洲島城

(すのしまじょう)

通称・別名

洲島館、栖島館

所在地

山形県東置賜郡川西町洲島

城郭構造
平城
天守構造
築城主
不明
築城年
鎌倉時代?
主な改修者
主な城主
富塚仲綱、湯目氏
廃城年
遺構
曲輪、土塁、堀
指定文化財
再建物
説明板
周辺の城
小松城(東置賜郡) 7.0km
米沢城(米沢市) 11.9km
舘山城(米沢市) 12.8km
萩生城(西置賜郡) 13.4km
中山城(上山市) 14.4km
天文の乱までは富塚近江守仲綱(本拠地は伊達郡なので、当地には代官がいたのであろう)の知行地。天文22年伊達晴宗の采地下賜録では湯目雅楽允を城主としている。東西120メートル、南北150メートルで現在も館跡として残り、畑・水田(幅約20メートルの堀跡)となっている。この館を中心に中町、西町、鳥居町、坂町、粕町などの町が造られた。また近年までこの町中の道路の真ん中を小川が流れていた。

情報提供:山形県教育委員会


洲島城口コミ情報

奥州王山城守毘沙門天乱丸様[2012年05月17日]
最上川の土手から見て、堀跡らしきところに用水路、郭内には無数のハウス群その間に堀跡

三沢出羽守伊兵衛様[2011年12月04日]
長福寺と並んだ八幡神社に説明板がありました。すぐ近くみたいですが、民家と田んぼで、城の遺構はわからないまま終わってしまいました。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore