前田城(まえだじょう)

前田城の基本情報

通称・別名

所在地

香川県高松市前田西町

旧国名

讃岐国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

前田宗存

築城年

文明年間(1469〜1487)

主な改修者

主な城主

前田氏

廃城年

遺構

曲輪、土塁、横堀(空堀)

指定文化財

市史跡(前田城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

由良山城(香川県高松市)[3.5km]
喜岡城(香川県高松市)[3.7km]
向城(香川県高松市)[3.7km]
十河城(香川県高松市)[4.7km]
屋島城(香川県高松市)[5.8km]
志度城(香川県さぬき市)[6.2km]
室山城(香川県高松市)[7.3km]
高松城(香川県高松市)[7.8km]
筑城城(香川県高松市)[10.3km]
由佐城(香川県高松市)[10.9km]

前田城の口コミ情報

2021年01月14日 水野讃岐守祐利
前田城



前田城は高松市の史跡で土橋や本丸跡など良好に残されています。県道ぞいにはなく、細道を入ったところにあります。付近に駐車スペースありませんのでご注意ください。大体の位置は、ガソリンスタンドのある前田西町交差点の農協支店裏です。自転車でのリア攻めがベストかな。

2021年01月14日 水野讃岐守祐利
前田甚之丞の墓[前田城  遺構・復元物]



前田城主、甚之丞の墓です。
バイパスの押しボタン信号から南に入ったすぐのところですが、道からは見えにくく注意が必要。
甚之丞は身軽で人の身長くらいなら武器を持ったまま飛び越えることもでき、戦いにおいては容赦なく敵を倒す奮戦ぶりで、敵はもちろん味方からも恐れられた武将でした。
十河氏の分家筋に当たりますが、十河本家には三好氏から養子をとっていますので、血筋からいえば前田家が十河の血を受け継いでいると言えるでしょう。
勇猛果敢な甚之丞は、自分の最後の時を迎えるにあたって、城にこもるのではなく敵を迎え撃ち、戦うことを選びました。
彼が討ち死にした場所は、ここより東50メートルほどの田の中でしたが、今は地区の集会所の前にお墓自体が移転されているようです。城から随分離れたところです。
リア攻めの際は、こちらにもぜひ足を運んでみてください。

2016年03月31日 近江守Silvine
前田城

法寿寺が城跡です。
二ノ丸が寺、主郭は墓地になってしまっています。コンクリや石垣でかなり改変を受けており、なんとか形がわかる程度でした。
一応、説明板はあります。

「ニッポン城めぐり」を始めるには?

「ニッポン城めぐり」は、iPhone・androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「ニッポン城めぐり」 ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore