脇城(わきじょう)

脇城の基本情報

通称・別名

虎伏城

所在地

徳島県美馬市脇町大字脇町

旧国名

阿波国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

三好長慶

築城年

天文2年(1533)

主な改修者

主な城主

三河守兼則(三好氏家臣)、長宗我部氏、稲田稙元(蜂須賀氏家臣)

廃城年

寛永15年(1638)

遺構

曲輪、横堀(空堀)、土塁、石垣、井戸、土橋

指定文化財

再建造物

周辺の城

岩倉城(徳島県美馬市)[1.1km]
甲斐股城(香川県高松市)[11.7km]
重清城(徳島県美馬市)[12.2km]
昼寝城(香川県さぬき市)[14.9km]
秋月城(徳島県阿波市)[15.9km]

脇城の解説文

脇城(わきじょう)は、徳島県美馬市脇町大字脇町にあった日本の城。

概要
戦国時代に脇権守という人物が館を構えたのが始まりであると云われている。

天文2年(1533年)、三好長慶が築城し、三河守兼則が守護した。当時は、西にあった岩倉城と合わせて阿波の西部を守る体制をとっており、城の規模は岩倉城の方がやや大きかった。その後、三好家の家臣の武田上野介信顕(のぶあき)が城主となった。
天正10年に長宗我部元親の阿波侵攻により落城した後は長宗我部親吉が守ったが、天正13年の羽柴秀吉の四国攻めに際して、羽柴秀次の軍に屈して降伏、開城した。

蜂須賀家政が阿波国の領主となると、阿波九城の一つと位置づけられた。家政は特に脇城を重要視し、家臣団の筆頭である家老の稲田植元(たねもと)を城代として置いた。稲田氏は城の強化と城下町の整備を行い、脇の町は阿波西部の中心地として繁栄した。しかし一国一城令により、寛永15年(1638年)に廃城となった。

遺構等
虎伏山と呼ばれる一帯が脇城址だが、現在はほとんど雑木林と化しており往時の遺構ははっきりとはわからない。麓には城主の館があったが、現在では完全に宅地化している。町の中心街に残る「うだつの町並み」が、脇町が城下町だったことを偲ばせている。

脇城の口コミ情報

カーネル様[2017年08月16日]
岩倉城から住宅街を右左折しながら東へ
途中の健祥会というケアハウスが、ちょっとだけ城を意識した建物でした

さらに住宅街を東に進み、市有形文化財の貞真寺の山門を見に100mほど北上します
山門の先には秋葉神社の鳥居と階段で、階段を登っても、その先のクネクネ道の舗装路を進んでも秋葉神社前を通過します

そのまま舗装路を登り続けると脇城の看板があるので、左折して林道を進みます
土橋っぽい狭い道を進むと井戸があり、覗くとかなりの深さがありました

さらに奥に進むと、深い堀がありました

帰りは南に下り、うだつの町並みを超え、県道199号をさらに南下すると舞中島潜水橋で吉野川を超えます

川を渡ったら、左折して土手沿いに東に向かい、国道192号に合流し、その先が穴吹駅です

小島駅-岩倉城-脇城-穴吹駅で3時間弱でした

太田宮内丞三楽斎様[2014年11月06日]
現在は残念ながら遺構は全くといっていい程に残っていません…
しかし、うだつの町並みと呼ばれる江戸時代の町並み残っておりそのうちの1つの商家(吉田家往宅)は中を有料ですが見学することができます!
大人400円、小・中学生250円(団体割引もあり)

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore