伊祖城(いそじょう)

伊祖城の基本情報

通称・別名

伊祖グスク

所在地

沖縄県浦添市伊祖3-58

旧国名

琉球国

分類・構造

山城

天守構造

なし

築城主

伊祖按司

築城年

13世紀

主な改修者

主な城主

伊祖按司、恵祖、英祖王統

廃城年

遺構

石垣

指定文化財

県史跡(伊祖城跡)

再建造物

周辺の城

浦添城(沖縄県浦添市)[1.5km]
幸地城(沖縄県中頭郡)[3.7km]
首里城(沖縄県那覇市)[4.6km]
天久城(沖縄県那覇市)[4.8km]
北谷城(沖縄県中頭郡)[7.1km]

伊祖城の解説文

伊祖城跡は、伊祖部落の東北仲間から連なる琉球石灰岩の浦添丘陵の一段と高くなった標高50~70mに位置している。石灰岩の丘陵に丁度、船がのしかかっているような型をしている。

伊祖城は、天孫氏につながる英祖子、父祖代々の居城で英祖もここで生まれたと伝えられている。前面には貿易港牧港をひかえ、周辺に肥沃な耕地が拡がり、ケラマ諸島や残波岬を望む雄大な景観を呈し要害の地となっている。

本丸跡は昭和10年に建立した伊祖神社付近といわれ、本丸跡の北方、最も高い所に見張所があり、見張所は俗に「旗立て」と言われ、岩石に穴をあけ、旗竿が立てられていたという。

城跡は、東北の城門の下から本丸付近までは切石積みの石垣が築かれ、北の見張所とその外の石垣はすべて野づら積みとなっている。

伊祖城跡は、規模の小さい城ではあるが、城内からはグスク系の土器片や青磁片等が多数出土する。天孫子系の城として、又、城壁が二通りの積み方がなされているなど、当時の城壁構築の変遷を研究するのに貴重な城である。

情報提供:浦添市教育委員会文化部文化課

伊祖城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore