秋月城(あきづきじょう)

秋月城の基本情報

通称・別名

所在地

徳島県阿波市土成町秋月

旧国名

阿波国

分類・構造

平城

天守構造

なし

築城主

細川和氏

築城年

延元元年〔南朝〕/建武3年〔北朝〕(1336)

主な改修者

主な城主

細川氏、秋月氏

廃城年

天正7年(1579)

遺構

土塁

指定文化財

市史跡(秋月城跡)

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

川島城(徳島県吉野川市)[4.0km]
上桜城(徳島県吉野川市)[5.4km]
西条城(徳島県阿波市)[6.5km]
久千田城(徳島県阿波市)[6.6km]
虎丸城(香川県東かがわ市)[12.7km]
板西城(徳島県板野郡)[13.2km]
芝原城(徳島県徳島市)[14.0km]
矢野城(徳島県徳島市)[15.2km]
上山城(徳島県名西郡)[15.3km]
一宮城(徳島県徳島市)[15.8km]

秋月城の解説文



秋月城(あきづきじょう)は、室町時代の阿波国阿波郡秋月庄、現在の徳島県阿波市土成町秋月にあった日本の城。阿波市指定史跡。

概要 

建武の新政により小笠原氏(後の三好氏)に代って阿波国守護となって入国した細川和氏・頼春兄弟が、当地の土豪の阿波秋月氏(粟国造の末裔とされる)の受け入りにより築いた守護居館をもとに建武3年(1336年)に築城された[1]。管領となった頼之の弟で阿波細川家の祖となった詮春の代の南朝:正平18年/北朝:貞治2年(1363年)に守護の居城は勝瑞城に移り、その後は秋月氏が居城した。天正7年(1579年)、長宗我部元親によって攻められ落城、廃城となった。

参考文献 

  • 平井聖ほか 1979『日本城郭大系』第15巻(香川・徳島・高知)新人物往来社 pp.187-189
  • 阿波市秘書人事課 2019「阿波市 国・県・市指定文化財一覧」『あすに向かって人の花咲くやすらぎと感動の郷土・阿波市(阿波市勢要覧)(https://www.city.awa.lg.jp/docs/2011040600035/)』統計資料編(https://www.city.awa.lg.jp/docs/2011040600035/file_contents/2019siseiyouran_siryouhen.pdf) pp.14-15

秋月城の口コミ情報

2023年01月01日 尼崎城摂津守一口城主
秋月城



1月1日登城。現在、四国の歩き遍路に挑戦中で9番札所から10番札所に向けて歩いていると年季の入ったお城の看板(写真①)がたまたま目に入り訪城。思いがけず今年最初のリア攻めとなりました。城跡は現在この地域の墓地になっており墓地🪦の入口にお城の石碑と説明板がありました。訪城時、椿がきれいに咲いていたので石碑と合わせて撮ってみました📷

2022年01月10日 やまてつ伊予守
秋月城



石板等があるので見付けやすいですが、近くに車を停められる所が見当たりませんでした。

秋月城の周辺スポット情報

 安国寺跡(碑・説明板)

 安国寺経蔵跡(碑・説明板)

 史蹟日開谷口御番所跡(碑・説明板)

 伊澤城跡(碑・説明板)

 切幡城(周辺城郭)

 山野上城(周辺城郭)

 奈良坂城(周辺城郭)

 篠原城(周辺城郭)

 郡城(周辺城郭)

 伊月城(周辺城郭)

 高畠城(周辺城郭)

 柿原城(周辺城郭)

 伊沢城(周辺城郭)

 川人城(周辺城郭)

 トイレ(トイレ)

 秋月歴史公園(駐車場)

 細川和氏之墓(関連施設)

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore