甲斐股城(かいのまたじょう)

甲斐股城の基本情報

通称・別名

所在地

香川県高松市塩江町上西

旧国名

讃岐国

分類・構造

山城

天守構造

築城主

伊豆八郎信能

築城年

不明

主な改修者

主な城主

伊豆八郎信能

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

なし

周辺の城

造田城(香川県仲多度郡)[10.2km]
由佐城(香川県高松市)[10.4km]
岩倉城(徳島県美馬市)[11.1km]
重清城(徳島県美馬市)[11.7km]
脇城(徳島県美馬市)[11.7km]

甲斐股城の口コミ情報

カーネル様[2018年07月18日]
アプリは笠松山を本丸としてます。笠松山の西北西の細い林道に、上貝ノ股雨量観測局(無人)があり、ここが広いので車を停めれます

ここから山に入り、すぐ右にある歩きやすそうな広い平らな道は鉄塔整備の道です。道の上の尾根に向かうと目立たない看板があり『笠松山縦走路(尾根を登る)』とあるので、あきらめて尾根を登ります

登り切ってから反対に下りて、また登り返します。ここまでは尾根を辿るだけなので分かり易いですが、登り返した斜面は道が不明瞭です。登り切ると尾根にでて右に行きますが、帰りは尾根を直進せずに勇気をもって斜面を下りましょう

尾根を登り切れば笠松山山頂で、南に150mくらい下った場所を本丸としました。さらに南に行くと、竪堀っぽいのがありました。帰りは笠松山山頂に行かずに山裾をトラバースしたら、大きな横堀っぽいのもありました

ただ、帰ってから色々HPを見てたら、本丸はさらに高低差で100mほど下った高度720m付近が本丸だったかとも思いました。どなたかご存知できたら、ご連絡いただけませんか?

往復して80分でした

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。