五十公野城(いじみのじょう)

五十公野城の基本情報

通称・別名

所在地

新潟県新発田市五十公野

旧国名

越後国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

五十公野氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

五十公野氏

廃城年

天正15年(1587)

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)、堀切

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

新発田城(新潟県新発田市)[4.0km]
加地城(新潟県新発田市)[4.6km]
赤谷城(新潟県新発田市)[11.1km]
城山館(新潟県新潟市)[11.2km]
長場館(新潟県新潟市)[13.3km]

五十公野城の解説文

五十公野城(いじみのじょう)は、現在の新潟県新発田市五十公野(越後国蒲原郡)にある城郭。

概要
築城時期は不明。五十公野氏により築かれたと言われている。五十公野氏は、新発田氏の一族で、戦国時代には後の新発田重家が五十公野治長と称して家を継いでいたが、天正8年(1580年)、兄・新発田長敦の死により新発田氏に戻って家を継いだ。そのため、新発田重家の妹婿・長沢道如斎が、五十公野信宗と改名して代わりに五十公野氏を継いだ。
翌天正9年(1581年)、義兄の重家が上杉景勝に反旗を翻すとこれに従う。天正15年(1587年)、藤田信吉率いる景勝勢に城を囲まれ、籠城中に家老の河瀬次太夫や近習の渋谷氏などが信吉に調略されて寝返るなどしたため、10月13日に落城し信宗も討ち死にした。現在は堀切などが残る。

新発田市の東中学校裏が現在のわかりやすい所在地。

五十公野城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore