浦添城(うらそえじょう)

浦添城の基本情報

通称・別名

浦添グスク

所在地

沖縄県浦添市仲間2

旧国名

琉球国

分類・構造

山城

天守構造

なし

築城主

舜天王

築城年

13世紀頃

主な改修者

主な城主

舜天王、英祖王統、察度王統、尚氏

廃城年

慶長14年(1609)

遺構

曲輪、石垣

指定文化財

国史跡(浦添城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

伊祖城(沖縄県浦添市)[1.5km]
幸地城(沖縄県中頭郡)[2.3km]
首里城(沖縄県那覇市)[3.6km]
天久城(沖縄県那覇市)[5.0km]
長嶺城(沖縄県豊見城市)[7.3km]

浦添城の解説文

浦添城(うらそえじょう、浦添城跡)は、沖縄県浦添市にある城(グスク)跡。1989年(平成元年)8月11日、国の史跡に指定されている(浦添大公園)。

概要
土台は隆起珊瑚礁が長さ約400メートル続いている断崖の上に築かれた。舜天王の時代に創建され、12世紀-15世紀初頭にかけて舜天、英祖、察度の3王朝10代にわたって居城した所との伝承をもつが史実かどうかについては確証を欠いている。規模は、東西約380メートル、南北約60ないし80メートルで、北は急崖をなしているが、南は緩斜面となっている。

歴史
城内の建物は再三にわたり改築されているが、最後のものは1609年、慶長の役に伴う薩摩軍の侵攻に遭い焼失した。

その防衛に適した地形から沖縄戦では首里周辺の重要拠点として重視された。日本軍は防衛拠点に位置づけ死守に拘ったため、米軍との間で前後11回にわたる激しい争奪戦、攻防戦が約3週間の間繰り広げられた。陣地攻略を指揮していた米軍第24軍団長のホッジ少将は「(この砦を)一寸刻みに爆破していく以外に、日本軍を追い出す方法は無いと思う」と述べたとされる。

参考文献
『観光と旅47 郷土資料事典 沖縄県』人文社

浦添城の口コミ情報

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
尚巴志が、浦添城から首里城へ遷都したのは、1427年頃です。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
楊載が、里主の里を察度と勘違いしたのは里が、琉球語の発音では、さとぅ、となる為だと思います。楊載は、さとぅ、を、さっとぅと聞いたのだと思います。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
世子とは、いわゆる皇太子の事です。尚巴志は、年四回の明への進貢を始めた翌年の1416年に、北山王の居城である今帰仁城を攻略します。その後、1421年に父、尚思紹王が崩御します。翌年の1422年に琉球国中山王に即位すると、明の永楽帝が、其れまでの、明の首都だった南平府(南京)から、北平府(北京)に遷都した事に倣って、浦添城から自ら、百浦添城と命名した首里城へ居城を移します。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
尚巴志は、豊見城城を攻略した翌年の1415年に、父の尚思紹の使節とは、別に琉球からの明への進貢は、年二回との明の永楽帝の通達を無視して、琉球国中山王世子尚巴志の名で、年二回も進貢しました。此れは、実は汪英紫がクーデターで承察度王を追放して南山の実権を握った後も、承察度王名義の使節と、南山王叔名義の使節を明に派遣して進貢したやり方です。尚巴志は、父の崩御後に琉球国中山王に即位したら、次男の琉球国中山王世子尚忠の名義を借りて、年四回の明への進貢を続けます。尚巴志が生きていた時は、琉球は守礼之邦ではありませんでした。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
浦添城を攻略した尚巴志は、1406年に父親の尚思紹を第一尚氏初代尚思紹王として、琉球国中山王に即位させます。そして自らは、南山の牽制の為に佐敷城に戻ります。そして、1414年に達勃のクーデターが切っ掛けの南山の混乱に乗じて、豊見城城を攻略するのです。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
察度王は、明に進貢して大琉球大交易時代の礎を築いた事で、大真物(うふまむん)とも称されます。真物とは、立派な人物と言う意味です。1395年に、察度王が崩御すると琉球国中山王に、察度王の息子の武寧が即位します。武寧王は、立派な人物ではあるが、偉大な父親には及ばないとの評判から、中真物(なかまむん)とも称されます。二代目は、初代に劣る事が多いのは、甘やかされて育つ事が多い為だと思います。武寧王も中真物と呼ばれるように結局 、尚巴志に滅ぼされます。武寧王は、島添大里城、豊見城城、南山城の口コミに書き込みした、南山の混乱を利用して琉球統一を目論見ますが、同じく南山の混乱を利用した尚巴志の謀略が、武寧王の謀略よりも上手でした。尚巴志は、密かに中城城の城主だった先中城按司(さちなかぐしくあじ)を味方につけて、1405年に浦添城を攻略します。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
浦添按司の謝名もいが、察度王と呼ばれるようになるのは1372年からです。明の洪武帝は、1368年に元を滅ぼして明を建国したら、周辺諸国に朝貢を促す為の使者を 派遣します。琉球には、1372年に楊載が派遣されました。謝名もいはこの時、謝名里主を名乗っていて、楊載の要請に応じて明に進貢します。琉球史の大琉球大交易時代237年間の始まりです。察度の字は、楊載が里主の里の字を勘違いした為です。明に進貢した謝名里主こと、謝名もいはこの時に洪武帝から琉球国中山王の称号を下賜されました。実は1372年は、大琉球大交易時代の始まりの年であると同時に、尚巴志の生まれた年でもあります。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
察度王は、宜野湾市大謝名の出身です。浦添按司として、浦添城の城主になる前は謝名もいと呼ばれていました。宜野湾市には、天女の羽衣伝説があります。察度王の母親が、天女だと言う伝説で森川公園がその舞台です。察度王の父親である奥間大親(おくまうふや)がある時、森川の泉で水浴びしていた天女を発見し、一目惚れして天女の羽衣を隠したそうです。羽衣が無いために天に、帰れなくなった天女は仕方なく奥間大親の妻になり、一男一女を産んだと言います。男児が、察度王になる謝名もいで、女児が謝名もいのおなり神のノロだそうです。二人の子を遺して、天女は奥間大親が隠した羽衣を発見して、天に帰ったそうです。成長した謝名もいは、大謝名の里主(今で言うと市町村長)になります。そして1350年に、英祖王統第五代西威王の居城である浦添城を攻略して英祖王統を滅ぼします。浦添按司となった謝名もいが、察度王と呼ばれるようになるのは、1372年からです。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月20日]
浦添城は、舜天王統三代、英祖王統五代、察度王統二代、第一尚氏初代尚思紹王、第二尚氏第七代尚寧王が浦添王子だった時の居城です。舜天王統三代と英祖王統五代と尚寧王が浦添王子だった時については、私は書き込みしませんので、興味があれば、自分で調べられたら宜しいかと思います。

後中城按司 知名朝安様[2018年06月17日]
浦添城の別称は、中山城(ちゅうざんぐしく)です。1372年に、明の洪武帝に、当時の城主、察度王が進貢した時に、洪武帝から琉球国中山王の称号を、下賜された為です。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore