

護佐丸

築城年

15世紀前期

主な改修者

主な城主

護佐丸

廃城年

16世紀

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)、国史跡(座喜味城跡)

再建造物

石碑

周辺の城

山田城(沖縄県国頭郡)[4.8km]
屋良城(沖縄県中頭郡)[5.0km]
伊波城(沖縄県うるま市)[7.7km]
知花城(沖縄県沖縄市)[8.6km]
安慶名城(沖縄県うるま市)[11.2km]
北谷城(沖縄県中頭郡)[11.3km]
中城城(沖縄県中頭郡)[15.1km]
恩納城(沖縄県国頭郡)[15.3km]
勝連城(沖縄県うるま市)[16.2km]
伊祖城(沖縄県浦添市)[16.8km]

日本100名城・続日本100名城スタンプ情報

番号・名称

(続)199 座喜味城

設置場所

世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム[地図

座喜味城の解説文



座喜味城(ざきみぐすく・ざきみじょう)は、沖縄県中頭郡読谷村にあったグスク(御城)の城趾。日本軍が高射砲陣地を構築していたため、十・十空襲と沖縄戦で壊滅的な被害をうけ、瓦礫の丘陵地となり、また1974年まで米軍基地ボーローポイント内のナイキミサイル通信基地となっていた。沖縄返還を機に返還の機運が高まり、1974年に米軍から返還された。調査と復旧が進められ、通信基地に駐屯していた退役軍人も驚嘆するほどの美しいグスクとしてよみがえった。2000年、世界遺産に登録された。

概要 

築城家として名高い読谷山按司、護佐丸によって築かれたといわれる15世紀初頭の城。城郭の外周は365m、城郭内面積は7,385㎡。なだらかで優雅な曲線を描く城壁は続日本100名城にも選ばれている。

城の上からは中頭地方周囲を広く見渡せる高台にある。海域や周辺離島まで見え、軍事上の要衝に存在した。城門のアーチに楔石を用いており、アーチ門では古い形態とされる。また、城郭の突出部は琉球の城郭に特徴的であり、防衛上の工夫と見られる。瓦が出土しない事からかつてあった建物は板葺きと考えられている。

2018年には南側に世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアムもオープンした。

歴史 

1416年から1422年に読谷山の護佐丸(ごさまる)が築城したとされている。

護佐丸は中北山の争いから逃れた今帰仁王子が伊波城に勢力を持った伊覇按司の三世の次男と言われる。先代山田城主読谷山按司(山田按司)も伊覇按司の一族係累であったが嗣子がなかったため、城主の兄弟の伊覇按司の三世の次男護佐丸が養子となって読谷山按司を継いだと伝えられる。1430年に中城城に移封されるまで読谷山按司を名乗った。

出土品に16世紀のものも見られる事から、護佐丸の移封後もしばらく利用されていたと推定されている。

近現代

1944年8月、日本軍 (独立高射砲第27大隊第3中隊) が北飛行場 (読谷補助飛行場) を防護のため、座喜味城一の郭に高射砲陣地を構築した[1]。その年の10月、十・十空襲で米軍の猛攻撃を受け壊滅的な打撃を受ける。

1945年4月1日、沖縄戦でまず読谷の海岸から上陸した米軍は、読谷村のほぼ全域を占領する。座喜味城跡はボーロー射撃場の一部となる。

1956年、琉球政府によって重要文化財に指定された。

1958年、沖縄でナイキミサイルサイトの建設が始まり、座喜味城にナイキのレーダーサイトが建設された[2]。沖縄の台風に耐えうるよう陸軍工兵隊によって巨大な折りたたみの開閉式メタルフード「クラムシェルオーバーコート」が開発された[3]

1972年(昭和47年)5月15日、沖縄の本土復帰と同時に国指定史跡に指定されたが、米軍基地として使用されていた部分は指定し得なかったため、返還を機に追加指定された。ただし、現状変更のあった部分(西側道路部分)についてはのちに指定を解除している[4]

1973年、文化庁と沖縄県の補助で発掘調査や城壁修理が進められた。

1974年10月31日、米軍からレーダー施設が返還される。

1991年9月、演劇空間「大地」主催で「シェイクスピアin座喜味 真夏の夜の夢」が2日間上演された。座喜味城初の野外劇で、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」をもとに護佐丸を主人公にしたものだった[5]

2000年12月2日、中城、今帰仁城勝連城首里城などとともに、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された(登録名称は座喜味城跡)。城内で演劇が行われるなど、広く利用されている。城跡の高台から西側を望むと残波岬や、晴れた日には慶良間諸島も眺めることができる。

2017年(平成29年)、続日本100名城(199番)に選定された[6]

2018年6月23日、前身の読谷村立歴史民俗資料館がリニューアルされ、世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアムが開設された[7]

参考文献 

  • 『ぐすく グスク分布調査報告(I) - 沖縄本島及び周辺離島-』(1983年)沖縄教育委員会、沖縄県文化財調査報告書第53集

座喜味城の口コミ情報

2022年04月18日 対馬守ゆみかわ
座喜味城



御城印は500円で購入でき筆ペンを貸してもらえ日付を記入することが出来ます。もちろん先人の通り芸術的なカーブに見惚れてしまいます。

2022年02月24日 笑門来猫
阿麻和利の墓[座喜味城  遺構・復元物]



勝連按司として大きな勢力を誇った阿麻和利の墓。第一尚氏時代の一大事件「護佐丸・阿麻和利の乱」の際に、この周辺で討たれたとされています。(屋良城が故郷で逃げる途中だった模様)

一般的には尚氏に歯向かった逆臣として扱われていますが、悪政に苦しんだ勝連地域を救い、豊かな暮らしを築いた「肝高の阿麻和利」として再評価が進んでいます。住宅地の一角で、駐車場はありません。

2022年01月09日 としchan
座喜味城



残波岬近くのグスク。規模的にはそんなに大きくないが石垣は素敵な曲線で見事です。
石垣の上に上がられる場所があり輝く海が見えます。
入場料や駐車場料金は要らないけど付属の資料館は有料です。

2022年01月04日 内記KENICHI
座喜味城



駐車から近く、坂も少ない為いきやすいです。さすが世界遺産ですね。城壁や城門など復元されています。

2021年03月29日 レッツゴー大宰帥
座喜味城

入城代、駐車場代とも無料です。スタンプも気軽にもらえます。

2019年10月06日 天下泰平宮内卿
座喜味城

今帰仁城から車で一時間半くらい、首里城から一時間くらいです。

座喜味城の周辺スポット情報

 二の郭(遺構・復元物)

 阿麻和利の墓(遺構・復元物)

 世界遺産の石碑(碑・説明板)

 史跡 座喜味城跡の石碑(碑・説明板)

 ウーサグスク(周辺城郭)

 カナグスク(周辺城郭)

 マテージグスク(周辺城郭)

 トウヤマグスク(周辺城郭)

 世界遺産座喜味城跡ユンタンザミュージアム(スタンプ)

 駐車場(駐車場)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore