芝原城(しばはらじょう)

芝原城の基本情報

通称・別名

所在地

徳島県徳島市国府町芝原(蔵珠院付近)

旧国名

阿波国

分類・構造

平山城

天守構造

築城主

久米氏

築城年

不明

主な改修者

主な城主

久米氏

廃城年

天文22年(1553)

遺構

消滅

指定文化財

再建造物

周辺の城

矢野城(徳島県徳島市)[3.8km]
板西城(徳島県板野郡)[4.6km]
蔵本城(徳島県徳島市)[5.1km]
今切城(徳島県徳島市)[6.1km]
一宮城(徳島県徳島市)[6.5km]

芝原城の解説文

芝原城跡は吉野川と飯尾川に挟まれた標高8mの沖積地に位置する。

城主は久米義廣で、天文22(1553)年に三好義賢に対して挙兵した人物である。久米義廣は野田山城主野田内蔵助や蔵本城主小倉佐助らとともに吉野川右岸の黒田の原で三好義賢らの軍勢を迎え撃ったが、多勢に無勢でほとんどが討死し、このときに芝原城も陥落したと伝えられる(鑓場の合戦)。

一帯には国府町域に展開する条里地割が広がり、古くから開発の進んだ地域であることがわかる。『阿波志』によると城跡は芝原八幡神社及び蔵珠院の付近であるとされ、地元でも八幡神社付近が城跡であるという言い伝えが残るが、現状では城跡と考えられる遺構は確認できない。

一帯は「芝原遺跡」として周知の埋蔵文化財包蔵地に含まれており、30年ほど前には八幡神社北側の畑地で耕作中に大量の土器が出土したという。

情報提供:徳島市教育委員会

芝原城の口コミ情報

口コミがまだ投稿されていません。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore