喜岡城(きおかじょう)

喜岡城の基本情報

通称・別名

高松城

所在地

香川県高松市高松町(喜岡寺)

旧国名

讃岐国

分類・構造

平城

天守構造

築城主

高松頼重

築城年

建武2年(1335)

主な改修者

主な城主

高松氏

廃城年

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

石碑、説明板

周辺の城

屋島城(香川県高松市)[2.2km]
前田城(香川県高松市)[3.7km]
向城(香川県高松市)[3.7km]
志度城(香川県さぬき市)[5.9km]
高松城(香川県高松市)[6.0km]

喜岡城の解説文

喜岡寺(きおかじ)は香川県高松市にある真言宗御室派の寺院。山号は栄松山。本尊は不動明王。

歴史
1229年(寛喜元年)に覚行法親王が常光寺として開基したが、後に焼失し長らく廃寺となっていた。ところが、1592年(文禄3年)に古高松村の旦那衆が常光寺の復活を願って堂宇を建築し、この地がかつて喜岡城跡であったことから喜岡寺として中興した。

高松城
境内はかつて高松城(別名:喜岡城、以下同上)の本丸であった。この高松城は現在の高松城(別名:玉藻城、以下同上)とは別の城であるが、玉藻城の名前はこの「高松」を引き継いだものであり、この一帯は現・高松市の地名のルーツでもある。

喜岡城は1335年(建武2年)に建武の新政で功をあげて讃岐守護となった舟木頼重(後に地名をとって高松三郎頼重と名乗る)が築城するも、同年11月26日に足利尊氏の臣下、細川定禅らの軍勢によって落城する。しかし、頼重は生き延び、子孫の高松左馬助頼邑によって城は再建。その後香西氏に属したが、1585年(天正13年)4月26日に豊臣秀吉の四国攻めで宇喜多秀家ら七将の兵、約2万3千人に攻め込まれる。対する頼邑側はわずか200人の兵をもって戦うも、敢え無く全員が討死し、喜岡城は再び落城した。この事件をきっかけに讃岐国における戦国時代は終焉し近世を迎えたため、ここは結果的に讃岐における最後の軍隊同士による戦の舞台となった。

その後1590年(天正18年)に生駒親正が香東郡篦原庄玉藻浦に城を築き、現在に至るまでこの城を新たな高松城とした。この時喜岡城周辺では地名として「高松」が定着していたが、新たな高松は玉藻城とその城下町を指すよう変更されたため、元祖高松の地域は「古高松」と改名され、現在でも周辺の地区名として使用されている。

喜岡城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore