中城城(なかぐすくじょう)

中城城の基本情報

通称・別名

中城グスク、中グスク

所在地

沖縄県中頭郡中城村泊/北中城村

旧国名

琉球国

分類・構造

連郭式山城

天守構造

なし

築城主

先中城按司

築城年

14世紀後期?

主な改修者

護佐丸盛春

主な城主

護佐丸盛春

廃城年

長禄2年(1458)

遺構

曲輪、石垣、石門

指定文化財

国史跡(中城城跡)、世界遺産(琉球王国のグスク及び関連遺産群)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

北谷城(沖縄県中頭郡)[4.5km]
幸地城(沖縄県中頭郡)[8.0km]
浦添城(沖縄県浦添市)[8.0km]
伊祖城(沖縄県浦添市)[8.3km]
知花城(沖縄県沖縄市)[8.9km]

日本100名城・続日本100名城スタンプ情報

番号・名称

99 中城城

設置場所

管理事務所の窓口[地図

中城城の解説文

中城城(なかぐすくじょう)は、沖縄県中頭郡北中城村・中城村に存在した日本の城。15世紀の琉球王国・尚泰久王代、護佐丸のグスク(城)として知られる。城壁の増築により現在みられる規模になったと考えられるが、築城の時期は不明。

概要
中城城は当時貿易港であった屋宜港から2キロメートルほど離れた標高約160メートルの丘陵上にあり、中城村の北西から南側に伸びていく丘陵の東崖縁を天然の要害とし、グスクの中で最も遺構がよく残っていることで知られている。 石垣の上に立つと西に東シナ海、東に中城湾(太平洋)、さらには洋上の島々まで見渡せる。

歴史・沿革
創始は明らかではないが、14世紀後半頃迄に先中城按司(さちなかぐずくあじ)が数世代にわたり南の郭、西の郭、一の郭、二の郭の主要部分を築き上げ、1440年に読谷の座喜味城から移ってきた護佐丸盛春によって、三の郭、北の郭が増築され現在の形が完成したようだ。 増築されたその部分の城壁は「相方積み」という高度な技法で積み上げられている。また、裏門以外に一の郭の2つの城門がアーチ式門となっていることから、その時同時に殿舎のある一の郭の城門をアーチ式に改築したと考えられる。

そして、1458年に護佐丸は王府軍としてやって来た阿麻和利の策略(首里王府の策略という見方もある)に攻められ自害して滅びる。その後、「中城王子の居城」→琉球侵攻(1609年)後は「番所」→廃藩置県(1879年)後は「中城村役場」として戦前まで利用されてきた。

また、1609年以後の薩摩の植民地時代は、中国からの冊封使節団が来琉した際、薩摩の役人は自らの存在を中国に知られないためにここに隠れていたという伝承もある。

日本に開国を迫ったアメリカのマシュー・ペリー提督が1853年5月に沖縄本島を訪れ、ここも訪ねた彼の一行は城を見て、城壁、アーチの門の建築土木技術水準の高さに驚嘆し、この城に関する詳細な報告文を書いている。

1945年(昭和20年)沖縄本島では太平洋戦争の沖縄戦により多くの文化財が消滅したが、中城城は戦争の被害が少なかったため、グスクの石積みが良好に残った城だと言われている(戦後に補修が行われた)。

1955年(昭和30年)には琉球政府文化財保護委員会により重要文化財の史跡・名勝の指定が行われた。その後、当城の本丸にホテルを建設する計画が立てられ問題となった(中城高原ホテルを参照)。

1972年(昭和47年)5月15日(沖縄県の日本復帰の日)に国の史跡に指定された。指定面積は110,473平方メートル(約33,400坪)でそのうち14,473平方メートル(約4,300坪)が城郭の面積。現在は補修・復元工事がすすめられている。

2000年(平成12年)11月、首里城跡などとともに、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されている(登録名称は中城城跡)。...

中城城の口コミ情報

後中城按司 知名朝安様[2018年07月21日]
中城城の、本来の正式名称は、中城です。城城とは、重ねないのですが、所在地の自治体が、中城村と、北中城村なので、中城村と、紛らわしいとの理由で、区別する為に、今では城城と重ねて、【ぐすくじょう】或いは、【ぐすくぐすく】と呼ばれるのが、慣例となっています。中城村民は、中城に行くと言うと、中城の城に行く事を示しますが、他の地域の人々に、中城に行くと言うと、中城村なのか、中城の城なのか、分からずに、村か、城、どちらに行くのか、質問されます。沖縄県には、他にも〇〇城城と呼ばれる城が幾つか、有りますが、理由は、中城と同じく、所在地の自治体と区別する為です。城巡ラーとしては、本来の正式名称である、中城と呼ぶのが相応しいと思われます。

後中城按司 知名朝安様[2018年07月16日]
中城城の正門は、管理事務所や世界遺産碑の在る方では無く、反対側の中城高原ホテルの廃墟が在る方です。基本的に、沖縄本島に在る城の正門は、首里城に一番近い位置に在る門です。かつて、中城城には、動物園と、遊園地と、博物館が在りました。これ等の施設は、復帰前は利用者が多かったそうですが、復帰してからは、利用者が減って、廃止されました。中城城に停まる路線バスもかつては有りましたが、皮肉にも、世界遺産に登録されてから、利用者が激減して、廃止されています。おそらく、世界遺産登録後に路線バスが廃止された例は、中城城だけだと思われます。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月22日]
系統番号97番琉大線のバスで、幸地城も攻略出来るのを忘れていました。徳佐田入口バス停で、幸地城が攻略出来ます。世界遺産の城を二つ含めて、合計六つの城を攻略出来る、お得な路線バスです。沖縄観光の際に、利用してみるのも良いかと思います。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月22日]
系統番号97番琉大線のバスは、那覇バスターミナルから乗車して、中城南小学校前バス停で下車すると、中城城を含めて五つの城を攻略出来ます。那覇バスターミナルでは、三重城城が攻略出来ます。牧志バス停では、天久城が攻略出来ます。沖縄都ホテル前バス停では、首里城が攻略出来ます。厚生園入口バス停では、浦添城が攻略出来ます。そして、中城南小学校前バス停では、中城城が攻略出来ます。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月21日]
首里城から中城城迄の道は、中頭方東海道、別名ハンタ道、と呼ばれていました。現在、中城村内のルートは遊歩道として整備されています。出発点は、東太陽橋になります。東太陽橋から中城城迄は、5㎞程有ります。体力に自信が有る方は、チャレンジしてはいかがでしょう。中城湾を一望する絶景を見ながら、琉球王国時代の道を歩くのは、楽しいですよ。東太陽橋の場所は、サンエーなかぐすく店の側です。系統番号97番の琉大線のバスに乗って、中城南小学校前バス停で下車します。バス停から琉大東口方面に少し戻ると、丁字路の信号が有ります。信号を左に曲がり、少し歩けば着きます。バス停から東太陽橋迄は、徒歩2〜3分です。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月21日]
中城城は、毎年秋に行われているプロジェクションマッピングが有名です。世界遺産の石垣をスクリーンにする壮大な物です。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
1440年に護佐丸が、座喜味城から中城城に転封された時に、どうやら先中城按司は糸満市に在る真栄里城に転封された様です。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
勝連按司阿麻和利を讃えるおもろが、おもろさうしに集録されているのと同じく、中城按司護佐丸を讃えるおもろも、おもろさうしに集録されています。護佐丸も奄美大島、徳之島、沖永良部島、九州と交易していました。護佐丸は、恩納按司として山田城の城主だった頃から、これらの地域と交易していました。座喜味城、山田城の口コミに書き込みした、座喜味城を築城する時に、山田城の石垣を奄美大島、徳之島、沖永良部島から召集した人夫に運ばせる事が出来たのは、この為です。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
1458年の護佐丸、阿麻和利の乱の時に、護佐丸が謀叛を起こそうとしていると言う、阿麻和利の讒言に依って、尚泰久王が中城城を阿麻和利と共に、挟み撃ちにしたのは、どうやら尚泰久王の腹心の重臣であり、1469年にクーデターを起こして、琉球国中山王の王位を簒奪する内間金丸(1470年に第二尚氏初代尚円王として即位)の謀略の為の様です。尚泰久王の亡き後に、自分が下剋上で天下を盗る為に、邪魔になりそうな護佐丸を、尚巴志の生前から秘かに、天下を盗る野望を抱き続けた阿麻和利と共に、亡き者にしようとしたみたいです。結果は、内間金丸の思惑どうりになります。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
1458年の護佐丸、阿麻和利の乱の時、中城城が阿麻和利軍と、尚泰久王の首里王府軍の挟み撃ちにあったのは、中秋の名月の宴の時だそうです。阿麻和利は、勝連城攻略の時と同じ事をしています。宴に夢中で警戒心が和らいだ隙をついて奇襲しています。護佐丸は結局、娘婿の尚泰久王と孫娘婿の阿麻和利とは、雌雄を決する事が出来ずに自害しました。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
中城城は一時期、尚巴志の居城でした。豊見城城を攻略した後の二、三年間、先中城按司を佐敷城に転封して、今帰仁城攻略に備えて中城城の城主となります。今帰仁城攻略後、先中城按司と交代して、佐敷城に戻ります。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月14日]
中城村在住です。地元住民として、正しい中城城跡の知識を紹介します。廃城年は、1458年ではありません。1500年代前半(1500年〜1526年)には、中城王子(なかぐしくあんじ)尚清の居城です。尚清は、1527年に、第二尚氏第四代琉球国王として即位しています。1853年に、ペリーが開国の為に、浦賀に行く前に、琉球王国に立ち寄って、中城城の測量した時は、薩摩藩の役人が大砲を持ち込んで、黒船砲撃の準備をしています。少なくとも、1879年の琉球処分によって、琉球王国が廃されて沖縄県が設置される迄は、実在の城でした。これは、私個人の考えですが、中城城が廃城になったのは、1945年の沖縄戦以後だと思います。日本軍は、沖縄戦の直前に中城城に駐屯していました。これは、日本軍が実在の城として認識していたから、駐屯したと思います。その為、中城城跡周辺は、沖縄戦の最激戦地となっています。この事からも、1458年に廃城などあり得ません。中城城跡の廃城年は、1879年以後(1945年の沖縄戦以後)です。主な城主は、護佐丸と、中城王子尚清(後の第二尚氏第四代尚清王)です。

大膳大夫❖蟹工船様[2018年05月25日]
豊見城名嘉地ICから北中城ICまで高速で走り、県道81号線安谷屋交差点を右折、県道146号線を道なりに進むと、右手に駐車場が見えます。所要時間45分でした。

駐車場から中城城石垣の遠景が眺められ、丘陵にあるのがわかります。管理事務所で入場料400円払い、指示通り傍のとこから正門前行のカートに乗りました。途中「ハブ注意」の看板を数ヶ所見ましたが、幸い遭遇しませんでした。

カートを降り階段を上がると、正門左に拝所がありました。正門は石のアーチ門でないですが、布積の石灰岩石垣が南国の雰囲気を感じました。正門から南の郭を通り正殿があった一の郭に着くと、二の郭へのアーチ門を正面に左右の石垣に目を奪われました。立入可の石垣上に上がると、海含む周囲の眺望が素晴らしかったです。

アーチ門を潜り二の郭に入ると曲線を描く石垣に惹かれました。三の郭側の石垣がなぜ凹型になってるか気になりました。二の郭から井戸がある北の郭を通り石段を登ると三の郭に。ここは亀甲積石垣と、調べると一番新しいようです。

北の郭に戻りアーチの裏門を潜るまで、滞在時間1時間。裏門、一番立派な門でした。

カーネル様[2016年11月30日]
HP等で、東陽バス30系統の泡瀬行きのバスで、中城小学校前バス停から。の案内を見ますが、こちらからだと、道は分かりやすいですが遠いです

その先の久場バス停で下車し、進行方向に進み、久原公民館の信号を左折して坂を登り詰めると中城城の駐車場手前にでます
とはいえ、こちらからでも、まあまあ歩きます

私は、バスを降りてから反対方向に歩き、スマホの地図を見ながら登ったら、中城城前の大通りにつながる最後の登りが完全に藪にとざされており、ハブも怖いので来た道を戻り、遠回りでお城に行きました

お城ですが、数年前に来たときは、発掘調査のためにブルーシートで覆われた箇所がありましたが、それもなくなりキレイに整備されていました

雨の日に行ったときは、石で滑って、お尻とスマホにダメージを受けました

今日は晴れてて見張らしも最高でした

柳生兵庫助如雲斎様[2014年12月02日]
最寄りのバス停から歩こうとすると二キロ近く坂道を登らなければなりませんのでご注意を。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。