引田城(ひけたじょう)

引田城の基本情報

通称・別名

所在地

香川県東かがわ市引田

旧国名

讃岐国

分類・構造

平山城

天守構造

不明

築城主

不明

築城年

室町時代

主な改修者

四宮右近、仙石秀久、生駒親正

主な城主

四宮氏、矢野氏(三好氏家臣)、仙石氏、生駒氏

廃城年

元和元年(1615)

遺構

曲輪、石垣、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(引田城址)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

虎丸城(香川県東かがわ市)[9.0km]
板西城(徳島県板野郡)[11.8km]
大槲城(香川県さぬき市)[13.3km]
西条城(徳島県阿波市)[15.1km]
勝瑞城(徳島県板野郡)[15.4km]

引田城の解説文

引田城(ひけたじょう)は日本の城。所在地は香川県東かがわ市。

概要
引田城は城山と言われる山にある平山城で、初期の頃は、尾根伝いにコの字型に展開し、四隅には櫓を備えていた。現在の遺構は、四隅の櫓の内、北と西の2つの櫓を中心に残っている。

引田城は高松城丸亀城と同じく生駒時代の城であるが、その後香川の歴史上から消え去っている。それは同じく高松城の支城であった丸亀城のように、その後再築されなかった事も要因の一つだと言われている。

1615年の一国一城令で廃城になった後、城がいつ取り壊されたかは不明で、長らく忘れられた存在だった。しかし近年、文化財として調査・保存の機運が高まっている。

沿革
室町時代末期 寒川氏に属する四宮右近の居城になる。
元亀元年(1570年) 三好氏に攻められ寒川氏は城を引き渡す。
天正11年(1583年) 仙石秀久が入城。
天正12年(1584年) 秀久は長宗我部軍に引田表で敗れるが、羽柴秀吉の四国平定後に再び秀久が入城。
天正18年(1587年) 生駒親正が讃岐一国を得て入城するが、同年引田城が讃岐の東に偏っていたので聖通寺城に移る。
元和元年(1615年) 一国一城令で廃城。
平成29年(2017年) 4月6日、続日本100名城(177番)に選定された。

引田城の口コミ情報

五瓜に唐花紋大納言や〜きみ様[2017年05月08日]
海岸にある山です。
駐車場はあります。
麓の海岸はオートキャンプ場になっていますので、夕暮れ時は料理のいい匂いがして来ます。
尚、町の道路標識は引田城とは書いてなくて、オートキャンプ場又は城山とか書いてあるのでそれを目指して行くと到着します。
倉など古い城下の町並みも残っています。
そちらの方が観光客多いかも。
大通りを西に讃岐方面に走れば讃岐饂飩、東の鳴門市側に行けば魚定食屋さんが沢山ありました。

カーネル様[2016年08月31日]
高徳線引田駅から北上します

駅の北、城の西にある誉田神社が立派です。寄り道してから海に向かって東へ

城山山頂の西南西の方向から登れます。すぐに眺めのいい尾根にでて登ると狼煙台
西の郭の先からは南の郭・化粧池・引田灯台・東の郭を経由して1周できます

東の郭を抜けた先の分岐から、少し北上すると北の郭に出れます
ここの石垣がかっこいいので、周回コースからピストンして見学(ただ「危険」と看板がありました)したら南下して登ってきた道へ戻り下りました

傾斜はそれほどキツくなく、道も整備されているので気軽に行けます

登山口まで25分。山中に50分で、往復1時間半ちょいでした

歩き計画されている方の時間目安になれば幸いです

やさぐれ征夷大将軍やなんちゅ様[2016年05月22日]
城山ハイキングガイド
申し込み先:東かがわ市生涯学習課
(希望日の一週間前までに予約)
所用時間:2時間
費用:無料
TEL0879-26-1238(平日)
土日祝日の申し込み先
讃州井筒屋敷
TEL0879-23-8550(水曜定休)
希望があれば引田の街並みも案内してくださるそうです。

尾張守だもんで様[2015年07月21日]
駐車場は主に2ヶ所。
丹後丸や北の郭方面から登る登城口を右手に抜けるとキャンプ場の手前に駐車場があります。10台ほど停められます。
しかし丹後丸には見所が少ないので、西の郭に近い登城口からの登頂をオススメします。ただしその場合は駐車場に注意してください。スペースがほとんどありません。登城口の目の前にある山口水産の駐車場(入口狭し)を借りるという手もあるかもしれません。

西の郭の石垣上や、そこに至るまでの尾根上からの眺望は抜群です。北の郭の高石垣は見事です。是非登ってみてください。
近くには翼山温泉という日帰り入浴可能な施設があります。400円と安く、オススメです。

左近衛大将M三郎様[2011年11月27日]
引田城は、瀬戸内海に突き出た半島に選地され、東から北は海に面し断崖となっており、西から南に開いています。山上部は、山林に覆われていますが、明らかに削平されています。北郭西面には、幅10m余りではあるが、高さ約5mの野面積というよりは、打込接に近い、整った石垣が残ります。初期の算木積の様式も見られます。また、崩れた石垣が、城内の諸処に見られ、往時には総石垣の城であったことが偲ばれます。
東角からは、灯台と小島、遠く淡路島までが望める瀬戸内海の絶景が望めます

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore