平林城(ひらばやしじょう)

平林城の基本情報

通称・別名

加護山城

所在地

新潟県村上市葛篭山

旧国名

越後国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

平林氏

築城年

南北朝時代?

主な改修者

主な城主

平林氏、色部氏

廃城年

慶長3年(1598)

遺構

曲輪、土塁、堀切、横堀(空堀)、虎口、馬洗い、首切り清水

指定文化財

国史跡(平林城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

村上城(新潟県村上市)[9.1km]
上関城(新潟県岩船郡)[10.6km]
奥山荘城館(新潟県胎内市)[10.8km]
大葉沢城(新潟県村上市)[12.5km]
猿沢城(新潟県村上市)[17.4km]

平林城の解説文

平林城(ひらばやしじょう)は、現在の新潟県村上市(旧岩船郡神林村)にあった城。阿賀北地方の有力な領主であった色部氏の居城として知られる山城である。

歴史
南北朝時代に南朝方に付いた平林氏の城であったが、北朝方で鎌倉時代以来の地頭だった色部氏が攻め滅ぼし居城にした。以降、代々色部氏の本拠地となった。

永正の大乱では、城主色部昌長は越後守護上杉房能に従い、守護代長尾為景と対立。永正5年(1508年)5月に為景方の鳥坂城主の中条氏や築地氏らに攻められ落城、降伏して長尾氏に帰属した。

天文8年(1539年)、色部勝長の時には守護上杉定実の養子縁組問題から伊達稙宗・中条藤資に攻められるが、伊達氏の内紛で撤退した。その後勝長は上杉謙信の重臣として活躍。

色部長真の代の慶長3年(1598年)、上杉景勝の会津移封により廃城となった。

1978年(昭和53年)9月18日、平林城跡は国の史跡に指定された。

交通
 JR東日本-羽越本線-平林駅

平林城の口コミ情報

さくら主膳佑にゃ〜様[2012年10月01日]
要害山(加護山城)に登る際は案内図を良く頭に入れて置くが吉ですよー。登山道分岐にはもちろん矢印は設置されてますが、案内図が無いので「ハテどっちじゃろか?」と迷います(主郭はコッチとかいう矢印じゃないので)。
なお平林城跡からの登山口が楽です。もちろん同じ道を通りたくねぇ!って気持ちは非常に良く解りますが、天候に不安があれば尚更迷わずそちらをお勧めします。
いやいやあと3分遅かったら、お堂再建作業中のおじさんたちにピックアップして貰えず、ぐちゃぐちゃの林道を1時間歩かなきゃな状況でした(^-^;

はせちゃん弾正忠様[2012年06月17日]
7/8 発掘調査現地説明会が実施されますよ

その時に攻略してみては

んな摂政な!マイリバ様[2010年08月21日]
今、リアルに要害山主曲輪に居ます
熱中症の危険性と蜘蛛の巣に打ち勝った者だけが味わえる松の木陰から眺める風景は最高
首切り清水周辺には秀吉(野生の)が群れをなしていますので、登られる方はご注意を!って、8月に登る剛の者なら、サルぐらい平気か?
居館でも殿掘等、十分見所の多い城です
そうそう、主曲輪直下にはっぽいウ○チもありました

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore