勝連城(かつれんじょう)

勝連城の基本情報

通称・別名

勝連グスク

所在地

沖縄県うるま市勝連南風原1710

旧国名

琉球国

分類・構造

平山城

天守構造

なし

築城主

茂知附按司?

築城年

13〜14世紀

主な改修者

主な城主

茂知附按司、阿麻和利

廃城年

長禄2年(1458)

遺構

曲輪、石垣、井戸、拝所

指定文化財

国史跡(勝連城跡)、世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

安慶名城(沖縄県うるま市)[6.3km]
平安座西城(沖縄県うるま市)[7.6km]
知花城(沖縄県沖縄市)[7.6km]
中城城(沖縄県中頭郡)[9.3km]
北谷城(沖縄県中頭郡)[11.6km]

勝連城の解説文

勝連城(かつれんぐすく・かつれんじょう)は、沖縄県うるま市にあったグスク(御城)の城趾である。阿麻和利の城として知られている。

概要
城は勝連半島の南の付け根部にある丘陵に位置する。南城(ヘーグシク)、中間の内、北城(ニシグシク)で構成されている。北城は石垣で仕切られた一から三の郭が階段状に連なり、一の郭が最も高く標高約100mの丘陵上にある。

13世紀-14世紀に茂知附按司により築城されたという。この城の最後の城主が阿麻和利である。阿麻和利はクーデターを起こしてこの地方の按司となり、琉球の統一を目論んだが1458年に琉球王府によって滅ぼされた。

城内からは中国、元代の陶磁器(染付)が出土しており、『おもろさうし』からも当時の繁栄をみることができる。民俗学者の柳田国男は、勝連が当時の文化の中心であったことは大和(やまと)の鎌倉のごとしと『おもろそうし』にあるように、浦添・首里・那覇を中心とした浦添文化に対して、系統上異なる勝連文化と言うべきものがあったのではないか、と推測した。

城壁の石は道路工事の石材などとして持ち去られてきたが、現在は復元工事により往時の姿を取り戻しつつある。

1972年(昭和47年)5月15日、沖縄の本土復帰にともない即日、日本国の史跡に指定された。2000年(平成12年)11月首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されている(登録名称は勝連城跡)。登録されたグスク(城)の中では最も築城年代が古いグスクとされている。

2010年(平成22年)、沖縄本島近海地震で城壁の一部が崩落する被害を受けた。

2017年(平成29年)4月6日、続日本100名城(200番)に選定された。

観光
この城跡は山を利用して造られている天険の要害であり、城跡入口から急勾配がつづくため、軽装でも良いが足回りには注意が必要。

観覧料...

勝連城の口コミ情報

あぶり関白援軍感謝様[2012年07月04日]
城跡入口の駐車場に休憩所あり。城パンフレットも置いてあります。駐車場から一の曲輪までは10分くらいで登れます。ここのお城は東から西へと登っていくので青い空と石垣の撮影には午前中がおすすめ。一の曲輪から見渡せる360度の大パノラマは素晴らしい。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore