西方城(にしかたじょう)

西方城の基本情報

通称・別名

西潟塁、西潟城

所在地

徳島県阿南市長生町西方

旧国名

阿波国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

東条紀伊守

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

主な城主

東条氏

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪、土塁、切岸

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

牛岐城(徳島県阿南市)[3.9km]
立江城(徳島県小松島市)[4.7km]
平島館(徳島県阿南市)[4.8km]
野々島城(徳島県阿南市)[11.8km]
片志城(徳島県徳島市)[12.1km]

西方城の解説文

西方城(にしがたじょう)は、徳島県阿南市長生町にあった日本の城。

歴史
築城年代は不明であるが永禄(1558年~1570年)間に東条紀伊守によって築城されたと云われる。

東条紀伊守は桑野城城主東条関之兵衛の伯父である。

天正年間(1573年~1592年)に東条氏が長宗我部氏に降ってから、三好氏に属する牛岐城城主新開道善に対峙するため、東条関之兵衛が西方城の城主になったと考えられる。新開道善が長宗我部に降るまで前進基地として使用された。

天正10年(1582年)に阿波平定以後、東条関之兵衛は木津城城主となった。

天正13年(1585年)、豊臣秀吉の四国攻めの際に戦わずに関之兵衛は土佐へ逃亡。その後、阿波公方家の隠居所としても使用されていた。

なお、関之兵衛とその弟・東条唯右衛門は元親によって処刑された。

西方城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore