西方城(にしかたじょう)

西方城の基本情報

通称・別名

西潟塁、西潟城

所在地

徳島県阿南市長生町西方

旧国名

阿波国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

東条紀伊守

築城年

永禄年間(1558〜1570)

主な改修者

主な城主

東条氏

廃城年

遺構

曲輪、帯曲輪、土塁、切岸

指定文化財

再建造物

説明板

周辺の城

牛岐城(徳島県阿南市)[3.9km]
立江城(徳島県小松島市)[4.7km]
平島館(徳島県阿南市)[4.8km]
片志城(徳島県徳島市)[12.1km]
仁宇城(徳島県那賀郡)[12.7km]
松鶴城(徳島県阿南市)[12.9km]
津田城(徳島県徳島市)[14.7km]
夷山城(徳島県徳島市)[15.6km]
徳島城(徳島県徳島市)[17.6km]
一宮城(徳島県徳島市)[18.6km]

西方城の解説文

西方城(にしがたじょう)は、徳島県阿南市長生町にあった日本の城。

歴史
築城年代は不明であるが永禄(1558年~1570年)間に東条紀伊守によって築城されたと云われる。

東条紀伊守は桑野城城主東条関之兵衛の伯父である。

天正年間(1573年~1592年)に東条氏が長宗我部氏に降ってから、三好氏に属する牛岐城城主新開道善に対峙するため、東条関之兵衛が西方城の城主になったと考えられる。新開道善が長宗我部に降るまで前進基地として使用された。

天正10年(1582年)に阿波平定以後、東条関之兵衛は木津城城主となった。

天正13年(1585年)、豊臣秀吉の四国攻めの際に戦わずに関之兵衛は土佐へ逃亡。その後、阿波公方家の隠居所としても使用されていた。

なお、関之兵衛とその弟・東条唯右衛門は元親によって処刑された。

西方城の口コミ情報

2020年01月30日 d.f.t.渡島守
西方城

阿波国西方城。

比高120m、駐車は城跡北側の日亜化学工場さんが公式に認めて下さってます。
登城口は城山北側の道路沿い。きわめて整備良好。
北側道路を西に進み、コンクリート工場手前で南の路地へ進むと搦手口。私はここから登りましたが、ブッシュ、倒木多数。よほどの物好きの方以外オススメしません(笑)

正規ルートから登ると頂上は展望台で周り全て防護ネットに囲まれ、一瞬絶望しそうになりますが、1Fベンチの奥に防護ネット張ってない箇所(先人達が行った痕跡あり)をよじ登ると主郭虎口です。

坂虎口+横矢掛けと阿波国では珍しい最新システム(笑)竹やぶの主郭下には帯郭がキレイに残ってます。
主郭背後は2重堀切で守りますが、1条目は鉄塔郭(笑)の建設で半破壊され、2条目は風化して甘~い感じです。

主郭東の腰郭群へは城跡東の八幡神社裏手から登れますが、かなり風化している上、ボロボロした土で非常に登りづらいです。

【関連城郭】
南へ5km、距離の関係でスポット登録出来ませんでしたが、西方城主の一族が守った「高源寺城」があります。
コンパクトですが4重堀切、竪堀、竪土塁と阿波国にしてはオーバースペックな遺構が明瞭に残ります(実はこっちの方がオススメ(笑))
西方城と併せて登城してみてはいかがでしょうか。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore