上桜城(うえざくらじょう)

上桜城の基本情報

通称・別名

植桜城、上櫻城、川島南城

所在地

徳島県吉野川市川島町桑村

旧国名

阿波国

分類・構造

山城

天守構造

不明

築城主

河村小四郎?

築城年

南北朝時代前期

主な改修者

篠原長房

主な城主

篠原氏

廃城年

元亀3年(1572)

遺構

曲輪、横堀(空堀)、土塁、櫓台、井戸

指定文化財

県史跡(上桜城跡(本丸・西の丸))

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

川島城(徳島県吉野川市)[1.4km]
秋月城(徳島県阿波市)[5.4km]
西条城(徳島県阿波市)[7.7km]
上山城(徳島県名西郡)[10.0km]
一宮城(徳島県徳島市)[13.4km]

上桜城の解説文

上桜城(うえざくらじょう)は、徳島県吉野川市川島町桑村にあった日本の城。徳島県指定史跡。

概要
吉野川沿いの徳島平野地帯と四国山脈の北側、標高142mの前山に築かれた山城。旧麻植郡あり川島城から南へ約1kmに位置し、篠原長房の居城であった。城は東西に独立した新城と古城から2つの城から構成されている。城山には大きな桜林があったので城名を植桜と呼ばれたようである。

沿革
南北朝争乱の初期、この地域の土豪河村小四郎なる人物が、平地進出の拠点として、上桜山に砦を築いたという伝承が残るが、詳しい事は不明である。

上桜城の戦い
-開戦までの経緯-
室町幕府の実権を握った三好長慶は、阿波国国主細川持隆を弟三好義賢によって滅し、三好義賢が阿波国の国主となった。その後足利義輝派であった畠山高政、六角義賢連合軍と三好義賢、篠原長房連合軍は久米田の戦いとなったが、この戦いで三好義賢が戦死してしまった。その後阿波国の国主は長男であった三好長治が継ぎ、二男の十河存保は十河氏の養子になり、十河城の城主となった。しかし三好長治は当時8歳であったため、上桜城の城主篠原長房、木津城城主の篠原自遁、板西城城主の赤沢宗伝らと共に国政と三好氏を補佐した。特に篠原長房は三好家臣団をとりまとめ、分国法「新加制式」を制定したと言われており、三好氏の中心人物として活躍した。

その後篠原長房は、1570年野田城福島城の戦いで織田信長軍と戦い、翌1571年備前国児島で毛利軍と戦い、同年白井河原の戦いで高槻城を攻城し各地を転戦していた。『姿なき阿波古城』によると、篠原長房は「三好家中の中でも長房はもっとも堅実で、しかも軍事・政治の両面に通じていたので、ときにはそれが諸臣たちのあいだで妬みをうけるほどの才能があった」と評価されている。

ここに小少将という人物がいる。『三好記』によると小少将は絶世の美女と評されている。小少将は細川持隆の側室であったが、細川持隆の生存時より三好義賢と不倫の関係にあり、後に三好義賢の妻となり三好長治、十河存保の2子をもうけた。篠原長房が阿波国に帰国した前後より、小少将は三好氏を支えていた篠原自遁と相通じあう仲となり、篠原長房をうとんじられるようになった。政務を正し小少将の不倫を諌めたため怒りをかったと言われている。篠原長房はこのような状況にうんざりしたのか、上桜城に引き籠るようになった。しかしこの事が逆に裏切り、反撃にでると思われたのか、三好長治は篠原長房討伐の兵をあげることとなった。

-戦いの状況-
三好長治軍に、讃岐国の香西、香川軍や淡路国、紀伊国増援軍を加え、元亀3年(1572年)6月手始めに篠原長房の同盟者であった赤沢宗伝がいる木津城を不意に攻撃した。またその一方で十河存保軍約7000兵が上桜城に向っていた。篠原長房はこの動きを察知し上桜城の出丸的役割を果たしていた善入寺と東弾寺に1500兵を集め吉野川を挟んで対陣した。この時篠原長房は川を深く掘りおこしたようで、吉野川は急流となり一挙に渡河させなかった。ゲリラ戦となったが、次第に封鎖戦となり包囲を狭めていき、上桜城に押し込まれると同時に兵糧、武器の補給路も断ち切られ戦闘継続が困難となってきた。その間隙に乗じて出丸となっていた善入寺と東弾寺を打ち破り大日寺(非現存)に強陣を構えた。

さすがに敗戦濃厚と思ったのか、篠原長房の妻と子供3名に家臣2名を付け、妻の里であった教行寺の兼詮のもとに逃がした。同年7月15日夜中残存兵力を城下に結集させ、翌16日早朝上桜城の本丸周辺を放火させ篠原長房と長男篠原長重(当時18歳)は大日寺に突入した。十河存保軍は慌て、篠原長重が長刀を振りかざし十河存保がいる本陣に西門から迫ったが、背後から香西氏の家臣植松帯刀に凶刀に討ち取られてしまった。篠原長房も奮闘したが敵陣の中で最期を遂げた。戦場は上桜城の山麓から大日寺の広範囲にわたっており、双方の死者は3000名とも言われている。
...

上桜城の口コミ情報

カーネル様[2017年08月22日]
徳島線 阿波川島駅

駅から南に直線900mですが、遠回りが必要です
まず駅をでて東に向かい、線路をくぐり生活道路を南下します
正面に見える山の尾根が上桜城(たぶん)

道なりに進むと、山の上神社のところで県道43号線に合流するので、右折して南下する
県道43号は歩道はありませんが、車がこないでの安心です
しばらくすると傾斜がきつくなりカーブが続き、正面の山の上に携帯の基地局が見えるあたりで左に小さな木の看板で「上桜城址徒歩10分」とあり、右下に分岐する林道を右へ。舗装されてます

4-5分で右に上桜城の看板があり、そこから北に向かう幅広の山道を進みます
すぐに小山があって石碑があります。ここまで30分ちょい

カメラで望遠すると川島城が見えます。来た道を戻り、駅を通過して北に行けば川島城です

岩の鼻展望台が川島城の本丸で、駅に戻って1時間45分でした

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore