岩屋城(いわやじょう)

岩屋城の基本情報

通称・別名

所在地

岡山県津山市中北上

旧国名

美作国

分類・構造

梯郭式山城

天守構造

なし

築城主

山名教清

築城年

嘉吉元年(1441)

主な改修者

主な城主

山名氏、赤松氏、浦上氏、尼子氏、毛利氏、宇喜多氏

廃城年

天正18年(1590)

遺構

曲輪、土塁、虎口、横堀(空堀)、畝状竪堀

指定文化財

県史跡(岩屋城跡)

再建造物

碑、説明板

周辺の城

葛下城(岡山県苫田郡)[5.8km]
院庄館(岡山県津山市)[10.0km]
西屋城(岡山県苫田郡)[12.8km]
高田城(岡山県真庭市)[13.0km]
神楽尾城(岡山県津山市)[13.7km]

岩屋城の解説文

岩屋城(いわやじょう)は、岡山県津山市中北上(旧・久米町)にあった城郭。標高483mの山上に築かれた日本の城(山城)である。城跡は岡山県指定史跡となっている。

概要
美作と備前との国境付近の岩屋山の山頂に本丸を置き、本丸北側に崖となっている「落し雪隠」があり、その他3方向を曲輪で守備する天然の要害を利用した城である。

交通の要所に築かれていた為に幾度か各勢力の激しい争奪戦の舞台となっており、歴代城主によって12本の堅堀や20以上の郭が追加され、美作国内でも他に類を見ないほど大規模な防御機構を備えた山城となっており、 水の手も本丸近くより湧き出る竜神池から容易に確保できることから長期の籠城戦を度々経験している堅城である。

歴史
山名氏統治時代
嘉吉元年(1441年)、美作守護・山名教清によって築かれた。その後、山名氏の管理下にあったが、 応仁元年(1467年)より始まった応仁の乱が泥沼化したことで当時、美作守護だった山名政清も兵を率いて上洛したので、この隙を突いて加賀半国守護赤松政則が旧領復帰を狙って挙兵し、美作には中村五郎左衛門が送り込まれた。 中村の軍勢は美作を席巻し、3年ほど争った後に赤松軍は美作を回復。岩屋城も赤松氏の治めるところとなった。

中村一族の支配
その後、小瀬・中村・大河原・後藤氏など赤松氏譜代が交代で城代となっていたが、永正17年(1520年)に美作守護代中村則久が前年に赤松義村に対して反逆した浦上村宗に同調して岩屋城を奪取し籠城。 これに激怒した赤松義村は小寺則職に兵を与え、中村討伐を命じたが浦上家臣宇喜多能家の助けを得た天険の岩屋城はこれを寄せ付けず、200日余り籠城した挙句に浦上村宗と連携して小寺則職らを返り討ちにし、中村則久が以後も岩屋城に在城した。

だが、浦上村宗の死後は尼子氏の影響力を傘に台頭する大河原貞尚の勢力に押され中村氏は衰微、天文13年(1544年)には直接美作に侵攻し始めていた尼子氏の攻勢に耐え切れずついに尼子国久に降伏。 中村氏は変わらず城主を続ける事を赦されたものの、尼子氏より目付けとして芦田秀家を送り込まれる事となった。

やがて尼子氏も衰退し始めると芦田は独立の野心を持つようになり、永禄11年(1568年)にはついに城主中村則治を暗殺して岩屋城を奪取した。

勢力争いの境界に
それからしばらくは芦田秀家、続いて子である芦田正家の統治下に在ったが、天正2年(1574年)に宇喜多直家が浦上宗景より独立するにあたって備前と美作の連絡路にあたる岩屋城に目を付け、同年3月に原田貞佐・花房職秀の奇襲によってわずか一日で陥落し、城代には宇喜多家臣浜口家職が置かれた。
...

岩屋城の口コミ情報

作州牛勘解由次官しんちゃん様[2015年10月20日]
岩屋城の見所は本丸よりの眺望、二の丸大堀切、手のくぼり(畝城竪堀群)等がありますが、個人的なオススメは岩屋城を包囲する陣城群跡です。

中でも荒神の上砦跡や楽万の上砦跡は土塁・空堀で囲まれた郭跡等の遺構が良く残っており、戦国時代のリアルな攻城戦が感じられると思います。

INO-C-C左近衛少将様[2015年02月24日]
登り口。
国道181号線は、岩屋簡易郵便局から北へ延びる道です。
第一駐車場と第二駐車場があります。

「発見!ニッポン城めぐり」を始めるには?

「発見!ニッポン城めぐり」は、iPhone・Androidの両アプリに対応。
利用料金は無料、アプリ内の課金も一切ナシ!いますぐ城めぐりを始めてみよう!

スマートフォンからのアクセス方法

app store app store  ■iPhone
 AppStore で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

google play ■Android
 Google play で「発見!ニッポン城めぐり」を検索。

スマホを持って城をめぐろう!スマホでお城スタンプラリーゲーム「発見!ニッポン城めぐり」 発見!ニッポン城めぐりとは? GooglePlay Appstore