加地城(かじじょう)

加地城の基本情報

通称・別名

加治城

所在地

新潟県新発田市東宮内

旧国名

越後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

佐々木盛綱

築城年

鎌倉時代前期

主な改修者

主な城主

加地氏

廃城年

天正15年(1587)

遺構

曲輪、堀切、土塁、土橋

指定文化財

再建造物

周辺の城

五十公野城(新潟県新発田市)[4.6km]
新発田城(新潟県新発田市)[5.4km]
奥山荘城館(新潟県胎内市)[10.9km]
赤谷城(新潟県新発田市)[13.7km]
城山館(新潟県新潟市)[14.4km]

加地城の解説文

加地城(かじじょう)は、現在の新潟県新発田市東宮内にあった城。

歴史
鎌倉時代初期に越後国蒲原郡加地荘の地頭に任じられた佐々木盛綱が築いたという。以降代々盛綱の子孫の加地氏の居城となった。

戦国時代には加地氏は上杉謙信に仕えていた。当主の加地春綱は、妻が長尾為景の娘で、謙信麾下の武将として活躍した。謙信の急死により勃発した御館の乱では、春綱の子加地秀綱は上杉景虎に与し、上杉景勝方の五十公野治長、五十公野信宗に奇襲攻撃され一旦は降伏した。

しかし天正9年(1581年)、新発田重家の乱が起こると、秀綱はこれに加担してまたしても景勝に対抗した。景勝は新発田城攻撃に先立ち、天正15年(1587年)9月7日に加地城を攻め落城した。

加地城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore